2009 03123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ここ最近の話題①

8月から9月半ば、人と会う度に移民問題の話。
9月後半から現在、人と会う度に移民問題とVWの話。
次は明るい話だと良いモンだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

移民問題は今回のシリアからの「難民」だけで無く、ここ数年で急に増えたアフリカからの難民、移民問題、既に多く居るイスラム文化圏からの移民による「社会のイスラム化」問題(と反対運動をしている人達は訴えている)、難民のふりしてやって来ている経済移民(と言うべきか、不法入国と言い切ってしまうべきか)、ドイツに住む移民間の対立(例えばトルコ人とクルド人)問題等々、背景の異なる「移民」「難民」がいるので大変複雑。

この夏はこのごちゃごちゃした状況に捌ききれない人数が来て、現在に至るまで天手古舞いになっているのは日本の皆さんもご存知の通り。
ハノーファーでは街の広場や公園に急ごしらえのテントが設置されたり、学校の体育館、さらにはハノーファーが世界に誇るメッセ会場にも簡易ベットが並べられたり…となっておりました。
ドイツとしては、一先ず受け入れるだけ受け入れて、議論や審査は後からと言う後手に回った対応。
急に数が増えたタイミングが公務員の夏休みと重なり、よりいっそう捌けなかったという噂もある。

私の周りにいる移民に対して批判的な人の意見の背景としてあるのはシリア人難民に紛れて入国してきた経済目的の人々への怒りや、既に住んでいる移民が「少数」では無くなっていることに対する恐れである様に見えます。
目下の問題であるシリアからずれているのに、いつの間には全ては「移民は…」と一括りになってしまっている。
彼らの気持ちはよく分かる。しかしナショナリズムが絡むと常以上に感情的になるということを踏まえ、殊更冷静になって「これはこれ、あれはあれ、それはそれ」と整理整頓して考えるべきだと思う。
もちろん「一部の不当な人の為に、本当に家を無くした人を放置できない。」という考えの人や、「少子化で税金や保険の払い手が居ないんだから、彼らがちゃんと職を見つけて子どもを育てるなら歓迎さ!」という人もいます。
(こうも様々な意見がある中、移民を乗せた電車がミュンヘン中央駅で歓迎を受けている様子が大々的に報道された背景には、批判や不安に対する抑制もあるのではなかろうか。)
またここ最近の移民問題を通して、旧東西で「外国人」に対する心情的キャパシティーの差や歴史認識の差があることが浮き彫りになりました。終わらないですね。2−3世代経たないと「統一」はされないでしょうね。

目下私が興味あるのは、今後移民社会のヒエラルキーがどう変わるのか、ドイツに定住するシリア人難民はどういった職業層の人が多いのかという点です。
過去、戦争や紛争の難民としてドイツに入ってきた人達は母国での学歴や所得の高い人が多く(といっても他の移民と比較してというレベルでですよ)、さらに定住後もその職業を続けられている人が結構いるのです。
うちの先生は(←「この位の人口流動は歴史的に言って過去にだってあったレベルさ」派。)「シリア人難民もそのパターンだな」と言っておりますが、どうなるか。
また「優秀な人材」が入ってくると、既存勢力との揉め事が起こる可能性もあるので、そこのところもどうなるか。

そういえばある友人は「婦人科は絶対イスラエル人のところ!」と決めていました。そうなんですよね。特に婦人科は中東出身のお医者さんが多く、評判が良いんですよ。
外国語を分かる=外国の情報を収集できる、土地に根ざした職業じゃ無い人が多い=場所にこだわらない、貯蓄がある=命からがら逃げるにしても遠くに行ける交通費を持っているというのがそういった専門知識を持った難民が国を出やすい理由だと言われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC016881.jpg 

また日本語Tシャツを見つけました。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2015/10/01 00:46 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(1)

「Sein letztes Rennen」と老人ホーム

arteで放送されていた映画「Sein letztes Rennen(最後の走り)」をラスト15分だけ観る(気付くのが遅かった)。
このたった15分だけで、至る話を妄想し「パウルじいさん死なないでぇ」と泣いた自分って凄いな…と次の番組が始まってから思った。あ、ネタバレですがじいさん頑張りましたよ。

「陽だまりハウスでマラソンを」という邦題で日本にも紹介されておりますので、興味がある方はこちら↓をご覧下さい。

日本公式HP:http://hidamarihausu.com





老人福祉に興味がある方には是非観て頂きたい。
ドイツの老人ホームと日本の老人ホームの違いに驚かれることと思います。

日本だと一般的な老人ホームは入院病棟と変わらぬ雰囲気を纏う物が多く、また部屋も大部屋で、マンションのような物だと「芸能人がウン億円の高齢者専用マンションの権利購入」なんて新聞記事になる程に特別視されていますが、ドイツじゃそこの所が全く違う。
基本は一人か夫婦で暮らす「アパート」で、カフェテリアやプレイルームといった共用空間以外はプライベートがある。
街中に有り(東京の老人ホームは車でしか行けないような所ばかり)、入居者は一日パジャマを着ておらず、外出も出来る。

日本の環境はドイツ人からすると大変驚きのものです。
一時的な入院では無く「暮らす」のに、何故壁の無い部屋なの?他人と一緒!?自分の家なのにを好きにデコレーション出来ないの?等々聞かれたことがあります。
ご尤も。
「家」なのにね。

日本の老人ホームは重い要介護の人中心で元気な人もそちらに併せさせ、介護者の負担を軽くしようとしているように思えます。
増え続ける高齢者数を鑑みると介護をスムーズに負担無くすることはとても大事。
でも元気な方が認知症の方と同じ部屋に住んで、毎日パジャマ姿でロビーのTV観るしか時間をつぶせないっていうのはおかしくないかい。

と、日本に帰る度老人ホームを訪れている私は思うわけです。


私が観ていなかった映画前半部分で「70歳を越えても心身共に健康なパウルは子供だましのレクリエーションや規則にとらわれる施設側の態度に耐えられず、ウン十年ぶりに走り始めることに。(公式HPより)」という事があったそうですが、パウルじいさんよ、日本の老人ホームをご覧なさいよ。そこらへんは似たり寄ったりな上に部屋の問題やらなにやらあるのよ。

そういえば以前引っ越し先を探している時、これこそ私が求めている家賃と間取り!という物件に限って「60(65だったかも)才以上に限り入居可」となっていたな…。老人専用アパートだったわけで。あ、それは部屋代だけで介護代は含まれてない広告でしたが。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2015/09/26 06:26 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(0)

2014.10.03. ドイツ統一記念日 in Hannover

一年近く前に書いてアップするのをすっかり忘れていた記事発見。全て2014年10月時の話しです。



数少ない全ドイツ的な祝日である「統一記念日」。
東西統一を祝して作られたこの日ですが、持ち回りで毎年何れかの都市で大きなお祭りが開催されております。
25周年という節目に当たる今年の祭り会場はハノーファー。
折角なので友人と「どんなものか」と観て参りました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場は新市庁舎からMaschsee(人口の湖)にかけてのエリアで、周辺道路は封鎖され、多くの出店やら展示やらが並んでおりました。

_DSC9577.jpg 

大手企業のブースはあまり東西統一とは関係ない内容で、平たく言えばスポンサーのコマーシャルでしたが、市民団体は旧東の問題や壁崩壊に関わった団体が多く、小さくとも見応えある展示が多くありました。

_DSC9596.jpg 

_DSC9598.jpg 

_DSC9602.jpg 
ここの展示(↑)のおじさんは旧東出身の方で、色々と当時の思い出話も語ってくれました。

「車はプラスチックだし、ズボンでさえいつ新しいのが手に入るか分からなかったけど、それでも西の人が思っている以上に普通に暮らしていたんだよ。だって、何も無いのが普通だったから。それでもパーティーだってできるし笑うことだってできたんだよ。まあ自由に何でも話せる今の方がやっぱり良いけどね。」


_DSC9603.jpg 

連邦政府のブースはプレハブの特設展示場となっており、まるで見本市会場の様。
ただでくれるプレゼントを狙って群がる人も見本市の如く。
省ごとに区画を持って展示があるのですが、結構知らない省庁もあり勉強になりました。


_DSC9608.jpg 

Maschseeの湖沿いには各州政府の小屋が。

観光ガイド的な内容が多かったです。
殆どが展示と共に地元の特産品も出していたので、色々な地方のビールやらワインやら食事やらに舌鼓できました。
我々はブランデンブルク州の屋台で兎のハンバーグと骨付き肉(小骨が多い)で腹を満たし、フィナーレの光と花火のショーを待ちました。

フィナーレの模様はTV中継↓もされており、ネットでも観られるので興味がある方はこちらをどうぞ。
http://www.ndr.de/nachrichten/niedersachsen/tag_der_deutschen_einheit/Die-Einheit-in-emotionalen-Klaengen-und-Farben-,lichtshow102.html

ベストポジションは無論凄い人混み。
Maschseeは縦長の形をしているのですが、短い辺がいつもこういった催しのメイン会場となるので殆どの人があぶれる。
長い方の辺に行くとアングルの関係で殆どのものが観られず。藪の樹で以て視界も悪い。
「ま、今回は花火だからきっとどこに居たって何かしらは見られるんじゃ無い?」
と思っていたが甘かった。

_DSC9624.jpg 
かすかな光と頭部が見えるのみ。

後から上のTVを観てショーの全体が漸く分かった。
現場で観たのは空に浮かんでいるライト(↓しかし角度のせいでそのライトが描いている絵は全く分からず)と花火だけ。

_DSC9632.jpg

ま、サッカーでも何でも家のTVで観る方が詳細が分かるというのは世の常だと再認識。

_DSC9637.jpg 

花火は岸近くの湖の中に打ち上げ台があったので、迫力満点。

 _DSC9641.jpg 

_DSC9646.jpg 

歴史についてのナレーションも殆ど聞こえず分からなかったのですが、締めのアナウンスだけはよく耳に入った。

「ありがとうニーダーザクセン!」
ハノーファーっ子:ピューピュー!


「そして2015年ヘッセンで会いましょう。フランクフルト・アム・マインへようこそ!(←次の開催地)」
ハノーファーっ子:
……ブーブー!ブーブーブーーー!

統一記念祭り。
されど自分の地元第一なドイツ人。
イッツ・ドイツ人。

_DSC9653.jpg 

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2015/09/23 17:00 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。