2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かえるのうた

研究所のドイツ人、ロシア人、韓国人、日本人で「どれくらいお互いの国の童謡を知っているか」という話になった。


みんなが直ぐに思い出せた歌。
ロシア
・「一週間」:月曜日に市場へ出かけ 糸と麻を買ってきた 
       テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ~
・「カリンカ」:カリンカ カリンカ カリンカ マヤ 庭には苺 私の カリンカ
なぜだかロシアの歌はみんな知っている。


アジア人同士のみで分かり合った歌。
韓国
・「アリラン」:アリラン アリラン アラリヨ
・イビョエー カドゥキー ノオカジコーヨ ヤヤヤヤヤヤヤヤ オンマー ヤー という歌詞の歌。
     ↑小学校の文化交流プログラムで習った歌。
      「だいたい合っているよ!」とほめて貰えました。
日本
・「さくら」:さーくーらー さーくーらー
ロシア、ドイツは先ず以て中国、韓国、日本の区別が付いていないので、童謡を知るはずもなかった。


当人以外、誰からも歌を思い出して貰えなかった国。
ドイツ

当人が色々と有名な童謡を歌ってくれたけれども、他3カ国の人間は誰も耳にしたことが無かった。



という一件があったのですが、その後「あれほど色々な国の童謡を耳にしているのに、ドイツのだけ全く知らないって無いよなぁ」と思いまして、ちょっと調べてみることに致しました。


童謡・唱歌の世界」で紹介されているヨーロッパの項目を見ますと、なんと

・「かえるのうた」
・「山の音楽家」

といった我々が必ず一度は口ずさむであろう歌が、ドイツ民謡であると掲載されているじゃないですか!
これは早速ドイツ人の同僚に教えてやらねばと思いまして、そりゃもう大興奮で

「Froschgesang(かえるのうた)ってドイツの童謡だったんだね!日本でも有名だよ!」

と伝えたのでございます。

そうしましたら・・・

「何その歌??聞いたこと無いのだけど。」

(眉間に皺を寄せつつ回答)

「・・・聴けば思い出すんじゃない?」


20091220かえるのうた

「俺はドイツの一般的な童謡は知っているぜ」、「私も知っているわよ」という二人の前でカエルの歌を熱唱。

 

結論:やはり全く覚えがない。でもカエルの鳴き方は確実にドイツ語のそれだ。



日本ではあんなに愛されている歌なのに本場では全く以て知名度のない歌だったなんて驚き、そして拍子抜けです。

ちなみに「山の音楽家」への感想は、「メロディーはドイツのっぽいけど、聴いたこと無い」でした。

童謡・唱歌の世界」で紹介されていた中で、私の周りのドイツ人が「知っている!」と言ったのは、
・「こぎつね」
・「わかれ」
・「ローレライ」
・「口笛吹いて」

「乾杯の歌」も「バイエルンの飲み屋で流れてそうな感じだけど、一般的ではないよ。聴いたこと無いもの。」ということでした。


その後、もしかしたら日本にはドイツのワンダーフォーゲルの歌が入ってきているのかもしれないねという話になったのですが、深く考察したものではないので、何でドイツ人が知らない楽曲ばかりが日本で有名なのかは闇の中。
相当に古い歌、ないしは局地的な歌が日本に伝わっている可能性もありますよね。



<ブログランキングに参加中>
↓をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます。
人気ブログランキングへ                      ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/72-40f76532















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。