2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Weihnachtsmarkt始まる

今日11/29は第一アドベントです。
ドイツの年中行事の中で一番盛り上がるWeihnachtsmarkt(ヴァイナハトマルクト/ヴァイナハツマルクト(後者の方が良いですね)。クリスマス・マーケットのこと)シーズンの幕開けです。

アドベント—つまり待降節は、クリスマス前の約4週間に渡って続き、降誕祭(クリスマス)の準備期間に当てられます。
Weihnachtsmarktはその準備に必要な品を買いそろえる市なので、本来であればアドベントの開始と共に市が立てられるものです。
しかし今年のWeihnachtsmarktは、多くの都市では既に11/25から始まっていました。ハノーファーもそうです。

ある同僚曰く「Weihnachtsmarktが商業主義に走るなんて、何とも嘆かわしい!」とのこと。

去年のWeihnachtsmarktはどうだったか・・・。思い出せないわ。

しかし何やかんやの思惑があっても流石本場だなと思うのは、市のあちらこちらで寄付の受付を目に出来ることです。
子供達が演奏や合唱をして寄付を募っている光景もこの時期ならではです。


IMG_2622.jpg


これが終わったら春が来るまで特に行事がなくなるので、Weihnachtsmarktは楽しまないと損した気分になります。後は延々と薄暗い冬が続くという・・・ 
この点日本はなんやかんやで毎月のように四季を感じられるものがあって良いですよね。
ドイツはそうはいきません。
またイースターしかり、クリスマスしかり、そして国の祝祭日しかりで殆ど全てのものがキリスト教にちなんだものばかりで、「嗚呼、ここは本当に異国だわ。国教がある国なんだわ。」と思います。
文化の日、海の日なんてこちらの人からしたら想像だにできない祝日でしょうね。
私何ぞは、ただ花を愛でるだけの行事があっても良いじゃないの!月を愛でるだけの行事があっても良いじゃないの!と思うのです(はっ!もしかしてあの「鈴なりシュパーゲル」がドイツにとって花見にも等しいものなのでしょうか?)。

クリスマスの話題とずれますが、祝祭日も州ごとに違います。
カトリックを採っている州は宗教行事が多いので、プロテスタントの州より祝日が多くあります。
私のいるニーダー・ザクセンはプロテスタント州なので、祝日があまりない。
全キリスト教的な祝日と、元旦、メーデー、統一記念日位ですね。

「明日はキリストが天に昇った日だから祝日だよ」と言われると、「キリスト教徒でもないのに何で私もその日休むんだ?」などと詮無きことを考えちゃいます。


11/29 追記
文中の日付に誤りがあったので訂正しました。ご指摘有り難うございます。


<ブログランキングに参加中>
↓をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます。
人気ブログランキングへ                      ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事
[ 2009/11/29 08:09 ] ドイツと季節の風物詩 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/29 09:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/69-9c6834a8















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。