2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アドヴェントが始まっていたなんて。

DSC01582.jpg
アドヴェントカレンダー(本)を買っていたのにすっかり忘れていた。
12/1〜24まで一日一話ずつ読めるような短編小説が収録されているのに、一話も読まずにもう第二アドヴェントが来ちゃいそうです。(アドヴェントカレンダーなので目次ではタイトルが伏せられています。)

春先…いや来年のクリスマスシーズンまで読み続けていそうな予感。

ちらっと見たら12/1は『ブッデンブローク家の人々』のクリスマス話だった。
おぉふっ。
トーマス・マンってだけで大学のドイツ語授業で読まされたテキストのトラウマが蘇るのに、それが初っ端かー。
『トーニオ・クレーガー』の抜粋をドイツ語授業(しかも初級)で読んだのですが、履修者満場一致で「訳分からん」という感想でした。あんな作品から一部抜粋って、そりゃあ「????」ってなりますよ。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2013/12/05 08:46 ] ドイツと季節の風物詩 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/516-ca580b7d















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。