2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何故なに坊やへの贈り物。

なーぜなぜ どうしてどうして? はじめよう! それいけノンタック!!

↑が分かった人は同年代ですね。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は未だ「何故なに坊や」でございまして、ここドイツにおきましても知り合を質問攻めにしております。
しかも質問が物の名称や使い方では無く、

「この単語って他の国にも似たのがあるけど、ラテン語が語源?」
「このドイツ語、発音がドイツ語っぽく無いけど、医学用語だからギリシャ語から来てるの?」
「○○の名前はゲルマン系?それともキリスト系?」

等々、語源に関する質問が多い。
兎に角多い。

日本語だと、外国から入った言葉は「カタカナ化」されていますが、ドイツの場合スペル外国語のまま、発音も外国語のままないしはあまり変わりが無い物が多いので、ドイツ語の中にそれがぱっと入ってくると、私には浮いて聞こえるのです。だから気になる。

ちなみにしょっちゅう使うのに、フランス語まんまな所為で未だまともに発音できない単語が「Ingenieurエンジニア」。
「ンガッ」って鼻を通すような摩訶不思議な発音出来るか!という理由で第二外国語をドイツ語にしたのに、なんでドイツ語の中にフランス語があるんだよ…と思う。スペルそのままでも、せめてドイツ語化した発音にしておいてくれれば良いのに。

偉いのは付き合ってくれる友人達。
彼らは英語を自由に操れるだけで無く、ギムナジウムでラテン語やフランス語を修めているので大概答えてくれ、その知識たるや凄いと思う。明確に分からない時でも「多分こうだよ。何故なら云々。」という話をしてくれる。(だから私の何故なに癖も抜けないのでしょう)

で、今年の誕生日に友人がこの本↓を贈ってくれました。


(日本のアマゾンで売られていたことに吃驚だ。)

色々な単語や言い回しの由来が書かれた本です。

一つ一つの解説が短く読みやすいので、気分転換をしたい時に眺めています。
上述の背景から友人は外国語語源の単語の解説を見てプレゼントしてくれたのですが、それ以上に、ドイツ語の本意から外れた比喩表現、熟語が勉強になります。

語源云々では無く、そのそもそもの今使われている意味を知らない熟語が沢山あるのです。
「由来を知る」というこの本本来の目的とは外れますが、「こんな言い回しがあったんだ」と。

単語はそのものは分かっても、組み合わさったり転じたりしたとたん「?」となるものばかりです。(例/Rosa Brille)

これを機に、「直接表現しかされていないドイツ語」から「持って回った言い回しのドイツ語」を使えるようステップアップしたいもんだと思っております。



「フランス人のおたく話」の更新は週末になります。
遅筆でスミマセン。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2013/06/28 00:06 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/490-77b1780a















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。