2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツの本屋に並ぶ村上春樹。

DSC01389.jpg

この棚を見ながら「そう言えば、今日村上春樹の新作発売で大騒ぎって記事をネットで読んだな」と思い出す。
書店勤務の友人が「ゼーハーゼーハー」言いながら仕事をしている様が目に浮かびました。
頑張れ友よ。

以前にも触れましたが、ドイツでも彼の作品は人気が高いです。
しかしなかんずく独在住東欧圏出身の人々に「日本人!?なら村上春樹のどの作品が好き!?私はね・・・」と語られることが多い。
彼らの琴線に触れる何かがあるのでしょうね。

残念なのは私が村上作品を語れるほど知らないこと。
村上作品が人気が出始めた頃には思いませんでしたが、もう彼の著作は教養として読んでおいた方が良いのかしらと最近考えるようになりました。
少なくともこれだけ外国人に「日本人=共に村上春樹語りが出来るに違いない!」と期待されると、知っておきたいと思うのです。

十代半ばに読んだ時は彼の描く男性とどうにもソリが合わなかったのですが、今なら此方も歳を得ましたので違った感想を得られるはずと期待しております。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事

私も

村上春樹は彼が売り出したころに2冊読んだのですがいまいち私の好みではなかったのでその後は一冊も読んでいません。
補習校の図書館に結構彼の作品は置いてあるのですが手を出す気になれなくて、、、。でも教養書だと思って再挑戦してみようかなぁ。
まぁでも、私の周囲には
「村上春樹について熱く語ろう!」
的な人はいないので、、、、。(=多分読まない)
[ 2013/04/12 20:35 ] [ 編集 ]

>pharyさん
一人称の作品が多いので、あの彼に感情移入できないとちょっと作品を理解するのが難しいですよね。
私は「うぉー!この男もっとしゃっきりせんかぁ!」と何処かで躓き、目の前にいたらチョップしてやりたいとばかり思っていました。いや、人間の悩みやら何やらを書いたら、そんな主人公にだってなっちゃうというのは分かるのですが、あの血気盛んな若い時分の私にはそこを理解しようという気持ちは起こりませんでした。
[ 2013/04/15 23:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/480-073d9b0f















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。