2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漫画の国からこんにちは(2)

前回のつづき


manga-4.jpg
なかなかにコアな漫画ファン(ドイツ人女性)と出会った私。
 
 




彼女の家には大量の日本漫画・アニメ(主に「ボーイズ・ラブ」)がある。
これは私には大変興味深いことでした。
というのも、彼女の好みのジャンルは市場のメインではないように思えるのに、ある程度の量がドイツ語に訳され流通しているという事実に、日本のサブ・カルチャー産業の凄さを見た気がしたからです。

しかし「ある程度」とはいえ、TV放送されているお子様向けのもの(彼女談)程の購買者はいません。
そのため低予算で翻訳版は作られ、大抵が日本のオリジナル音声に字幕という形で売られているそうです。
(余談ですが、ドイツでは外国映画は殆ど吹き替えでやるので、字幕付きで鑑賞というのはこの国では珍しいことになります。)


色々な作品を見ていくうちに、自然と彼女は日本の声優さんにも詳しくなりました。
日本語が全く分からない彼女の「声優さんお気に入り判断基準」は、

「セクシーな声か否か!」

です。
本能に忠実な人だわ。



そんな彼女は、私とお気に入りの声優さんの演技を共に堪能し、更にはどんなニュアンスの演技なのか、あの背景にあるのは何?等色々と質問したいらしく、たまにDVD鑑賞に誘ってきます。
(残念なことに都合が悪く、殆ど断っているのですが)



manga-5.jpg


manga-6.jpg
中島みゆきさんの「お時間拝借」は聞いたが最後、
勉強に手を付けられるはずの無い番組だった。
是非とも復活して欲しい。
あとデモルクでオールナイトニッポンも。





「その人知っているよ」
この何気ない一言が、彼女に火をつけた。




manga-7.jpg



「声優さんは演技しているだけだから、実生活までそうとは限らないんじゃないかな」
という私の一言は、暴走する彼女の前には無力でした。


「私には分かる!」と力説する彼女は、カムアウトしているバイの人。





<ブログランキング>
↓をワンクリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ                      ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/48-fcb816c7















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。