2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツ人の髪。日本人の髪。〜美容院へ再び〜

20130111-1.png 

ってな訳で、美容院へ行って参りました。
昨年の冬に手痛い目にあって以来のドイツ人美容院でございます。

ここ一年、丁度「髪を切りたいな」というタイミングでベルリンやハンブルクといった日本人美容院のある街に行く機会があったり、日本へ一時帰国したりだったので久々の髪切りinハノーファーなのでございます。

その「手ひどい目」にあった時の記事はこちら。→「続・切った髪カムバック。」
今回はそのコメント欄にて「4か月ハノーファー住民」さんがお勧めして下さったところに行ってみました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<電話にて>
私「あの−、はじめてなんですけど人にそちらを教えて頂いて。○○さんで明日予約取れますか?」
美容師さん「私です。どんな風にしたいのですか?」
私「短くするだけです。」
美容師さん「ハイ、分かりました。で、あなたの髪は暗くて硬いですか?
私「え?」
美容師さん「暗くて硬い?
私「あー。ハイ。自分日本人なのですが、真っ黒で硬めな典型的なアジア人髪だと思います。」
美容師さん「素晴らしい!!素晴らしいわ!!明日を楽しみにしてますから!!
私「はいぃ〜??」

20130111-2.png 

お目にかかってもいないのに!
ぼさぼさなのに!
平安美人のような髪では無いのに!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、当日。

20130111-3.png 

朝からずっとですってぇ!?

私「でも、私こちらに来るのはじめてですよ。見てないのに期待しちゃ…。」
美容師さん「暗い色で太い髪って言っていたじゃないですか。楽しみにするのに充分の情報よ!」

そんなにこのアジアン髪ってドイツの美容師さん心をくすぐる物なの?

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご紹介頂いた美容師さんはこちらのオーナーさんでもあるそうで、幾人かのお弟子さんがいらっしゃいました。

「折角だからゆっくりとあなたの髪を味わいながら切って良い?皆にも教えつつ切って良い?」と仰るので「どーぞどーぞ」とやって頂きました。
こちらとしても雑にされずに有り難い限り。
そして私の要望に応えてシャギーを沢山入れて下さいました。
4か月ハノーファー住民さんが教えて下さったとおりです!
ダイアナ妃的段カットじゃなくって、シャギーっすよ!異国の地でそんな風に切って貰えることがどれ程貴重なことか…。

実は前回酷い目にあった時と全く同じ見本写真(ネットで紹介されている髪型の写真)を持っていたのですが、おそらく10人中10人の方が「参考にしたって分かるよ」と言う髪にして下さいました。
いきなりバリカンを投入した上、一部前髪を根元まで切った前回の美容師さんに是非お目せしたい!
今回は前髪長いよ!しかもアンシメントリーじゃ無いよ!!当たり前のことがどれだけ有り難いことかっ!

で、そんなお師匠さんの「黒髪はこう切らないと動きがでるのよ」、「太い髪はこうするのがコツよ」的なアドヴァイスを聞き、手の動きを見ていたお弟子さんが一言。

「どの位太いのか測ってもいいですか?」
私「どーぞ、どーぞ。」







20130111-4.png 
(先生、得意げ)

私「それって太いの?」
美容師さん「ヨーロッパ人はだいたい0.05mmから太くて0.07mmとかね。」
私「3倍!?私の髪、西洋人の約3倍!?」
美容師さん「この力強さ…羨ましいわ。」

いや、私猫っ毛に憧れを持っているのでむしろショック。

帰宅後、ネットで調べたら0.15mmって日本人でも太い方らしい。
参考:http://www.reve21.co.jp/tips/column/31.html


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし例え望まぬ剛毛だとしても、ここまで褒められると嬉しい。
そして上手いのに良心的なお値段(今回はカット&ブロー、シャンプー無しで25ユーロ弱でした。)
あとね、しつこく繰り返しますが、遠目から見て数えられる段カットじゃ無くてシャギーなの。
全体的にちゃんと軽くなったの。

やっぱりドイツの美容師さんだなと言う点は、襟足の処理にバリカンを使われたこと。これは産毛を剃られた程度ですので、気にはならないのですが、触るとザリザリしているのが新鮮(笑)。
それと毛先が、日本の美容師さんと比べるとやっぱりやや直線的(ちょっぴりザンバラ感がある部分がある)。今までのドイツ人美容師さんの中ではトップレベルで細かく切って下さいましたので、日本の美容師さんの仕事がこちらからしたら細かすぎるのかもしれない。



総じると大変満足の行くところでした。
モッズヘアは上手いけどお値段が学生にはお高いのだもの。
ここなら気軽に、そして何が起こるかに怯えず(←重要)安心して行けます。

中心部から遠いのがちょっと難ですが、次もこちらに伺おうと思います。

素敵な美容室を紹介して下さった4か月ハノーファー住民さん、本当に有り難うございました!
この美容師さん、4か月ハノーファー住民さんの髪を結った時のことを覚えてらっしゃいましたよ。結うのも、アジア人の髪は難しいと仰っていました。


<追記>日本時間1/13、1時半頃。

私、本を読む時に首に手を当てる癖があるのですが、本日一日それを繰り返し思った。
「あれ?思いの外刈り上げられているかも。」
ドイツに住んでいる間はもうこれはお約束と思い、この芝生感を楽しむしか無いですね。
触るうちに、ジャリジャリ感が楽しくなってきましたよ。
首から手が離せなくなってきた。


<3つのブログランキングに参加中>
関連記事

羨まし過ぎます。ミュンヘンに幾つか日系の美容院がありますが、けっこうおたかいのです。これだけアジア人が住んでいるのだからもっとこういう研究熱心な美容院が現れてもいいはずなのに。
bildenさんがここに書いたからこれからその美容院には日本人が殺到するのでは?
[ 2013/01/13 00:20 ] [ 編集 ]

>Pharyさん
流石はミュンヘンですね!普通の美容院でも相場が他の都市より高いイメージがあります。
「もっとこういう研究熱心な美容院が現れてもいいはずなのに。」←全く同感です!
こちらの美容師さん、黒髪フェチとお見受けいたしましたので、日本人が殺到したらさぞ喜ばれることだと思います。しかし、日系美容院とはやはり違うので、日本と全く同じとは思わずに、「剥いて貰えるだけでも助かるわ」というノリで行って頂きたいです。
[ 2013/01/13 01:28 ] [ 編集 ]

はじめまして。

先月ひょんなことでこちらに辿り着き、過去ログまで全て読み終えました。
海外生活を綴るブロガーさんは多かれど、
ビルデンさんのブログはすっきりとして見やすく、面白く、文章も読みやすい!
美麗な写真も多くて家にいながら異国情緒を味わえるし、イラストがまた味があって素敵です。
今回久々に絵が多くて嬉しかったのでコメントしてみました。
これからも楽しみにしていますので、お体に気をつけてぜひ続けてくださいね。
[ 2013/01/14 08:26 ] [ 編集 ]

>はとさぶれーさん
身に余るお言葉どうも有難うございます。
褒められ慣れてないので照れちゃいます//
毎度毎度似たり寄ったりのアングルの落書きですが、楽しんで頂けまして幸いです。初めは4コマ漫画で綴れたらなぁと思っていたのですが、一回で挫折した結果現在の形に落ち着きました(^_^;)
留学生活が続く限り「皆に忘れられる前に更新」を目標に続けたいです。
[ 2013/01/15 01:26 ] [ 編集 ]

ヨルダン人は、黒髪が好き!

はじめまして。
2012年9月下旬までヨルダンのアンマンにいた
和さんです。
ヨルダン人は、黒髪が好き。
そんなブログ記事をリンクしておきました。

そうそう、今は、徳島県鳴門市にいます。
ドイツと深い関係があるようですよ。
また連絡しますね。
[ 2013/01/15 01:52 ] [ 編集 ]

>和さん
はじめまして、今日は。
ヨルダンにお住まいの方達も暗い髪色のイメージなので大きな違いは無いのでは?と思ってしまったのですが、真っ黒髪でストレートというのは別格なのでしょうか。
お互いない物ねだりをしてしまいますね。
鳴門市には第一次世界大戦時のドイツ人捕虜収容所があり、たしかバームクーヘンで有名なユーハイムさんもそちらに収監されていた一人だったと思うのですが…、うろ覚えです。
[ 2013/01/15 22:46 ] [ 編集 ]

ぜひ教えてください

大変勉強になります。
この春にハノーファーに来たばかりで、今度はじめての散髪にトライしようとおもっているのでが、是非是非お店の場所を教えていただけないでしょうか。
ちなみに、そのお店は男性でも可能なのでしょうか。
[ 2014/04/25 21:28 ] [ 編集 ]

>Hannoverさん
本文中にもリンクがありますが、この前の話に当たる記事のコメント欄をご覧下さい。
詳細を「4か月ハノーファー住民さん」が書かれています。

私が行った時、前のお客さんは若い男性の二人組でした。
バリカンでアンシメントリーヘアーに刈られていましたよ。本人の希望通りで大変気に入ったと喜んでいましたが。
何処に行っても、まず鋏で剥いて貰えるように強く交渉しないとバリカンが出てきますのでお気を付け下さい。
[ 2014/04/29 20:39 ] [ 編集 ]

散髪行って来ました

無事、散髪に行って来ました。
トラムに乗って駅からは意外と遠かったので、本当にあってるのかなぁと不安に思いながら、住宅街を歩くと突然教えていただいたお店が出現しました。
お店の人はみな親切で基本的に英語も通じたのでドイツでの初めての散髪としては大変満足することができました。
ありがとうございました。
ハノーファーには何年もお世話になると思いすので、これからも色々教えてください。
[ 2014/05/08 18:10 ] [ 編集 ]

>Hannoverさん
無事に済まれてよかったです。
私も行った時「こんな住宅地に?」と道中不安になったことを思い出しました。

街中の出やすいところだとモッズヘアがお勧めなのですが、一度いつもと違う方に切って貰ったら酷いことになりました。美容院では無くスタイリストさん個人にかかっているので、失敗を重ね、気に入る方がいたら名前をゲットするしか無いのだと思います。
自分を実験台にして探してみてください。私はもうそうしています。

何年も住まれるとのこと。何処か街角ですれ違いましたら此方こそよろしくお願い致します。
[ 2014/05/08 18:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/457-d2681672















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。