2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私は誰?

手元にあった史料を見ていたら、急に思い立ちました。

ということで、

やってみよう!署名当てクイズ!
(携帯で撮影した画像ですので、読み辛いのをご容赦ください)



第一問 これは誰の署名でしょう?

DSC00029.jpg

ヒント:ビスマルクとヴィルヘルム2世



第二問 これは誰の署名でしょう?

DSC00031.jpg

ヒント:「憂いのない」








古文書に触れるのは歴史研究の醍醐味です。
彼らの生の文字に触れることは、他を介さず先人と語り合う大切な手段の一つだと思います。
署名は特に読み取ることが難しいものですが、その崩し方が個々の個性を表しているようで眺めているだけでも面白いです。



それでは皆様、なんとなしにでもどなたのお名前か検討がつきましたでしょうか。

↓答えです。



ーーーーーーーーーーーーー
第一問:帝国宰相カプリヴィ
1890年皇帝ヴィルヘルム2世の親政開始後、ビスマルクの後任として二代目帝国宰相となる。

第二問:フリードリヒ大王
大王がポツダムに建てたサンスーシ宮殿は、フランス語で「憂いのない」という意味。女性は立ち入り禁止。
ーーーーーーーーーーーーー


大王のはかろうじて「Friedrich」と読み取れますが、カプリヴィに至っては「v(=von) C」しか分からんです。



このフリードリヒ大王の署名は当ブログの題名部分にも使っている文書の一部から取りました。

wr-1.jpg

時間が出来たらこの文書についての記事を書きたいものです。



ちなみに、私は両方とも自力では読めませんでした!
(人様にクイズ出しておいて)

そんな私の大王の署名に対するファーストインプレッションは・・・

rekisi-kuizu.jpg

教授から
「晩年の文字だから震えているんだ!この不届き者!!」
と怒られました。

いくら私でも大王だと知っていれば、そんな感想言うわけ無いですよ。



<ブログランキング>
↓をワンクリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ                      ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事
[ 2009/09/01 10:00 ] ドイツの歴史 | TB(0) | CM(2)

うっはっは

もう爆笑でした。
お酒をたしなみすぎてのくだりがw
アルファベットもこんなによぼよぼになるんですねぇw
[ 2009/09/07 05:03 ] [ 編集 ]

>ぴぎゃさん

オリジナルを見ると、大変ナチュラルに文字ガタガタ震えているんですよ!
1779年12月に書かれた物なので、大王が67才の時の文字でしょうか(年齢の計算に自信がないのです)。今だったら67才はまだまだ若いと思うのですが、当時の感覚で言ったら相当なお歳ですよね。
爆笑していただけて嬉しいです(^_-)
素の感想です。
[ 2009/09/08 08:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/45-38518b01















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。