2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

局地的タイムスリップ

ある日の一コマ。



acch-1i.jpg
×気嫌→○機嫌
acch-2.jpg



この日の先生は色々と仕事が重なり、スーパーお疲れモード。
良いですよ。椅子ぐらいいくらでも運んで差し上げますよ。
でもね、dortって言われても空間が広すぎて分からんよ。


だから極めて正当な権利として聞き返したのですが・・・





acch-5.jpg

あれ?何ぞ私、地雷でも踏みましたか?

 












「ぶちっ」




acch-3.jpg



「ドカーン」

















acch-4.jpg

acch-6.jpg





知らないうちにプロイセンにいた様です。
しかも入隊中とは吃驚だ。こうなったら闇に隠れて脱走するしかないですね。
そして読書協会にでも入って、この経験を本にしたためるしかないですね。
ライバルはブレーカーさんです。






これから先生に反論するためにも、プロイセン一般ラント法でも勉強すべきでしょうか。
それ以前にラント法には一兵の権利についてまで記載されているのかしら。
嗚呼、門外漢なテーマ過ぎて分からないわ。

 







acchi-7.jpg
切り替えが早過ぎます。







<ブログランキング>
↓をワンクリックしていただけると励みになります。
人気ブログランキングへ                      ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事

あははw

大学の教授らしいキレ方ですねww
でも切り替えが早いのはいいことですw
いろんなタイプの人間があつまる大学ってところは、人間観察するの面白そうだなぁ。
なんて他人だからいえることかしら!w
[ 2009/09/16 19:14 ] [ 編集 ]

>ぴぎゃさん
切り替えが早いのは「引きずらない」という利点がありつつ、「自分の言動に責任持ってよ」という叫びが無視されるので、一長一短です(涙)
この人は特に個性的な先生で、ドイツ人の同僚に「もっと穏やかな教授も、ドイツにはいるから!」と必至でフォローされました(^_^;)
大学は先生だけではなく、学生を観察するのも面白いですよ。
留学生だらけなので、世界の縮図って感じです。
[ 2009/09/18 01:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/44-f507aade















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。