2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

唯一の全ドイツ的祝日。

ドイツの祝日は基本的に州法で定められているので、場所によって休日が異なります。
さらにその祝日の殆どがカトリックとプロテスタントという宗教的なものに依存しているので、聖人の祝日があるカトリック圏と違いエヴァンゲリオンのハノーファーは滅多に休みが無い。(ちぇっ…。)


で本日10月3日は州の垣根を越えたドイツ連邦共和国唯一の祝日、統一記念日でした。
宗教に関係ない祝日ってこの日とメイデー位でしょうか。

ドイツ版Googleは特別仕様になっていましたよ。

スクリーンショット 2012-10-03 20.32.50 
「青い棒は何だろう?」と思ったら、壁ですね。一寸考えちゃった。

教授に「今日ZDFで、当時についてのでDer Turmってドラマやるから見とけよー」って言われていたことに放送開始30分後(これを書いている今現在ね)に気付いた。
アイタタター。
でも教授の横で元ドイツ語&歴史教師の奥さんが「原作小説のエッセンスだけだけどね」と呟いていたので、人生の余裕が生まれたら原作を読むということにしておこう。うん、そうしよう。
ドラマが終わった後にその解説番組があるようなので、そちらは急いで予約録画をしておきました。

しかし正直DDRやシュタージの話は身近にドラマ以上に強烈な内容を話してくれる人がいるので「もうお腹いっぱいでございます」という段階になってきた。
あとちょっと見るのが辛いの。

研究者の中には「自分何にもしていないのにシュタージにマークされていてさ」っていう人が何気にいます。
統一後関連文書が閲覧可能となり、自身についての「誰にどの様なことを当局に報告されていたか」という報告書を目にし人間不信になった人も結構居る。
またそれとは真逆に、「それだけ国が人の行為を把握していてくれていたので悪いことも出来ず、DDRは安全で安心できる国家だったんだ。むかしは隣の人の年収も買ったものの値段も知っており、秘密が無くよかった。明確な国の方向性もあった。」と断言する人(東ベルリン出身の知り合い)もいます。

教育って、思想って、価値観って何だろうな。
絶対的なものってなんだろうな。
今私が正しいと思ってやっていることも、100年後のとある国、とあるイデオロギーに於いては罪悪になる可能性があるんろうな、絶対。いや今でさえそうかもしれないな。

なーんて詮無きことですがね。

東が西に吸収される形で統一された今、西の価値観で当時を語れますが、違う今もあったのかもしれないんですよね。
そうしたら各ホテルの屋根裏にはシュタージ常駐って聞いても、びびることも何も無い世の中だったんだろうな。


シュタージの刑務所跡を見学した時に、収監されていた経験を持つ解説員の方が「自白の一番有効的なやり方は精神崩壊させることなのです。そのせいで、得られた自白が事実と異なるものになっても、国にとって都合のよい内容であればいいのです。ここの建物の構造は、どうやったら人間を不安にさせられるか、発狂させられるかという点にちなんで考えられたものです。完全防音、完全暗闇、湿った寒い部屋。殆どの囚人が数日もしないうちに精神的異常をきたしました。そのため多くの精神科医もここで働いていましたが、その仕事は『国家に適した人格に治療する』ことでした。」と仰っていたのを覚えています。
どんな価値観の世界に生まれようと、他者の手によって意図的にそんな状態にされるなんて絶対嫌だ。たまったもんじゃない。というのが今の私の考え方です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全く関係ない話ですが、先生の家で食べ過ぎて胃が痛い。

最近口に入れたものが消化されるまでに結構な時間がかかるようになりました。
次の日まで満腹感が続くことすらある。
これが老いというものなのか?

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
関連記事
[ 2012/10/04 04:33 ] ドイツの歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/436-589c1912















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。