2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愉しい歴史と悲しい歴史。

 前回の記事で触れた旅行中にこれ↓と、
IMG_9757.jpg 

これ↓と、
IMG_9818.jpg 

これ↓の
IMG_9756.jpg 

計3つの大王関連展に行きました。

先二つはパンフレットが欲しかったのですが、買ったらその場で倒れる重さだったので諦めました。
サンスーシーのなんて2冊もあるんですよ。
腕が引き千切れんばかりの重さになるのですよ。

商売熱心な新宮殿売店の兄ちゃんが「2冊セットなら特別割引だよ!普通の本屋でもこのパンフレットは買えるけど、割引は会場のここだけだよ!」と熱心に口説いてきましたが「amazooooon!」と叫んで断りました。



身内より「前回の記事、写真の解説が無いから分からん」と言われましたが、書くととても大変な長さになっちゃうのでそのうち別記事で触れるのを待っていてください。

と言いつつ続きの記事を書かなかったり、忘れるのが私なので、今書ける一つをご紹介。


IMG_0490.jpg 

こちらはプラハの聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂の壁です。
旅の同行者であったコアラが「ナチのリディツェ村大虐殺の例の教会がある!」と教えてくれ、地図を片手に引っ張って行ってくれました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1942年ナチ支配下のチェコで、チェコ亡命政府(inイギリス)兵士によるナチのチェコトップ暗殺事件がありました。これに対し血の報復を決意したナチスはその暗殺にリディツェ村が関与していると決定し、一つの村を壊滅させました。村にいた15才以上の男性は全て銃殺され、残った女子供も強制収容所へ送られほぼ死亡。数名の村人は不在にしていたのですが、それも最終的には見つけ出され同様の行いをされました。

しかし、リディツェ村はこの暗殺計画と無関係だったと言われています(ナチはまともな証拠も無く虐殺を行いました。村の規模が報復を見せつけるためにちょうどよかったのではないかと考えられています。)。

この暗殺事件に本当に関与していた実行部隊の7名が匿われていたのがこの教会の地下でした。

彼らの潜伏先は最終的にナチを恐れた仲間の密告によって知られることとなり、SSに教会は取り囲まれ、銃撃戦の上3名が死亡。4名は自殺しました。

今この教会の地下には小さな展示室があり、ナチのチェコ支配〜暗殺〜リディツェ村〜部隊の最期までが詳しく解説されています。
そして展示室の奥にある扉を抜けると、彼らが過ごし、4名が自殺した地下室があります。
銃弾の痕、おそらくは血痕であろう黒いシミ、そして彼らの亡骸の写真。
言葉をなくす空間です。

これをやれる残虐性を持ったのも、止められる理性を持ち得るのも我々なのです。
だから目に焼き付けなければと思うのです。

有名な言葉ですが「歴史は繰り返され」ます。
出来事が勝手に繰り返されるのではないのです。人間が生きて、生まれ、世代が交代する折に先人の行いを忘れ繰り返すのだと私は思います。
文明社会は1000年前に比べ信じられない程進歩しましたが、根本的な人間の欲なんざ大して変わりません。
中世史や古代史の発表を聞いていても、「なるほどその時代でも考え方は一緒か」と思います。
持っているツール、思想の積み重ねが違うから異なるように見えるだけです。

でも人は欲をコントロールするすべをちょっとづつ学んでいます(それこそ積み重ねの成果です!)。
我々が「これは悲しく辛いことだ」と書き残せば、後の世代はそれを躊躇できます。
記録の無い経験は受け継がれないでしょう。

だから歴史は残されねばならぬし、学ばねばならないのだと思うのです。


各地にある強制収容所やこういった場所は出来るだけ見て回りたいと思っていますが、何度雰囲気に当てられも慣れません。でも行くのです。眼に焼くのです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チェコの亡命政府兵士はイギリス軍に軍事訓練をつけられていました。
これは後にアメリカが随分と似たことをしていたな。
そして随分と違う結果に至ったものなのだな、と私素人は素直に思うのでした。

ま、繰り返したというより軍事戦略の常套手段なのでしょうがね!



<ドイツ時間、8/17午前0:45頃追記>
たった今コアラよりメールあり。
今日は大王の命日だそうです。

いやー。本当によく知っているな。
旅行中に何度も聞かされてたのに、私もう忘れていたよ!


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
関連記事
[ 2012/08/17 07:12 ] ドイツの歴史 | TB(0) | CM(3)

勉強になります!

こんにちは。とても興味深く読ませていただきました。

「歴史は繰り返される」のは世代が変わった時に先人の行いを
忘れるからということは言われてみて確かにそうだと思いました。
痛ましい出来事を忘れて同じことを繰り返さないためにも、歴史を
残すことが重要…当たり前のようで、今まで歴史を学んだときには
全く意識していませんでした。歴史を学ぶ意義を再確認しました。
歴史はただ面白いというだけではなく、奥深いんですね!
専門の方にこんなことを言って失礼かもしれないのですが、
ビルデンさんの記事は勉強になります!また、ほかの歴史関係の記事も
読ませていただきます^^
[ 2012/08/17 16:43 ] [ 編集 ]

>サッコさん
お返事が遅くなりまして申し訳ありません!!

私の戯言にこの様なコメントを頂きまして、大変恐縮です&どうも有難うございます!
あるひよっこの言葉として軽くお受け止めください。
サッコさんも色々な事を目にされるうち、ご自身の考えを得られると思います。

昨今の風潮として経済的利益と繋がる学問が重視され、昔ながらの文系学問は過小評価されている様に感じます。
でも、歴史というのは人間を理解する為の基本であり、これ程現実社会で応用の利かせることのできる学問もないと思うのです。

ドイツが第二次大戦中に行った残虐行為の跡地にいくと、「ナチ云々」の問題ではなく、人間はこういう事を出来るモノ。我々もその可能性を持っている。という思いをいつも新たにします。
[ 2012/08/23 23:53 ] [ 編集 ]

>poohさん
私は高校の世界史テストで中国史の漢字用語にやられ、東洋史を諦めました(涙)。しかし今思うと、イスラム圏まで入っての東洋史だったので、もうちょっと熟慮すれば良かったなと。大学の共通講義で東洋史の面白さも知り、残念に思いましたよ。
ルートヴィヒ2世、良いですね〜。
バンベルクなら魔女狩りの歴史も興味深そうです。
嗚呼、世界遺産の街にお住みなんて羨ましい!
いつか行きたいところです。

ドイツ語、お互い頑張りましょうね!
[ 2012/08/28 13:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/426-ad2649ae















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。