2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちょっとだけですが、大王誕生日会の写真。

はい。ただいまです。
お世話になったS夫妻、どうもありがとうございました!
S君、カッテの頭蓋骨(レプリカ)と処刑に使われた刀は一見の価値有りです。
仕事が落ち着いたら行くべしだよ!
ケースに齧り付いて見ちゃったよ。

IMG_9298_convert_20120127220158.jpg
ポツダム映画博物館前。
大王関連行事の看板(?)がありました。

IMG_9314_convert_20120127220415.jpg
大王の誕生日パーティー。
クラブラウンジ形式で、大王全く関係ない。
バロック音楽とテクノDJのコラボって大王も吃驚だ。
せめてフルートを入れればいいのに。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家に帰ったら小包が届いていた。
中に入っていたのは…

IMG_9323_convert_20120127222926.jpg

マッスルボディーのonちゃん!
日本の友達からのプレゼント。

IMG_9329_convert_20120127222958.jpg

朝起きたら雪が薄く積もっていた。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2012/01/27 22:58 ] ドイツの歴史 | TB(0) | CM(3)

onちゃん!!

マッスルボディーのonちゃん!!!  
そんなフィギュアがあるなんて。「どうでしょう」よく見てました。フィギュアにびっくりして思わずコメントしてしまったしだいです。
これからもブログ、楽しみにしています☆
[ 2012/01/28 22:11 ] [ 編集 ]

ムム、そういわれると見て来たくなるな(笑)。ちなみにそん時に使われた剣って、中世の騎士が持ってそうな十字型のでっかいやつなの?たしかDie Deutschenではそんな感じだったけど。それとも三日月型だったりするのかな。いずれにせよ、こっちの剣って切れ味悪そうだから、ホントにEnthauptungできんのかいなって思ってしまいます。
[ 2012/01/29 00:57 ] [ 編集 ]

>わいでさん
コンビで販売されているそうで、もう第何弾か続いているらしいですよ。
今回のラインナップの中ではこのonちゃんが一番欲しかったので、当たってラッキーです!どうでしょう、面白いですよね。
ブログ、楽しみにしてくださって有り難うございます!

>Springinsfeld君
中世の騎士が持っていそうな十字のでかいやつ。でも先が尖っていない。
先生に伺ったところ、処刑用なので「突く」機能がない剣になっているそうだよ。
見た感じ、切れ味が良いとはとてもじゃないが思えない。
何度か相当な力でやらないとEnthauptungにはならないと思う。最終的には切り離すのだろうが、この剣じゃ切られてと言うより首の骨を折られて召されるパターンの方が多そうだよ。

しかしね、カタログを読んだところBrandenburg an der Havelの博物館とMaerkisches Museumの両方が「カッテの処刑に使われた刀を持っています」と主張しているらしいよ。だから実は使われていない方を見た可能性もある。ここにはHavelのが展示されていたのだけどね。
カッテ家の墓も、「これじゃないかな?」って骨もあるのだからDNA検査できないのかな。

あと大王の牢から実際の処刑場は見えなかったらしいよ。連れて行かれる姿は見える位置だったようだけど。

カタログ以外に売られている本がK氏ので、流石だと思ったよ(笑)。
[ 2012/01/30 08:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/377-c5dabd09















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。