2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「オタク軍隊」

「週末に結婚式記事の続きを…」と言っておりましたが、思うように時間を作れませんでした。
お待ちくださっている方がいらっしゃいましたらスミマセン!
もう少々お待ち下さい!



日本リスペクトのお洋服メーカーワングリーン・エレファント。

以前に触れた記事はこちらこちら

そして現在店先に置かれているポスター↓がこちら。

DSC00872.jpg

アップ。
DSC00871.jpg

「オタク軍隊」!?
その心は何なんだ??

そして「オタク」の英語訳って「geek」なの?
ヨーロッパでも漫画・アニメファン相手なら「オタク」は「OTAKU」で通じるのに。

geekって言ったら米語で「マニアの人、~狂いの人」って意味のある単語だよね。
(手元の英英語『ケンブリッジ英英辞典』には「a man who is boring and not fashionable」ってあるが、これはオタクの訳にはならないよ。万が一こっちの意味で使われていたらオタクの人は怒って良いと思う。)

マニアックな人=オタクという解釈なのかしら。
そうすると、ここの広告じゃ「こだわりのある人達」位な意味なのかな?

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎度、ワングリーン・エレファントの店先には面白い「日本」が溢れています。


<ドイツ時間 11/14 20時半頃>
綴り修正。
faschionableじゃないよ、fashionableだよ!
と、この一文↑を打った今でさえ、「schion」と指が勝手に動き、何度もデリートしました。
アイタタター。変にドイツ語化されている。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事

faschionableの綴りに癒されました。すごく気持ち分かります。
[ 2011/11/15 03:10 ] [ 編集 ]

>uhuさん
何故癒えてくださったのかの理由に気付くまで、かなりの時間を要しました。
嗚呼、恥ずかしい!faschionableじゃないよ、fashionableだ!!
英会話も気付くと全てドイツ語化されています…。
もう、なっちゃいますよね!開き直るしかないですよね!
[ 2011/11/15 04:17 ] [ 編集 ]

オタク文化に変化が起きてしまうかも

こんにちは。以前に日本語入りの服の話題で投稿した者です

日本のオタクといえばアニメ漫画で有名ですがオタク達に大きな影響を与えてしまうTPPでオタク界は揺れています。
コミケというイベントも衰退してしまうかもということで。実をいうと私も調べているのですが先行きが不透明でまだまだよく分からない状況です
日本の文化=オタク文化が衰退してしまうと個人的に寂しいです
[ 2011/11/15 16:02 ] [ 編集 ]

すごくわかります!!

わたしも英語を書くとshはschとなり、toと書いたつもりがzuとなり、さらにはそれがtuとなっていたり。。。
ドイツ語あるある、共感してしまいました。。 開き直るしかないですよね(笑)
[ 2011/11/16 07:53 ] [ 編集 ]

>くもこさん
コミケは友人が旅行体験記を同人誌出版し、参加していたので知っていますよ!行ったことはないけど。
こちらも衰退する可能性があるというのは、商業誌だけでなく二次創作の同人誌までに何らかの規制がかかると言うことでしょうか?
同人誌は全くの趣味の範疇で好きな人が自己責任でやることが出来る分、ある程度の自省を問われる物だと思います。しかし色々な面で低年齢化が進む中、モラルだけに頼るにはどうにもならない時代になったのかもしれませんね。
何故TPPがおたく文化に関わってくるのか理解できていませんので、またしても的外れなコメントだったらスミマセン(><)

<2011/11/15 19:50に一度コメントしましたが、私が想像した漫画アニメ全般の問題と「おたく文化」というのが違うように思えたので全文改稿致し、再投稿いたしました。>
[ 2011/11/16 15:21 ] [ 編集 ]

>weideさん
なりますよね~(涙)。
英語を話そうとしても途中からドイツ語に完璧切り替わっていたり、所々「ドイツ語風」発音になっていたり、語順がドイツ語だったり…。往々にして、動詞を文末に持ってきたくて仕様が無い。
確実に10年前の方が英語を話せていましたよ。
[ 2011/11/16 15:38 ] [ 編集 ]

TPP

ビルデンさんへ

 TPPが通ると著作権侵害は一次制作オリジナル同人は問題ないのですが、二次制作になると非親告罪となり著作権者が告訴しなくても(二次使用を認めた場合でも)国が起訴したり処罰できるようになります。横行する海賊版や違法ダウンロードが問題になっているという背景にあるため盛りこまれたようです。
このまま通ってしまうと二次制作は全滅するのではと言われています。MAD動画もアウトになるということのようです。
また著作権が米国にある場合は・・デ●ズニーのように・という恐れも。

まだ情報が足りないのですけど・・面白いものが出てこなくなるのは惜しいです。オリジナルであれば問題はないのですが。

しかし、ドイツに日本語はかなり浸透してきてるんですねーすごいです

長文失礼しました

[ 2011/11/17 03:10 ] [ 編集 ]

オタク

以前一度コメントしたことがある者です(HNがもしかしたら違ったかもしれないですが大分前なのですみません。)

理系のドイツ人たちが nerd という英単語を使っているのを聞いて(といってもわたしは文系なのですが)、これ、訳すなら「おたく」だな!と思ってきたのですが、サブカルの文脈ではOtaku もありなんですね!
 nerd は漫画・アニメファンとは違うニュアンスが強く、
<気づくとマニアックな専門のことしかしゃべらない「専門バカ」、「機械オタク」>
ってかんじがします。利用者が理系の人だからかしら?どうなんでしょうね。Otaku や geek との棲み分け等、気になるところです。
新たな観察結果が出て、お時間がおありでしたら記事にしてくださると嬉しいです。
[ 2011/11/18 04:56 ] [ 編集 ]

>くもこさん
そう言う問題だったのですか。なるほど、なるほど。
こちらの本屋では日本の少年・少女漫画を16未満oder18未満購入禁止扱いにしているところがあるので、倫理的な方面での話だと勘違いしていました。
おそらくアメリカはもっと細かいだろうと思いましたので。

>Igorさん
日本語そのものの「おたく」という言葉が指す範疇を理解していないので、詳しい話は何ともはや。
ただgeekもnerdに関しては、両方とも「(宜しくない表現ですが)クレイジーな人」って感じがするのですが、特に後者はお勉強をし過ぎてイマイチ社会性に欠ける人に対して「こいつ頭は良くても一般常識はないぜ」って感じの「専門バカ」って気がします。前者の方が、意味合いが広いかと。ただスラングなので英英語と米英語で意味が変わるのではないでしょうか。そこら辺は英語圏生活経験者の方に是非確認してみてください!私、さっぱりなので(涙)。英語能力が切実に欲しい。

私の経験ですと、日本文化に興味のある人達、こちらで日本の漫画を愛読している人達にでしたら、大抵「OTAKU」は通じます。フランス人に日本語で「ボクハ、フランスノ オタクデース」と宣言され、「アニメトークに付き合え」攻撃を受け、一時期大変だったことがありました。
[ 2011/11/18 05:34 ] [ 編集 ]

このポスター、なんだか昭和っぽいダサさがあって、いい味が出ていますね。
じわじわと効いてきました。
でも、でも、オタク軍団って、そのコピーは変だと思う。
意味が分からない!
[ 2011/11/19 01:24 ] [ 編集 ]

>抹茶きなこさん
そうですよね!そもそも何で「おたく軍団」ってキャッチコピーが洋服屋さんで使われたのかですよね!
ポップカルチャーの一つとして捉えているだけなのか?ネイティブの我々とは違う感覚で使われていそうです。

ドイツの街中では「あー、こういう人昔の原宿にいっぱいいたよな」っていう感じの服装をした若人を結構見かけます。
[ 2011/11/19 16:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/350-373f1dc8















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。