2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚パーティーの招待:手みやげ偏

写真はクリックで拡大されます。


この夏に結婚した友人が報告を兼ねたホームパーティーを10月頭にひらき、そのご招待を受けました。
招待状には「気軽なワインパーティーです。パートナーも是非お連れ下さい。」とあったのですが、彼女のいつものホームパーティーだと「パートナーも云々」までは言われたことがなかったので、これはいつもよりは改まった感じなのかしら?と何となく察する。

取りあえずおしゃれ着を用意して、「ワインパーティー」と言っているから手みやげは結婚祝いを兼ねた良いワインにするかねぇと計画。

で、パーティー前日に会った女学生さんにその話をする。

私「結婚関連のパーティーに招待されるのはじめてなんだけど、ワインパーティーだから美味しいワインにカードを添えて持っていけば良いよね。」
女学生「え、駄目よそれ!」
私「え、駄目?」
女学生「うん、駄目駄目。お誕生日会や普通のパーティーの場合ならそれでOKだけど、今回は結婚式なんでしょう?」
私「式やちゃんとしたパーティーはもう終わっているから簡単な結婚報告会って聞いているよ。」
女学生「それでも、結婚関連の集まりなら手みやげは一つしかないわ。」
私「え、何それ?」


20111107-1.png 


20111107-2.png 


寝耳に水。
「ご祝儀は日本の文化」という思いこみがあったのです。
そういえば、以前結婚式に参加されたことのある人が「お金を包んだ」というお話をしていたな。
しかしすっかり忘れていた!


20111107-3.png 


女学生「額は学生だったら20オイロでも良いのよ。このお金はね『貴方達の幸せに関与します』っていう意味合いのものなのよ。新たな生活のために物を用意するのは喜びでしょ?その喜びにかかるお金をちょっと負担するっていうのは、その人とその喜びを分け合うっていうことなのよ。だから逆に金額が大き過ぎてもよくないのよ。分け合うことにならないじゃない。上から目線の人と思われるわよ。」


曰く、「自分が自由に使えるお金の1割が目安」。(←あくまで彼女の考えです)
その理論でなら確かに学生だったら2-30オイロ位ってなるわね。


女学生「どうしても物が良いって場合は、出来るだけ無くならない物。生活必需品が一般的ね。でもその場合は大抵本人達から『コーヒーメーカーくれ』とか『電子レンジが良い』とかリクエスト表が贈られてくるわよ。あと最近多いのが金券。私の友達は『新生活の家具を全てIKEAで揃えたい』って言って、招待状に『お祝いならIKEAの金券にしてください』って書いてあった。だからみんな思い思いの額の金券をプレゼントしたわよ。」
私「お金の場合、カードの間に挟んで贈るの?」
女学生「それでも良いけど、カード売り場に行けばそれ用に作られた結婚カードが売られているよ。あとはお金を面白くデコレーションして贈る場合が多い。ビルデンは日本人だから、お金を折り紙してプレゼントするのが一番良いと思う!」
私「折り紙?」
女学生「そう、折り紙!」


というやり取りがあり、どうお金をデコレイトするか悩むこと一晩。

行き着いた結論がこれだ!!










IMG_7444.png
 
題名:「ハートのバルーンを持つ髭の少女野口さん」



台紙に貼り付け、写真立ての中に入れてみました!!
頑張ったよ、私!!

材料:10オイロ×3枚+野口さん1枚、写真立て、綺麗な紙(台紙の写真)

学生にしては奮発した。何故なら年齢は学生とは言えないから(アイタタター)。

いやねぇ、紙幣で鶴を折ったり兜を折ったり色々と試してみたのですよ。
しかしどれもこれも小さくなりすぎてイマイチ!
あとその出来た物をどうあげるのか(封筒に入れてもゴミと間違えられそう。また指の太いドイツ人があの細かい作品を解体出来るのかが問題だ)で悩んでいたところ、ネットで野口さん折りの存在を知り「これだ!」と思ったのです。


IMG_7447.png
ラッピング。

つづく

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/11/08 08:39 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(18)

素敵すぎる。

Bildenさんの素敵な作品に目が釘付けになりました。
ぜひご友人の反応が知りたいです(笑)

それにしても、ドイツの人の結婚パーティーにはお金を包む習慣があったのですね。
初耳でした...!
[ 2011/11/08 17:46 ] [ 編集 ]

製作時間が知りたい・・・

すげぇ~
折り紙マイスターだ!!
[ 2011/11/08 23:28 ] [ 編集 ]

これは…すごい…!

思わず初コメントです!笑
これは絶対喜んでもらえるでしょうねー!!
ご友人の反応が楽しみです^^
[ 2011/11/09 00:31 ] [ 編集 ]

すばらしい!!

すばらしいです!おもわず笑ってしまいました!

私も先々月、友人の結婚式に呼ばれたとき、他の友人たちと何を贈ったらいいか相談したところ、「お金がベスト」と言われました。
私も学生なので、ごめんと思いつつ、50ユーロを贈りました。
パーティーの様子を見てたら、ケーキの作り物にこれでもか!というほど5ユーロ紙幣をさしまくってるデコレーションだったり、色々ありましたよ。

ビルデンさんのは本当にすばらしい!!私は全然思いもつかなくて、かわいい封筒にいれただけです。。(泣) きっと、ご友人も大喜びだったでしょうね☆☆
[ 2011/11/09 06:05 ] [ 編集 ]

すごいっ!!!
100拍手くらい送りたいです。
[ 2011/11/09 12:09 ] [ 編集 ]

すご~い!
すごいですよっ!!
もらった人は、嬉しくてもったいなくてお金使えないと思いますっ
始めて今日ブログにお邪魔したんですけど、思わずコメントさせてもらいました^^
また遊びにきます~♪
[ 2011/11/09 23:54 ] [ 編集 ]

すごい。。けど僕のときは福沢さんにしてね!あとの青の服とオレンジのバルーンがいいな。
[ 2011/11/10 04:19 ] [ 編集 ]

<皆様へ>
ネットで紹介されていた折り方を自分勝手に組み合わせただけですので、こんなに褒めていただけるとは思いませんでした。
有難うございます!

>shokoさん
Taschengerdをカードに入れて贈る事があるのは知っていたのですが、結婚式でもそうとは私も知らず、予めドイツ人に聞いておいて良かったと思いました!
何事も経験しないと分からないですよね~。

>おのっちさん
何を折るか決まるかでは時間がかかりましたが、テーマが決まってからは30-60分で出来ました。
後ろの背景なんて家にあった綺麗な包装紙を切り取っただけでして…。

>noriさん
ようこそいらっしゃいませ。
友達夫妻の反応は大変「ドイツ人らしい」ものでした。
想像と違くてちょっと驚きました(笑)。

>Weideさん
学生で50オイロもプレゼントされたなら、お友達は大変喜ばれたと思いますよ!
私が色々と話を聞いた子は、最初に私が「切りが良く50がいいのかな?」と言ったところ、「出来るの!?学生なのに!?」という反応を返してきました。彼女は大変倹約家な子なので(典型的ドイツ人)そういった風なのかもしれませんが。とにかくWeideさんはゴメンなんて思うこと無いですよ!
大切なのは気持ちですから。

>ミシェルさん
100拍手?!有難うございます!
しかし凄いのはこの折り方を発明された方々です。「お札 折り紙」といった検索ワードで出てきますよ。

>ジェン子さん
ホント、こんな褒めて貰えたのは久しぶりです。有難うございます!
しかし友人は使う気満々でした(笑)。
ちょっとの期間は飾ってくれると思いたいです。

>shimayannさん
10年後位にお式に招待していただければ、必ずやご期待通りにいたしましょう…。
[ 2011/11/11 00:01 ] [ 編集 ]

偶然ブログにたどり着いたのですが・・・。
すごすぎます!!
読み逃げできませんでした(笑)
センスがあって羨ましいです☆
[ 2011/12/01 09:40 ] [ 編集 ]

>みっぺさん
いらっしゃいませ。
勿体ないお言葉どうも有り難うございます!
こんな風に言っていただけるのであれば、もっと気を遣って綺麗なお札で折り紙すればよかったと、ちょっぴり後悔しています(笑)。
前日まで知らなかったので、手持ちのお札がお財布に入っている分のみだったのです。
[ 2011/12/02 07:50 ] [ 編集 ]

はじめまして

僕もハノーファーに住んでるので
ブログを捜してたらここに行き着きました!
折り紙すごいですね!!
まさにマイスター!職人技です!
これからもブログを見させて頂きます!
[ 2013/02/02 00:14 ] [ 編集 ]

>ホンさん
ご来訪有難うございます。
ハノーファーにお住まいとのこと、もしかしたら何処かですれ違っているかもしれないですね。
折り紙、お褒めの言葉有難うございます!
マイスターに折り紙部門があれば受けられましたでしょうか。
[ 2013/02/03 05:05 ] [ 編集 ]

お返事ありがとうございます!

こんな素敵な折り紙のプレゼントをもらったら
使うのがもったいないですよ。。笑
もらった方も きっと幸せな気持ちになったと思いますよ!

ハノーファーには日本人が少ないですもんね。。。
もしかしたらすれ違ってるかもです。。笑
ビルデンさんはハノーファーにある日本人会に通ってるんですか?
[ 2013/02/03 07:06 ] [ 編集 ]

>ホンさん
重ね重ね有難うございます!
アジア人を見かけると、ついつい日本人かどうかチェックをしちゃいます。
しても声は掛けられないのですが、つい…(笑)。
ハノーファーには2つ日本人会がありますが、私は両方とも通っていません。コングレスツェントルムの夏祭りには行ったことあります。和太鼓の演奏がよかったですよ。
[ 2013/02/03 19:44 ] [ 編集 ]

コメントしすぎですよね。。笑

僕もアジア人を見るとチェックしますよ!
まだ友達がいないので、見てしまいますね。

2つの日本人会があるんですか?
1つしか知らなかったです!

和太鼓いいですね。
花見とか夏祭りとかあれば行ってみたいです^^
[ 2013/02/03 22:46 ] [ 編集 ]

>ホンさん
独日協会ハノ-バー・茶道会と独日友好協会、ハノーバー広島友好会という2つがあります。通っていないので中身は詳しくないのですが、前者が日本に興味を持っているドイツ人が中心、後者が日本の駐在員家族が中心というイメージがあります。あくまでイメージです。花見や夏祭りがこれらの協会主催で行われていましたよ。
あとは音大に行けば沢山日本人留学生がいるそうです。
私も日本人の知り合いが少ないので、音大の環境は羨ましいですね。
[ 2013/02/03 23:13 ] [ 編集 ]

ありがとうごうざいます!
早速 いろいろと調べてみたいと思います!

これからもブログを見させてください!

ありがとうございました!
[ 2013/02/04 02:17 ] [ 編集 ]

>ホンさん
コメント&もう一つのお便り有り難うございました。
拍手コメントでしたら確実に非公開ですので、そちらを使ってお名前とメールアドレスを教えて頂ければ返信させて頂きたいと思います。
ブログにメール機能を付けていないのでご不便をお掛けしますが、宜しくお願いします。
[ 2013/02/04 05:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/347-8d451b7a















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。