2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

<注意>流行中のハッカー被害

3週間ほど休暇を取っていた助手さんが久方ぶりに研究所にやって来た。

しかし休暇明けだというのにお疲れモード。
3週間も休んだのにリフレッシュできなかったのかい?どうした?


助手さん「いや、昨日の警察の事情聴取が長くって疲れちゃってさ。」

!?

私「休暇中に泥棒が入ったの?」
助手さん「ううん。私が被害を受けたっていうか、加害者の可能性有りで聴取を受けたというか…」


!?
何があったんだ!?


以下、助手さんの説明。

「私、DHLのパックステーションに登録してあるんだけど、休暇中にDHLから『ベルリンのステーションにアマゾンからの荷物を届けました』って連絡が入ってね。でも、全く身に覚えのない荷物なの。
先ず以て私の家デュッセルドルフだし。
地元以外を使うとしたら、仕事場のハノーファー位だしね。
それよりもっと変なのは、アマゾンの注文者が私じゃ無くって全然知らない人になっているのよ。
DHLにそのことを言っても、埒があかなくって。
アマゾンにも尋ねようとしたんだけど、注文者が私じゃないから詳細を確かめられないのよね。
でね、そうこうしているうちに誰かが私のパックステーションを開けてその荷物を引き取っていたのよ。」


パックステーションというのはDHLがやっているサーピスの一つで、会員登録をしておくと小包を指定したステーション(コインロッカーのような見た目)に届けてくれるのです。
利用者は届いたと連絡が入った後、都合の良い時間にステーションに赴き、情報を入力すれば荷物を取り出せるという仕組み。
家の近所にステーションがあれば再配達して貰うより便利。何より時間が節約できる。
かく言う私も利用しております。


私「え、誰が荷物取り出したの?注文した人?でもその注文した人、助手さんの会員カードと暗証番号持っていないから開けられないよね?」
助手さん「そこなのよ!実は警察から連絡が来て分かったんだけど、そのアマゾンの注文者こそが一番の被害者だったのよ!!」
私「??」
助手さん「先ずねハッカー集団がアマゾンの個人情報をハッキングして、他人名義で大量にものを購入していたの。でもその送り先を自分にすると足がつくから、無関係な人たちに『貴方は最近DHLパックステーションのサービスを利用していないので、新たなパスワードを設定する必要があります』という嘘のメールを送って、ハッカー集団の作った偽のパックステーションHPに誘導し、会員番号と暗証番号を登録させ、それを使って荷物の受け取りをしたという訳なのよ。もうそうしたら最後、誰の手元に荷物が行ったか分からないわよね。」


ハッカー集団!?


助手さん「この夏にその偽HPが作られていたらしいのだけど、その所為で同じ様な被害が大量に出ているらしいわよ。一応、私はそのアマゾンの荷物を取ったかもしれないという疑いをかけられてもいるのだけど、似た被害があるから警察も心得たって感じで親切にしてくれた。まあ、警察の書いた調書を見て最終的に判断するのは裁判所だから、まだどういう扱いされるか分からないんだけどね…。」
私「アマゾンのコントを使われた人は?」
助手さん「さあ?でももうお金は引き落とされていると思うよ。気の毒に、凄い量の注文だったよ。」



こんな身近なところでハッカー被害が出るとは驚きました。


ドイツ在住者でお心当たりのある方は気をつけてください。
暗証番号は定期的に変えねばならないなとつくづく思いました。



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/10/13 08:22 ] ドイツ生活・留学情報 | TB(0) | CM(1)

>被害オヤジさん
当ブログは私のドイツ生活に関する、個人の雑感・体験をつづる目的の物であります。それ以外に関する問題は私のフォローできる範囲を超えております。
申し訳ありませんが、いただいたコメントは趣旨にそぐわぬものでありましたので削除させていただきます。
[ 2011/10/14 20:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/335-f272e479















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。