2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大興奮

ドイツと全く関係ない話です。
聖飢魔IIの、日本では9月に発売されるアルバム『AKUMA NATIVITY ”SONGS OF THE SWORD”』の話です。


この話に興味のない方、もしくは検索でここに行き着いてしまったけど、内容はまだ知りたくないという方はブラウザバックでお願いいたします。


個人的嗜好炸裂の内容です。





解散したはずのバンド、聖飢魔IIのオフィシャル・サイトがマイ・スペースに出来た時は「もしやまた再集結!?」と思いドキドキわくわく致しました。
さらにそのサイトが英語対応ということで世界進出するのやもしれぬと、過度な期待はしちゃ駄目よと思いつつもそれなりに期待していたのでございます。

そういたしましたら本当にしたよ。世界進出!

1999年までのいくつかの代表曲を英語歌詞にし、アレンジもし直してこの7月にi Tunes世界配信ですよ。
日本ではCD媒体で9月発売のようですが、ドイツ在住であることを生かし私早速購入致しました!

はじめてです。日本のアーティストのCD購入で地の利が効いたのは。
いつもは日本の流行何倍遅れですからね。


SEIKIMA-�「EL DORADO」ShortMovie/Directed by Kobun Shizuno



以下、ちょっとした感想。
ネタバレしない程度、視聴で聴いた人と同じ程度の感想で。





長官が参加されていないせいか、ギターアレンジの差が一番印象に残りました。
代官は代官で大好きなのですが、やっぱり長官のギターも聞きたかった。
一番嬉しいのは再集結の時のように、メジャデビュー後のメンバーでわいわいやってくれることなんだけど、それは難しいのでしょうね。
解散から10年近く経ち(改めてそう書くと吃驚だよ!私この人達の曲ばっかり日々未だ聞いているというのに)、皆さん個々の活動があるのですから構成員の判断を応援したいです。

現役の頃は、シンセを使ったアレンジが多かったと思うのですが、今回はもっと原初的なロック/HMに還った感じ。上手く言えないけど。「代官こういうの好きそう」とでも言いますか。
といってもcantaもドラム、ギター、ベースという最小限の楽器でサウンドを作り上げるバンドだから、今回の音は参謀の目指す方向でもあるのかしらね。


一番「こう来ましたか!」と驚いたアレンジは『A DEMON'S NIGHT』。
全く違う曲に聞こえた。いやメロディーラインは変わらないんですけどね、当然のことながら。
この曲は初期のアルバム『THE END OF THE CENTURY』にしか収録されていないなので、構成員の当時とのスキル差もよく分かる。
二番目は『HUMANE SOCIETY』。ギターの入り方にぞくっとしました。

今回参加していない構成員の作品ほど、新しいものに感じられた様に思う。
(聞き慣れた長官のギターじゃない所為か。)





ギターアレンジ以外に、もっと特筆すべき今回のアルバムのオリジナリティーがあるのですが、それは日本発売まで語りたいのを堪えることにします。閣下の活動を追いかけたファンは、こういった方向に進んだのも納得できるかと思う。

色々なものの融合が彼らの個性ですよね。
解散後の各構成員の活動・音が集約されていて、また新しい聖飢魔IIを聴くことが出来て嬉しかったです。

ファンは買って損無し!
やっぱり上手いよ聖飢魔IIは。(「プロなんだから当たり前だろ!」という閣下の声が聞こえてくる…)

構成員に動きはありましたが、代官と長官は全く違う方向の素晴らしいプレイヤーなので、これはこれ、それはそれ。
今回のは、聖飢魔IIの最高のカバー・アルバムだと思えば良いのではないでしょうか。
(再集結の時に本人達が近い事を言っていませんでしたっけ?)






PCの安いスピーカーだとギターが目立つのですが、イヤホン使って聴くと和尚の音が入ってきて、あのテクにうっとりです(でももっとはっきりと音が聞き取れるようにしてくれた方が好みだ)。殿下も元気なサウンドで嬉しいです。
やっぱり聖飢魔IIのリズムセクションは最高。
これだけきちっとしたサウンドなのは、このリズム隊あってだよね。


ライブの時、参謀と代官どちらが右になるのかな。
イヤホンだと右が代官かね。ライブやるかどうかも分からないけど。
もし日本で再々集結なんてことになったら、私帰るよ。
絶対帰国!

無論一番嬉しいのはドイツでライブをしてくれること!

このアルバムの発売が発表される前に、たまたま知り合いのポーランド人に聴かせたら
「超クール!DVD貸して!CD貸して!」
と大変良い反応だったので、是非ヨーロッパでライブをして欲しい。
この子連れて行くから!

プロモーションをしっかりすれば、売れると思うんだけどな。


        





<ブログランキング> 
↓をワンクリックしていただけると励みになります。

  人気ブログランキングへ   ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事
[ 2009/07/21 00:03 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(1)

>8/1にコメントくださった方
返信が遅れまして申し訳ないです。
同じ心持ちの方がいたとは嬉しい限りです!また遊びに来てくださいね。
[ 2009/08/08 22:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/31-1f50bf54















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。