2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生野菜を食べられず。

写真はクリックで拡大されます。


DSC00636_2.jpg

問題となっているニュース
http://www.newsdigest.de/newsde/content/view/3562/13/

生野菜、生肉、乳製品などに感染経路不明の菌(EHEC)が混入し流通してしまっているらしい(しかし実際にどれが感染源かは不明なので恐れのある食品が全て避けられている)。
こちらに感染すると腎臓がやられ、下痢や吐き気、熱などの症状が出て、重度の場合は死に至る。

EHECの問題自体は前々からあったそうなのですが、今回は北ドイツを中心に経路不明で大規模感染が起こり、死者まで出ているのでかなり皆用心している様子。
全く知らずに嬉々として生野菜サラダを買っちゃったよ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同僚「先週末あたりからのトップニュースよ!」
私「えー。オバマさんの訪英とアイスランド火山の問題しか記憶に無いわ…。」
同僚「ニュースの何処見ていたのよ!?兎に角そのサラダ食べるの止めた方が良いわよ!」
私「でもさ、問題が起こった後に売られているんだから、これって検査済みのものでむしろ健康なんじゃない?勿体ないよ。」
同僚2「いやいや、ビルデン。今回はね、特にスーパーやインビスで売られている、既に洗われた状態、切られた状態で売られている生野菜が問題となっているのよ。自分で買って、ちゃんと洗った野菜だったらまだしも、出来合いのサラダは止めなさい!」
私「それって、問題となったサラダを作ったお店の衛生問題ではないの?」
同僚2「だ・か・ら、一部の地域原因じゃなくって同時期に北ドイツ全域で感染者が大量発生しているんだってば!」
私「あー」
同僚2「っていうか私の彼、感染の疑い有りで入院中よ。」
私「おー。ヤー。」
同僚「野菜は火の通ったものにしなさい。レストランでもよ。」


てなやり取りの末、サラダを諦めました。
「風評」という言葉が頭をよぎりますし、食べ物を粗末にするのは大変嫌なのですが、ネイティブに支えて貰ってばかりの外国暮らしなので意見には素直に従おうと。こういう事が起きると、なかなか自立しきれない自分の現状に気付かされます。

まあそれはさておき、現実として同僚が教えてくれた様にEHEC問題はどんどん深刻になっているようです。
妊婦さんや子どもは生野菜を食べないようにという勧告も出ている模様。
色々と不明な点が多いので、ドイツ各地の研究所が現在必死で原因を突き止めようとしております。

食べ物以外では感染者の便や嘔吐物からも感染するらしいです。

DSC00635-1.jpg  
同日学生寮の掲示板で「EHEC:こうやって自分の身を守ろう!!」という張り紙を発見。

皆さんもお気を付け下さい。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドイツの卵はいつもサルモネラ菌が付いている可能性を考えて食べなければいけないし(これは来た当初「先進国で今時!?」と驚きました。)、ちょっと前にはやはり北ドイツでダイオキシン騒動(食肉用家畜の餌にダイオキシンが混入していて、結果、食肉にもダイオキシンが残っていた。この問題が明るみに出たのは、混入され始めてから半年以上経ってからだった。たぶんもう十二分に私ダイオキシンを摂取しちゃったと思う。)があったしで、ここの方々「Bioだ!健康食品だ!」と言う前に、もっと足下を固めた方が良いと思う。



5/27、日本時間19時頃

本文一部修正。

また在ハンブルク日本総領事館HPトップでEHECのアクチュエルなインフォメーションが随時更新されているようなのでリンクを張っておきますね。ご参考までに。
http://www.hamburg.emb-japan.go.jp/jp/index.html

今朝のニュースだとスペインから輸入したキュウリが感染源の可能性大となっていました。
だったら何故スペインでは大騒ぎになっていないんだろう。
ドイツ人、野菜も手もあまり洗わないからか?(以前TV局が男性トイレに監視カメラを付け、どれだけの人が手を洗っているのか調査したのですが…書くのも恐ろしいパーセントの人が手を洗わず…)


6/2、日本時間夜中追記

その後、スペイン産キュウリが感染源というのは誤りであったと報道がありました。
http://www.cnn.co.jp/world/30002941.html
コッホ研究所よ…。



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/05/27 00:00 ] ドイツ生活・留学情報 | TB(0) | CM(9)

うちの学生寮、誰もそんな注意書き張ってくれてなかったので助かります!!
食品に関して、そこそこの頻度で問題が浮上しますよね。
彼らのbio熱もわかるような気がします。
今回に限ってはbioでも一緒かもしれませんが。
[ 2011/05/28 04:49 ] [ 編集 ]

1年前から読書です.

ありがとうございます.
ここがわれわれの第1報でした(笑).
[ 2011/05/28 15:00 ] [ 編集 ]

1年前から読書⇒読者です.

訂正です.
[ 2011/05/28 15:02 ] [ 編集 ]

>haruさん
ハノーファーは渦中のど真ん中ですから、警戒度が高いように感じます。
嗚呼、嫌なことにダイオキシン騒動の時も渦中の都市でした。
寮に貼られていた掲示物の内容は「よく手を洗え!」という、基本中の基本のことに対する喚起でした。
早く野菜が食べられるように、原因が解明されると良いですね。

>おのっちさん
多分あちら様で御座いますね(笑)。
御職場では話題に上っていませんでしたか?
今回は地理的に広い範囲で患者が出ているので、各地の研究所が競うように取り組んでいると聞きました。また「スペインのキュウリ」が確実でも、他の野菜も感染している可能性が捨てられないので、未だ研究所の人々は不眠不休だそうです。
絶対あそこのラボでもやっていると思います。
[ 2011/05/28 23:18 ] [ 編集 ]

えっ

ドイツでミットブロート食べて上記の症状が出たんですが。
外人が生魚にあたるように「ああ、あたっちゃったなー」くらいに思っていたんですが、まさか。
ビルデンさんのブログはある意味外務省の情報よりもリアルでためになります。

サラダ捨てちゃったんですか?私も同感です、もったいない・・・。
[ 2011/05/29 18:25 ] [ 編集 ]

初めてコメントさせて頂きます。

私はハンブルクで学生していますが、ハンブルクは最初に患者が大量発生したので先週末から大事になっています。

特に今回の感染者は3分の2が成人女性なので、私の彼氏も慎重になっていて、ニュースで生野菜のことが出たとき、冷蔵庫にあったキュウリとトマトを捨ててしまいました。トマトはイタリア産で加熱したらいいのにと抵抗しましたが・・・もったいないですが、やはり健康の方が大切だからと諦めました。

今回の大腸菌は、潜伏期間が10日間あって、患者の数がまだ減少していないので気をつけるにこしたことがないと思います。
[ 2011/05/30 07:00 ] [ 編集 ]

>megさん
パンに野菜の挟まれた物でも食されたのでしょうか?
こちらの菌に当たると血便が出るそうです。そうなら病院に行かれた方が良いですよ。

サラダ、感染源が解明され安全となったら食べようかと冷蔵庫に入れておいたのですが、もう日数的にアウトになりました。
サラダに「ゴメンよ」と念じながら捨てました。

>マリさん
常だと子どもが真っ先にやられるのに、今回は成人女性ばかり見たいですね。
潜伏期間が10日間もあるのですか!それは知りませんでした。
同僚に言われるまで全く注意を払わずに色々と食べておりましたので、気を付けておかねば。

お住まいハンブルクですか!素敵な街にお住まいですね。
ハノファー大の学生証を使って行けるので、半年に一回くらい気分転換をしに行っております。
[ 2011/05/30 22:27 ] [ 編集 ]

追記なのですが、今日のニュースで新しい患者の数が減少に転じたとのことです。あと一週間くらいしたら収束するかもしれませんね。

現在の所、死亡者10人の内9人が成人女性で、たった一人亡くなられた男性は、一人暮らしで職場の上司の通報によって自宅で発見されたらしいです。同居している人がいれば、倒れた時にすぐに救急車をよんでもらって助かったのかもしれません。(この方のHausarztはEHECだと気づかず、家に帰してしまったみたいです。)

ハノーファーには一度行ったことがあるのですが、Schlossgartenがとても綺麗だった記憶があります♪Niedersachsenの大学のSemesterticketは州内どこでもタダで乗れるって聞きました。その点、ハンブルクは一つの街で州なので、あんまり遠くには行けないのがちょっと残念です。
[ 2011/05/31 08:07 ] [ 編集 ]

>マリさん
お返事が遅くなりまして、申し訳ありません!

続報ありがとうございました。
その後、スペイン産キュウリは冤罪であったとなったそうですね。
スペイン農家の風評被害の話を耳にすると、日本の福島問題を思い出します。

そうです!ニーダーザクセンのSemesterticketだと州内全域のDB乗り放題&接している都市までの乗り入れが可能です。
ブレーメンの飛び地であるブレーマーハーフェンへも行けます。
この点だけはハノファーの学生であって良かったと思います。
[ 2011/06/02 23:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/286-ed524835















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。