2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サッカーを見、Eurovisionでご近所付き合いを考える。

写真はクリックで拡大されます。


 先週5/14(土)にハノーファー96のホーム最終戦があり、スタジアムで試合を見てきました!
人生初のスタジアム観戦でございます。対ニュルンベルク戦!

IMG_6536.jpg

IMG_6551.jpg

IMG_6467.jpg
(ハリセンの様に握りしめ、「ベシベシ」音をさせて応援するモノ↑。ハノーファーのサポーター席に配られた。そこはかとなくお洒落な感じがするのは何故だろう?VWマークの所為か?)


ニュルンベルク応援席に近い座席だったので、色んなモノが飛んできて、試合もさることながらそういった雰囲気を楽しんできました。
ハノーファーが3-1で勝ちましたよ!
(といっても、私別段のハノーファー96ファンでは無いのですが)



で、同日晩にはeurovisionと呼ばれるヨーロッパの国の多くが参加する音楽大会がありました。
去年のはこちらの記事で触れています。

公式HP:http://www.eurovision.tv/page/dusseldorf-2011

各国の予選を通過した国代表が、セミファイナル、ファイナルを戦う歌のコンクールです。
前回優勝者が開催国となります。
去年はドイツのLenaが優勝したのでデュッセルドルフ大会となりました。

今年の出場国はHP右下「all」と書かれている欄を見ていただければ分かりますが、「え、これヨーロッパ?」という国も入っています。
現在進行形で議論されているトルコなんかは確たる例です。
TV局の主催する大会なので、そこは大人の事情の模様。

 --------------------

ドイツはLenaが二年連続で出場。
彼女の地元であるここハノーファーではカフェでパブリックビューイングが開かれたり、レナがゲットした得点によって値引きセールをするという告知がされ、盛り上がっておりました。

Lenaが披露したのはこちら↓。

聞いて「優勝は難しいだろうな」と思った。
というのも、eurovisionは40以上もの国が参加しているので、万人受けするような曲じゃないと上位に選ばれないからです。
で、そんな彼女の今年の順位は10位でした。


我が道を行っているなと思った国→フランス。

オペラだ。
結果15位。

eurovisionでは各国の視聴者が自国以外のアーティストに投票し、その上位1~10位に点数が割り振られ、合計得点を競い合います。

例えばドイツのポイントは、
1位 オーストリア(12ポイント)
2位 ギリシャ(10ポイント)
3位 アイルランド(8ポイント)
4位 ボスニアヘルツェゴビナ(7ポイント)
5位 デンマーク(6ポイント)
(同様に6位以下10位まで、5~1ポイントが与えられます。)
と割り振られました。
ファイナルのポイント詳細はこちら↓の「scoreboard」をクリックすると出てきます。
http://www.eurovision.tv/page/history/by-year/contest?event=1553

そして「うちの国はどこどこの国に何ポイントあげるよ」というのを各国のレポーターが中継するのですが、各国に同時生中継されているので一番皆が分かる英語が公用語として使われています。独逸大会だろうと基本英語放送です。
しかし、フランスだけはフランス語で全てやりきっていた。
確か以前もそう。フランスリポーターの箇所だけ何言っているか分からん。
フランスの我が道を行くっぷりは感嘆の域でございます。フランス語圏外視聴者への気遣い無し!


私が良いなと思ったのはイタリア、スイス、ハンガリー。

イタリア↓。

ジャズだったので、得点は上がらないだろうと思ったが2位になった。

スイス↓。

しかしファイナル25国中25位だった。

ハンガリー↓。

力強いお姉さん素敵です。22位。


しかしeurovisionで私が一番面白いと思うのは、歌ではなく「どの国ポイントがどの国に行くのか」という点です。
隣国や関係の深いに投票される傾向があり、その国のご近所付き合いが分かるのです。
政治家によるものでもあるまいのに。
あと移民を多く抱えている国は、その移民の母国に票が流れることが多い。(この投票問題については日本語版ウィキペディアにも書かれていますね。)

コンクールなのに、歌の善し悪し以外に左右される場合があるのです。
しかもそこの所を視聴者も番組制作側も分かっててやってる。

例えばドイツが12ポイントをあげたお隣オーストリアはドイツに10ポイントを投票。
ドイツの解説者、「ありがとう!ご近所さん!」と御礼。
6ポイントをあげた北に接するデンマークからは8ポイントがドイツへバック(?)されました。
持ちつ持たれつで御座います。


一番分かりやすい例がノルウェー(自身はファイナル進出出来なかった)。
12ポイントをフィンランド、10ポイントをスウェーデン、8ポイントをアイスランド、7ポイントをデンマークへ。
上位全部北欧。見事なご近所への援護射撃です。

旧ソ連構成国のポイントもだいたいその中で回ります。

したがって優勝を狙うには、確実にご近所さんから票を貰い、細かにその他の国からのポイントを稼ぐことが重要になってきます。
ご近所さんにあまりポイントをあげないとそこの人から「点をくれると信じていたのに!酷いわ!」的なことまで言われる。げに恐ろしきご近所付き合い!

例えば今回、オーストリアの視聴者が選んだ10位以内にお隣スイスが入っておらず、オーストリアのポイントが1ポイントもスイスに来ませんでした。
ドイツ解説者「え!オーストリア、スイスにポイントあげないの!?」とコメント。
ネットにはスイスより「来年はオーストリアには投票せん」の書き込み多数。(スイスからはオーストリアに7ポイント入れていた。)
そして「次はUK(スイスに10ポイントくれた)に入れるから!」と。
歌のコンクールなのに、もはや歌関係ないじゃん。来年の歌を聴いてもないのに決めるのかい。という人もいるのです。

ベラルーシは毎年の様にロシアに12ポイント入れているのに、今年は5ポイントだけだったので、ドイツ解説者は「これはセンセーショナルなことになりました!」と言っていました。
ちなみにウクライナの12ポイントはロシア。

 --------------------

そんなこんなの捻ねた見方で今年のeurovisionを楽しみました。

 --------------------

あ、優勝はアゼルバイジャン↓でした。



「他にどんな曲が?」と気になる方は、上述したeurovision 2011のHP「all」の欄にある参加国名をクリックすると代表アーティストの詳細及び曲の試聴が出来ますのでお楽しみあれ。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/05/16 06:36 ] 他ヨーロッパ | TB(0) | CM(2)

こんにちは

はじめまして。いつも楽しく拝見してます。Eurovision私も見ていて同じようなことを思ってました。今回初めて見たので事情を知らなかったのですが、投票にはやっぱり政治的なものがあるんですね。あまり仲良しがいないのか私の住むハンガリーは得点が伸びなかったですi-229
[ 2011/05/17 03:57 ] [ 編集 ]

>Cifkaさん
いらっしゃいませ。こんにちは(^^)
近隣諸国で歌の流行が似ている。知られている芸能人が同じといったことがご近所で票が回る根底にあるようです。同僚が「特に南欧は他の国と全く違う言葉を各国が話している上、地理的にも近所の国があまりないから不利。何年か前フランスが猛烈講義して、大きな議論にもなったよ。」と言っておりました。言葉の問題は、近い言葉の国だと何と唱っているかだいたい分かるから、互いのミュージシャンを知っていると言うことらしいです。
またイスラム系の国は同じイスラム系の国に入れるという傾向もあり、キリスト系諸国はそこら辺を結構批判しています。この問題は突っ込んでいくとキリスト教系諸国にあるイスラム系コミュニティのコミュニケーション問題とも重なり、個人的には興味深いのです。

サンマリノやキプロスといった小国と英、仏、独といった大国の持つ投票権が平等なのも、端から見ていてマイナーな国が上位に行けるポイントだと思います。
人口を考えると明らかに一票の重さが違いますよね。

ハンガリー、90年代のハリウッド映画のテーマソングになりそうな歌だと思いました。得票が伸びず、残念です。北欧3国から結構高いポイントが入っているのは、何か共有するものがあるのでしょうかね。
ご近所だと、ルーマニア、セルビア、ウクライナが入れてますよ!余り高くないけど。オーストリアは2ポイントだけだ…。
[ 2011/05/17 23:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/276-a76ce06e















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。