2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

重ね重ねお願い申し上げましたのに。

報告書を日本へ提出する時期がやって参りました。

snap_bilden_201114114426.png
―――数日後 

20110118-12.png 

20110118-13.png 

20110118-14.png 


またかい!

(前回の報告書作成時のやり取りはこちら。→「あれ程お願い申し上げましたのに」)


先生実はイギリス人なの!?
もしくはアメリキャン??

あれ程ドイツ語でと申し上げたのに、何故わざわざ英語で書くの。
「もちろんドイツ語でも書けるけど」って、こっちとら端からそれで書けと申しとりますわい。
あなたの母国語で書けと!

報告書だから国際ルールでと気を遣った結果なのかしらね。
ほほう。以前「俺はプロイセン将校、お前は一兵」宣言した方が最近は丸くなりましたね。
でもね、先生。気を遣う前に人の話を聞いて下さいましっ。
「忙しい忙しい」連呼しているに人に駄目だしなんか出来ないのよ、私!


20110118-15.png 


しかも、適当にちゃちゃっと書いて見直さずに人に渡してくるモンだから、微妙にドイツ語が混じっている。
例)It heisst~
↑こんなのはまだ解りやすいので良いのですが、英語にもありそうなスペルのドイツ語単語なんかは「英和辞典に意味が載っていないわ。これなんぞ?」と頭を抱えちゃうのさ。

 --------------------

二度あることは三度あるパターンなのか。結果は半年後に乞うご期待。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事

こんにちは。
最後の絵、悪そうな顔ですね~。
笑ってしまいました!
気持ちがよく表れてます!!

教授の英語にドイツ語がまざるのは、わかる気がする。
わたしも英語の文で、betterを無意識にbesserって書いてたり、
waterをwasserって書いてたりする。頻繁に。
似てるんですよね~。

しかし、なんでわざわざ英語なんですかねぇ。
なんどもお願いしてるのにね。
[ 2011/01/21 03:02 ] [ 編集 ]

わはは。
こういう方、日本にも結構いらっしゃるけど、
ドイツはかなり頻繁に生息してると思う!
私の友人にも、、、
ケンカ売ってるとしか思えない、、(いつかきっと殴る、、ふふふ)
文化の違いとはまったく異なる、価値観の違い、、
自分の思う良い事がみんなにとって良い事っていう考え、、、
そしてまっったく気付かない、、、
根暗の私には全く持ってうらやましい性格だーーー。
bildenさんの周りは結構キャラ立ちしてる方が多いですね(笑)
※Rossiは私も大好きです。最近はミニライブが良く開かれてますよね~、どれかに行った事あります??
[ 2011/01/21 04:30 ] [ 編集 ]

もちろん

もちろん,次も英語のほうに一票!

それにしても,ものすごく強烈なお方…,プロイセン教授!
私の日本での指導教授と同じ性格とお見受けします….

でも,Bildenさん,実はプロイセン先生を憎めない???

------
最近,"the"を"tha"って書いてしまいます(笑).

[ 2011/01/21 08:10 ] [ 編集 ]

ワタシも

プロイセンの一兵さま

ワタシも次も英語に一票ですね!絶対!
大学の先生の特技は・・・直らない(治らない)ですもの・・・苦笑
しかしプロイセンの教授、おもろすぎます・・・
[ 2011/01/21 10:56 ] [ 編集 ]

>CHKさん
悪そうな顔ばかりしているので、すっかり板についてしまいました。
先生の書かれた原本も訳と併せて提出するので、英語とドイツ語の混合やスペルの混合(前半英語の綴りで後半がドイツ語の綴りになっている)を修正しないといけないのですが、いかんせん私は英語もドイツ語も「アレ」なのでもう何をどうして良いかこんがらがります。
ドイツ語で書いてくれさえいれば!
私は英文を書く時、「あれ?名詞って大文字で書くんだよね?違う??」から心配になり辞書を開きます。

>pusukeさん
紛う事なきご近所さん!
Rossiのイベントには未だ行ったことがないので、「いつかは」とは思っています。
あそこって「カフェの泡立て大会で3位になった」って噂は本当ですかね?

ドイツ人の「規則やルールを重んじる」って、相手を尊重してのことではなく「マイ・ルールを曲げないぜ!」って性格だろうと最近思います。だから人の話を聞かずマイ・ルールで切り込んでくるので「ちょっとは人に譲ろうよ!ってか先ず話を聞け!」と思う。
あと意見が合わないときにスルーできず、延々と持論を言う人もこの気が強い方だと思うのです。
私の身近には「マイ・ルール」にそぐわないときは公共の規則だろうとねじ曲げる人が居ります(笑)。曰く、「あっちの解釈の方が間違いなんだから従う必要ない」と。

変なキャラの人ばかりが周りにいて疲労困憊です。
ドイツ人だけじゃなくロシア人、アメリカ人、韓国人、ポーランド人も中々強烈なのが揃っているので恐ろしい。

>コアラさん
憎むも何も悟りの境地で生暖かく見守っています。
もう何しても無理。この人。

私は英語のdie(ダイ)がdie(ディ)にしか読め無くて「女性名詞出てきたっけ?」と延々と探したことがあります。諦めて英和辞書引いたら「ダイ」だった。
中学生で習う単語がもう…。

>Sallyさん
現代ドイツに住みながらプロイセン軍に強制入隊させられていました。
徴兵制を敷かれていた模様。私は一体何処のカントンの者なのでしょう…。

プロイセン教授、見ている分には面白い人ですよ!
ええ、ホント。見ているだけなら…。
[ 2011/01/22 00:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/236-5095b06c















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。