2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鳥に始まり鳥に終わった一年。

師走の話。
(写真はクリックで拡大されます。)




IMG_5414.jpg


街を散歩していたら、鳩が雪の積もっていない軒先に寒そうに縮こまっている姿を目にする。
首を目一杯胴にめり込ませ耐えている。
気の毒な。
でも……可愛いな。この姿。
と、たまたまカメラを持っていたので写真に収めようと鞄をごそごそす。

そうしますと全羽が「くわっ」とこちらを見やりまして、羽を広げ―――

20101226-22.png

まさかの鳥の強襲アゲイン!

ファーストアタックについてはこちらの記事参照→「激震!不法占拠」

何!?
私何もしていないよ!
2メートルくらい離れたところから、その姿を撮ろうとしただけよ!
確かに寒さに震えているお姿を可愛いなんて、サドっぽくて君たちの逆鱗に触れるかもしれないけれどさ。何故ばれた!?何故襲う!?

ってな自問自答をすること瞬きの間。
気付いたら

20101226-23.png

こうなっとりました。

野生(?)の鳥に乗っかられたの生まれて初めて。
驚きや感動よりも先に「糞は止めて!」と日本語で叫んでいました。

正味5秒くらいで飛び立ってくれたので被害には遭いませんでしたが、その後もなかなか私の周りから離れず、人の足下をうろうろする鳩一行。君たちの目的はいったい何なんだ!

IMG_5404.jpg

人の方を気にしながら、雪の上をつんつくしてる。

あ、解った。
この子達、私が鞄を漁っているのを見て「餌をまきに来た人」と勘違いしたんだ。
だから人の肩に乗るわ、今はこうして足下に餌が巻かれていないか探すわしているんだ。

そういえば、ここのところ近所の林に住んでいる鳥が、常ならぬ距離まで人の側に寄ってくると思っていたのよね。そして逃げずにこちらの様子をうかがっている。
理由はおそらく同じ食糧難か。
今年はずいぶんと早い時期から雪が積もっていたから、十分な蓄えも出来なかったんだろうな。


--------------------


他の鳩が元の位置に戻っても、諦めきれず人にたかり続けた強者。↓

IMG_5403.jpg

IMG_5407.jpg

見づらいですが、人に向かって飛んでいる姿を撮れたぞ。


何度か目のアタック後、漸く諦め最初のポジションに戻っていきました。
それが一枚目の写真です。

--------------------

ブログには書いていませんでしたが、2009年の年末にサンスーシー宮殿で白鳥に手を「ぱくり」とされて以降、2010年は鳥とのご縁が深い一年だった。

IMG_28611.png
「ぱくり」され後、満面の笑みのお馬鹿さん。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)

関連記事
[ 2011/01/03 13:00 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/228-bbcc6a04















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。