2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

春の味覚の終わり

シュパーゲルについて→コチラ

私はシュパーゲル(Spargelを買うとき、だいたいいつも同じ八百屋さんを利用しています。
というのも、そこの八百屋さんは回転が速くいつも新鮮なのがおいてある上、お値段もそんなに高くはないからです。


この八百屋さんはトルコ系家族経営のお店なのですが、私が買いに行くといつも同じお兄ちゃんに対応されます。全くの偶然なんですがね。
彼は大変フレンドリーな人物で、お客さんにいつも二言三言話しかけています。


で、シュパーゲルなのですが、私は一人暮らしなので一度に500グラムほどしか買いません。
するとこのお兄ちゃん、大概「500グラム!?少なすぎだよ。もっと買いなよ。」とせっつく。
こちらも「でも一人暮らしで食べきれないから。」と応対。
されど向こうも商売人「何だよ、食べきれないなら俺も食べに行ってやるから。はい1キロ」と軽口をたたきます。
ほほう、ならばと「だったらこのシュパーゲル奢っておくれよ」と返答させていただきます。
そうしますと、笑いながら500グラム取り分けてくれるのです。(たまにこちらが1キロ買うときもありますが。買えば買ったで、1キロくらいあっという間に食べられちゃうんですよね。美味しいから。)


なんとこのやりとり、私がハノーファーに住んでから毎初夏の毎週末続いています。
もう「お約束」。
毎度同じ台詞がすらすらと出てくるので、「このお兄ちゃん、きっとみんなに同じ事言っているんだろうな。こちらののことは覚えていないんだろうな。」と思っていました。



ところが先日、衝撃の展開が。
「もっと買えよ」、「いやいや、食べきれる量で結構」までお互い俳優さんの様にいつもの台詞スラスラと読んだところ…



spargel.jpg



と。

アレ?いつものやりとりと違う!?
ちょっと悲しいことをしみじみと言われた!
なおかつ「頑張らなきゃ駄目だよお前」的な目をされちゃったよ!




無防備なところに鳩尾入れられたのと同様の威力がありました。



シュパーゲル、だんだん細くなってきてもう旬の終わりになってきましたね。
この兄ちゃんとは来年も同じやりとりを繰り広げるのだろうな。




<ブログランキング> 
↓をワンクリックしていただけると励みになります。

  人気ブログランキングへ   ヨーロッパ在住の日本人によるブログ



前回の記事の続きは週末にでも書きます。
関連記事
[ 2009/06/27 00:56 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/22-9163124d















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。