2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Weihnachtsmann問題解明!

先ずは昨年書きましたこちらの記事をご覧下さい。→Frohe Weihnacht!


一年を経て漸くWeihnachtsmannとChristkindの問題に解が!

20091224-8.png

伝統的にクリスマスプレゼントをドイツに持ってくるのはChristkind!
でもアメリカ&コカーコーラの影響で「サンタクロース」がポピュラーになり新たに生み出されたのがWehnachtsmann!(アメリキャンありきだった模様!)彼の歴史はまだ短い。

聖ニコラウスは12/6にやって来るので、ニコラウスにちなんだ名前は使えず、まんま「クリスマス男」って名付けたんじゃない?ってのが周りの所見です。

物知りドイツ人一名と敬虔なカトリック信者を親に持つ同僚の二人が同じことを言っていたので、多分合っているんじゃないかと思う。同僚は「サンタは聖書には出てこないから、本来の教義からはずれるんだよ!」と子供の時分にお父さんから教えられたそうです。
20091224-7.png

この問いに対する答えは、「伝統的にはChristkind!」でした。


<12/15追記>
Christkindは子供のイエスのことです。
イエスの誕生は新約聖書にあることなので、Christkindという単語そのものが書かれていなくともChristkindが12/25に現れ祝福を与えてくれるのは理に適っているという解釈になるそうです。
対してニコラウスは全く別の日の聖人。

同僚の思い出話によりますと、
「キリストは24日の深夜(25日)に生まれるのは知っているよね?だからChristkindもその時間にやって来るの。生まれ来るキリストその人だから!24日のミサはだいたい25日に日付が変わる頃に終わってね、家族で家に帰ると玄関の前でお父さんが『おや?家の中から音がするぞ?ちょっと様子を見てくる。』と先に家に入るの。で、妹ともしかしてChristkindが来ているのかな?ってワクワクしながら待っていると『チリンチリン』って鈴の音が聞こえてね。それからお父さんが『あ!Christkindが居た!』って叫ぶのよ。妹と急いで家に入るんだけど、その時にはもうChristkindは出て行っちゃった後。でも、もみの木が置かれている部屋の扉が開けられていて、そこにはChristkindからのプレゼントが残されているのよ。ちなみにドイツではこの時までもみの木が置かれている部屋の扉は閉じておくのよ。もみの木はクリスマス当日にはじめてお披露目されて1/6の東方三博士の日まで置いておくのよ。」
とのこと。

靴にものを入れていくのはニコラウス!


<12/15更に追記>
この問題に関する論文を発見!
理解した!ようやっと解ったぞ!!

話しが長くなるので、明日にでも別記事で書くことにします。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2010/12/15 01:39 ] ドイツと季節の風物詩 | TB(0) | CM(3)

こんにちは~。

願いもむなしく、遂に雪が積もってしまいました。
今回の帰国はどうなることやら・・。
とっても心配です。

この前のOper楽しかったですね。
もう次が楽しみです!

クリスマスにプレゼントを持って来るのは、
私の周りでは一貫して”Weihnachtsman"ですね。
Christkindはあまり耳にしないです。

どちらにせよ、子供って何歳まで信じてるのかな?
最近の子は、かわいくないから(笑)、
もう早いうちから、わかっちゃってるのかも。
[ 2010/12/15 02:37 ] [ 編集 ]

問題は

ChristkindがWeihnachtsmann以前にプレゼントを運ぶぜ的な役割を果たしていたかですよねえ.

Christkindがプレゼントくばるってのも聖書にはないのではないかと思うんです.
そのあたり,どーでっしゃろ?
[ 2010/12/15 03:19 ] [ 編集 ]

>CHKさん
折角一度溶けたのにね~。
私も今朝この状況を見て「あらあら、CHKさんの飛行機大丈夫かしら」と思いました。空港が頑張って除雪に励んでくれることを願っています。

10才くらいのお子さんを持っている人が、「クリスマスプレゼント希望リストが子供から届いた。希望順位にかかわらず高くて大変だ!」と言っていました。それは一応Weihnachtsmann宛のリストらしいです。実際のところ信じているのか否かは分かりませんが。
内容聞いたらMPプレイヤーとかゲーム機とか日本の子供の願いと変わらないものでした。
どこの国も大人は大変だ。

>かもさん
ChristkindがWeihnachtsmann以前にプレゼントを運ぶぜ的な役割をしていたか否かは聞いてなかったのですが、何でChristkindが理に適っているのかというのは聞いていました。
書くの忘れてた(>_<)
後で本文中に追記しておきますね。
[ 2010/12/15 05:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/219-7e66368d















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。