2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Die Deutschen

歴史をかじっている連中が口を揃えて「凄く良かった!」というTV番組があります。
ZDFの「Die Deutschen(ドイツ人)」です。

数年前に全10話で放送され、毎回その時代を動かした人物を追うことによってドイツの歴史の中でターニングポイントとなった出来事が紹介されていました。
私は放送を見ることが出来なかったのでDVDを購入し所持しとります。

「Die Deutschen」HP:
第一期
http://diedeutschen.zdf.de/ZDFde/inhalt/3/0,1872,8126211,00.html

内容は
1. OTTO UND DAS REICH(オットー大帝/神聖ローマ帝国)
2. HEINRICH UND DER PAPST (カノッサの屈辱/皇帝と教皇)
3. BARBAROSSA UND DER LOEWE (フリードリヒ赤髭王とハインリヒ獅子公)
4. LUTHER UND DIE NATION(ルター)
5. WALLENSTEIN UND DER KRIEG (ヴァレンシュタイン/30年戦争)
6. PREUSSENS FRIEDRICH UND DIE KOENIGIN
(フリードリヒ大王vsマリアテレジア)
7. NAPOLEON UND DIE DEUTSCHEN (ナポレオンとドイツ人)
8. ROBERT BLUM UND DIE REVOLUTION
(ロベルト・ブルーム/48年の諸革命)
9. BISMARCK UND DAS DEUTSCHE REICH (ビスマルク)
10. WILHELM UND DIE WELT (ヴィルヘルム2世と世界政策)

です。
上に載せたHPの番組アーカイブから番組そのものも見ることが出来ますので、気になる内容がある方はご試聴あれ。下にもいくつか引用で映像リンクをはっておきましたが、上記のZDFのHPにあるアーカイブの方が大画面で楽しめます。
全部まるまる無料で見られるって太っ腹!NHKもこういうコトしてくれない物か…。
時代考証がしっかりしているので、言葉が分からずともその時代の雰囲気を掴めますよ。

芸が細かいのが、言葉の問題。
例えば1話目のオットーは古ザクセン語を使っておりますし、6話のサンスーシ宮殿におけるフリードリヒ大王とその取り巻き達はフランス語で話しとります。大王がフランス語で会話し、書を記していたのは有名な話です。

2話↓は有名なカノッサの屈辱のシーンから始まるのですが、こういう再現VTRを見ると「まさに1000年を経て『屈辱』と語り継がれる事件だな」と思います。



またマニアックな方には再現ドラマの間に挟まれる歴史家のコメントもお勧め。
DVDを購入すると研究者のロングインタビューも収録されているのでもっと良いですよ。
各話数名の研究者がコメントしているのですが、ロングインタビューでは各々が同じ質問に対し自説を答えているので、「ほほう。この人はこう解釈するのね。」と興味深い。


6話↓。カッテの処刑シーン、この頃はこういう処刑の仕方だったのですね。ギロチン以前。一発で仕留められるのだろうか。この時代の剣は切れ味も悪そうですし、嫌だなぁ。Neugebauerも出てますね。この方こんな顔をしていたんだ。



10話↓。多くのドイツ人が眉をひそめるヴィルヘルム2世。
彼は左手に障害を抱え、そのコンプレックスや治療による後遺症が彼の性格形成に多大な影響を与えていたと言われているのですが、そういった彼の幼少期の話も入ってます。そうそう、彼はかの大英帝国女王ヴィクトリアの孫なんですよね。
またこの時代から同時代の映像史料も残っているので、生々しさが増します。戦争の形態もそれ以前と激変しているので尚更です。
コメンテーターにRoehlがー!この人の本は全てが全て大著過ぎるんだ(涙)。Winklerはまだまだお元気そうで。




で、なんで本日突如としてこんな話題を書いたのかともうしますと、第二期が現在放送されていて、更にもうDVDで売っているのを発見したからです!

第二期HP:
http://diedeutschen.zdf.de/ZDFde/inhalt/12/0,1872,7272428,00.html

既にTV放送が終わっている分までは、第二期もHPで視聴できます。
DVDではもう全巻セットが購入できるようです。

1. Karl der Grosse und die Sachsen
2. Friedrich II. und der Kreuzzug
3. Hildegard von Bingen und die Macht der Frauen
4. Karl IV. und der schwarze Tod
5. Thomas Muentzer und der Krieg der Bauern
6. August der Starke und die Liebe
7. Karl Marx und der Klassenkampf
8. Ludwig II. und die Bayern
9.  Rosa Luxemburg und die Freiheit
10. Gustav Stresemann und die Republik

今回は日本人の大好きなルートヴィヒ2世も入っておりますねー。
おお、カール大帝もいらっしゃる!フランスと「どっちの国の人か」で揉める方。フランス語名だとシャルルマーニュです。アーヘンで聖遺物が見られます。



引きこもりがちな冬の暮らしに、こんなTV番組は如何でしょうか。

あ、私決してZDFの回し者ではないですよ。



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2010/12/10 00:00 ] ドイツの歴史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/216-753eaa92















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。