2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘルムート・シュミットの講演

同僚が10/20にベルリンの日独センターで行われたヘルムート・シュミットの講演会に参加してきたそうだ。
参加理由は
「この日たまたまベルリンにいるんだし、齢92歳のシュミットの話を聞ける機会なんてもう無いかもしれないから是非行っておこう」
というものだったらしい。

その日の晩、シュミット夫人がハンブルクで亡くなった。

同僚は「何だか変な感じがする。一つの節目に立ち会ったというか…。シュミットの語り口調はしっかりしていたし、話も面白かったけど、彼と年齢が変わらない奥さんが亡くなったというのは一つの時代の終わりに思える。講演のテーマが彼の時代を振り返って、今後の近隣諸国との考えるものだったから、尚更何か総括の現場に立ち会った気がするというか…。」と呟いておりました。

テーマは「ドイツ、日本そしてその近隣諸国」で、ベルリン日独センターの開設25周年記念講演だったそうです。
日本からはシュミットと同時代に仕事をされた中曽根元首相が参加され、同じ内容について話された模様。


同僚がもの凄い眉間に皺を寄せて考え込んでいたのが印象に残ったので、日記に書き残しておきます。
流れで、冷戦中の話と今の日本と近隣諸国の問題を彼女と話せたのは脳に良い刺激になった。


私はと言うと、同僚に教えて貰うまでシュミット夫人逝去の報を知らずにおりました。
だって昨日今日とニュースはシュトゥットガルト21の話ばかりで「またこれかー。」と適当チラ見しかしていなかったのだもん。
これもどうなるんだろうなー。



シュミット夫人のご冥福をお祈りいたします。



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/200-31810d74















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。