2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシア土産のケーキ

昨日アルプスの方で初雪が観測されたドイツです。
日本の皆様はお元気でしょうか。

------------------------------------------------

ロシアに講演旅行に出ていた教授が帰ってきた。

ウラル山脈近くまで行っていたらしい。
体調が悪いというのに凄いバイタリティー。
戻って直ぐ病院に検査に行っていたが、大丈夫かな。


で、先生が研究所に持ってきたそのロシア土産↓
 
DSC00316.jpg


ドイツでは滅多にお目に掛かることのないカラフル着色料のケーキ!
角が欠けているのは、教授が既に家で孫と食べたから!

同僚「ケーキ部分はバウムクーヘンに似ている見た目ね(切り口から層が見える)。」
私「…味もそうだったらいいね。」

で、恐る恐る1/4大を更に半分にして食べてみる。

感想:
私「…うっ。アメリカとイギリスのケーキを思い出した。」
同僚「分かる!」


クーヘンの層じゃなくて、甘い上に油っぽいバタークリームとこれまた甘い生地が層になったケーキでした。
一口で「濃っ!甘!カロリーーーー!!」となった。
白い部分は生クリームじゃなくて、砂糖とメレンゲの合いの子みたいなやつで無論激甘。ザリザリ音した。マナー違反と言われようと知るモンかと、はがして食べました。
だって口にしたらGaensehaut(鳥肌)が立ったんだもの。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/197-5b9e6edd















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。