2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英仏独と掛けて中韓日と解く。

同じアジア出身の同僚と、トラム車中で世間話をしとりました。


20100826-041.png

20100826-042.png

20100826-043.png

20100826-044.png


「中国、韓国、日本文化の違いが分からない」は何度か遭遇しましたが、
韓国語、日本語の存在まで知らない人がいたとは!!
信じられんがいちゃったんだから仕方がない。


20100826-051.png


「確かに日本は中国から伝わってきた文字を使ってはいるけど、言葉は全く違うんだよ」
と説明しはじめた私を遮る同僚。
「この手の人が二度とこんな質問をしてこない回答の仕方を教えるから。」
「J, Ja!」



「それはね––––––」



20100826-052.png



「ドイツ人がフランス語を話すと言われたら嫌でしょ?」
「フランス人も絶対ドイツ語を話すワケないわ。」
「文化もごっちゃだったらイギリス料理とドイツ料理が一緒になるのよ。」
「先ず以てこの3国性格が全く違うじゃない。」
「戦争もしょっちゅうしてたし。」



20100826-053.png




激震走る。



20100826-054.png




同僚、圧勝。




しかもこのドイツ人Es tut mir leidじゃなくってEntschuldigungで詫びたよ。
そんな間柄に当人(私)を前にして当人(同僚)が例えちゃうって…。
強い。強すぎるぞ、同僚。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同僚曰く、ああ説明して納得しない人はいないらしい。
確かにもやもやっとした近隣関係を説明するには、とてもわかりやすい例えだ。

英仏独の場合、互いにけなしあうのがジョークの基本みたいなところもありますよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あ、誤解の無いように書いておきますが、この同僚、大変面倒見のいい人でいつも私の世話を焼いてくれます。
彼女がいなければドイツでの生活基盤を作れなかったという位、色々と助けてくれた人です。
Zeckenの時も彼女が教えてくれたのでした。)
だからこんな話になったって、彼女と私の信頼関係とは別物なのです。



<3つのブログランキングに参加中>

br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事

名案ですね

はじめまして。
私も台湾人の友達と話してる時に
「なんでドイツ語で話してるの?」と言われたことがあります。
その質問をした人は「中国語と日本語は似てるんじゃないの?」と
いうカンジでしたので、さすがに日本語の存在は知っていましたが・・・
大半のヨーロッパの人はやはりアジアについて知識が乏しいですよね。
(多くの日本人もヨーロッパについて知らないですが・・・)
この中韓日の関係性を英仏独のものと例えるのは、なかなか分かりやすい説明ですね~
私も今後こうやって説明してみようかと思います^^
[ 2010/09/11 23:17 ] [ 編集 ]

日本と中国の混同はよくありますね笑
アジアはとりあえずごちゃまぜな気がします。
「あいさつの時は手を合わせるんでしょ??」とか。
日本語の存在を知らない人がいるのはびっくりですが、
その一方で日本でも「スイスの公用語はスイス語ですよ!」って言ったら
あそうなんだーって言う人も多い気がしますし
どの国でどの言語が喋られているのかについての知識は
特に遠い国になると、そんなもんなのかなぁとも思います。
[ 2010/09/12 06:53 ] [ 編集 ]

>ふみさん
どうもこんにちは。
私も台湾人の友達と話している時に、ふみさんと全く同じ事を言われたことがあります(笑)。
中国語と日本語を似ていると思っている人はかなり多いですよね。
しかし、日本語の存在すら知らない人は今回が初めてでした。
この説明、機会があったので私も使ってみたところ、ヨーロッパの人には大変わかりやすい様で皆直ぐ納得します。ふみさんもぜひどうぞ。

>haruさん
東アジアのみならず、東南アジア、インドともよくごっちゃになっていますよね。
ごっちゃにされる度、この韓国の同僚と「せめて東アジア内で!」とつっこみを入れていますが追いつきません。
言われてみれば、確かにスイス語の間違いありそうです…。
こういう間違いはお互い様なんですよね!
私は今、ヨーロッパに暮らしているのでヨーロッパ内の事は何となく分かってきましたが、アフリカとか南米の文化に対してはこのドイツ人と同じ事を言ってしまいそうです。
[ 2010/09/13 17:51 ] [ 編集 ]

Zecken!

本題とはずれますが、「Zeckenのとき」というのをクリックして・・・
私も、以前、姪っ子にカブトムシを見つけてやろうとして、森の中の草むらに入ってダニにやられたことがあります。
あの、黒い塊・・・私は風呂で体を洗っていたら、ほくろでもないのに黒いものがついているのに気がついて、思い切って引き剥がしてみたんです。
良く見ると、足があってなにやら動いているではありませんか・・・
あとは、インターネットで調べて、ゾッとしました。引き剥がすときは必ず専門医に、体を持って引っ張ると、体の毒が体にはいって特によくないとのこと)発病していないようなので、大丈夫だとは思うのですが。
もう、ほとんど忘れかけていたのですが、読ませていただいて思い出しました。ドイツでもあるのですねぇ・・・・。
本題と関係なくてすみません。
ところで、日本にいるときは容易に、アジア人の区別がつくような気がするのですが、ドイツに来てから、さっぱり見分けられなくなりました・・・。なぜ?
[ 2010/09/24 15:07 ] [ 編集 ]

>pspegpさん
お返事が大変遅れまして申し訳ありませんでした!そしてコメントどうも有り難うございます(^-^)

Zecken、ドイツにはうじゃうじゃおりまして、4-5月はシーズン入りなのでTVやラジオでZecken特集がよく組まれています。
こちらでは一般常識レベルの虫だそうです。
pspegpも刺され仲間ですね!お互い無事で本当に良かったです。

私はまだ高アジア人見分け率を保っておりますが、長い間こちらに住んでいる方相手だと間違えます。おそらく、母国で買ったものではなくこちらのものを身につけているからだろうなと思っています。
私自身、こちらで買ったものを着ていると「日本にはいないよな~。」という見た目になることが。
一度遊びに来た姉には「その格好で東京は歩けないよ!」と言われました!
ドイツじゃ当たり前のアウトドアルックでです。
[ 2010/10/10 09:39 ] [ 編集 ]

>あさん
一般的にはそうですね。でもドイツと対応させたいのであえてこう書きました。
頂いたコメントは乱暴であり誹謗中傷ですので削除しました。
[ 2013/01/07 17:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/186-adf3af20















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。