2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これはない。

同業者springinsfeldさんのブログ「Short Cuts」の7/31の記事

当人のブログにコメントできなかったのでこちらに書かせていただきます。

いくら何でもこれはナイナイ。
君の友達凄すぎだ!

<8/29追記>
これはアリアリ(!)だったらしい。
詳しくはコメント蘭を参照のこと。


<ブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif      ランキング           ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
人気ブログランキングへ       FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)

関連記事
[ 2010/08/26 20:00 ] ドイツと季節の風物詩 | TB(0) | CM(6)

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいてます。
いつも読み逃げを決めているのですが(←失礼)今回は思わずコメントです。
<いくら何でもこれはナイナイ。君の友達凄すぎだ!>
いいえっ、あるのでスッ!
ミュンヘンのイギリス庭園に来てみてください。あちこちにブラブラウヨウヨいますよこんなの。イーザー川沿いだってふと目をやるとそこにはブラブラが、、、、v-405
ビルデンさんごらんになったことないのですか?
ミュンヘンではなくても→http://phary.blog41.fc2.com/blog-entry-491.html
おドイツでは普通みたいです。
[ 2010/08/27 14:54 ] [ 編集 ]

>pharyさん
書き込み有り難うございます!なんと私もpharyさんのブログを読み逃げさせ頂いておりました(笑)。タイトルが秀逸でいらっしゃる。

あるのでスか!?
3度ハノーファーで夏を過ごしましたが、全く気付きませんでした!!
私が見たことがあるのはパンツ一丁か芝生で水着姿になって焼いている人までです!女性のトップレスは見たことあるけど…。ハノーファーがベルリンやミュンヘンの様に大きな街ではないからなのか?私が知らないだけなのか?
いずれにせよ異国生活まだまだ驚きに満ちあふれておりますね~。
次お天道様が輝いた暁には、ハノーファー一大きい公園に行って確認して参ります!
[ 2010/08/27 15:45 ] [ 編集 ]

ども

タイミング良くミュンヒェン滞在中(明日には帰るけど)のspringinsfeldです。

そう、ミュンヒェンの英国庭園にもいっぱいいるのですよ、裸族が。七月に来た時はもっといたけど、昨日は天気が良かったので出没してました。基本的には旧東ドイツで盛んだった文化(ということになっている)らしいですがね。

この話題、あんまり可笑しいから調子に乗ってよくドイツ人に振るのですが、良い顔をしない人も結構いますね。。
[ 2010/08/28 04:25 ] [ 編集 ]

>Springinsfeldさん
どもども。ミュンヒェンいいな。仕事ですかい?
1時間知らないおじさんに説教をされたトラウマで、行きたいのに近づけない街だわ。君は堂々と出来て羨ましいわー。

貴方のブログを見たときはびっくりしたよ。アリなんだ…。凄いな…。
もうハノーファーは涼しいので、晴れ間が出ても裸族は出没しそうにないよ。
来年は注意深く観察することにします。

しかし私と同じくらいここに住んでいる日本人の人にこの話をしたら、彼女も裸に近い格好で日光浴をしている人は見たことはあれど、ぶらぶらしている人やモロのお方は見たことがないって言っていたよ。
地域差があるのかな?週明けに教授に聞いてみようと思います。ハノーファーにも裸族はいるのかと!

DDR発祥(ということになっている)ってのは興味深いね!
最初にやった人たちはなんか主義主張があるのかな?「全てからの解放!」なんちゃって。誰か研究していないかね。もの凄い興味深いテーマなのですが。
[ 2010/08/29 07:16 ] [ 編集 ]

ええ、なぜかサターンで売ってた特急格安チケットを使って、史料調査に行っておりました。バカンスに続いてさすがに旅疲れだよ。。

FKK(Freikoerperkultur)の話、俺の情報源はその名も『ニセドイツ』という本です。サブカル本だけどおもろいよ、これ。
ちゃんとした研究もあるのかもしれないけど、とりあえずこの本の中では抑圧的な体制下での「自由」を示唆しています。

またいずれ、おたくの教授の反応とか聞きたいね(笑)。
[ 2010/08/30 04:53 ] [ 編集 ]

>Springinsfeldさん
そのチケット毎年売っているよ。何でサターンとDBがコラボしているのかは知らないけど。
旅疲れとは羨ましい!

裸族文化はFKKって言うんだ。勉強になりますm(__)m
この問題、何だか「路上喫煙は反プロイセン的振る舞いに端を発する」ってのと同じ臭いがするね。
益々以て興味深いな。社会史的にやれそうじゃないかい?

『ニセドイツ』って本、次日本へ帰ったときにチェックしてみるわ。
中々挑発的なタイトルね。

ウチの教授、昨日まで学会でアムステルダムにいて今日会える予定だったんだけど、荷物家に置いたらその足で今度はベルリンへ行っちゃったよ。落ち着き無い人だ~。
[ 2010/08/30 22:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/179-0f026647















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。