2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界・わが心の旅(2)~すっぽんぽん

もうとっくのとっくのとっくのとうにお忘れかもしれませんが、こちらの記事の続きです。



今回の旅のメイン目的地であるホーエンツォレルン城は、南ドイツのバーデン-ヴュルテンベルク(Baden-Wuerttemberg)州内にあります。

Baden…つまりは温泉…
そう、ここは世界的に有名な温泉保養地バーデン-バーデン(Baden-Baden)があるところではないですか!

「それは是非とも寄って入らねば!」ということで、バーデン-バーデンで日頃の疲れを癒してから旅をはじめることに致したのであります。

20100712-11.png

私が一人抜け駆けして行ったのは、恐らく世界で一番有名な温泉であるあのカラカラ浴場です。
水着を着用しての入浴、大きな浴場と、我々日本人には温泉と言うより「温水プール」といったイメージの方が近い感じ。しかしここが特別なのではなく、ドイツの温泉は大概そんな感じです。

カラカラ浴場は世界的に有名過ぎて観光客が多いので、ちと五月蠅い騒がしい。
バーデン-バーデンは特にロシア人観光客が多いのですが、こちらの皆さんの入浴マナーが芳しく宜しくない。
サウナの入り口に「おしゃべり禁止」の看板があっても、どなたも意に介さずで声音が鳴り響きリラックスどころじゃない。

「たまに行くハノーファー近郊の温泉よりちょっと大きいくらいで、目新しいものではなかったな。ハッスルし過ぎている観光客が多くて五月蠅いな。私はもう少し静かなのが良いな。」

というのが私の正直な感想でございました。

だからオオカミとは別の浴場…もう一つのフリードリヒ浴場へ行こう!ということになったのです。



––––翌日(日曜日)、フリードリヒ浴場にて

20100712-12.png

二人とも古代ギリシャ人みたくなっているのは、貸し出されたタオルがシーツみたいな物だったから。
我々の身長ではどんなに巻いても布が余る。

フリードリヒ浴場の面白いところは、入浴プログラムが決められていることです。
各湯船や各サウナの入り口に番号と入浴時間が貼られており、湯治客は自分でその番号順に回っていくのです。全部で約2時間程かかります。

で、番号1番はシャワー。そうですね。入浴前には体の汚れを流さねば。

20100712-13.png

男女混ざって真っ裸でシャワー。

え、何で男性女性混じって裸?
そうです。こちらフリードリヒ浴場は着衣不可の男女混浴温泉(日曜は完全混浴。平日は大浴場のみ混浴。)なのです。
私にとって人生初の混浴でございます。


こうして見つつ見られつ(?)の素っ裸体験2時間の幕が切って落とされたのです。

20100712-14.png



<ブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif      ランキング           ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
人気ブログランキングへ       FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリッ クしていただくと投票されます)
関連記事

ふふふ

ビルデンさん,Wiesbadenもすっぽんぽんの浴場がごじゃりますよ.

そのときの感想では隠そうとしている人間を見るのが一番小っ恥ずかしゅぅございました.どんなもんでっしゃろ.

(実際にはそれよりも何よりも,独りが寂しかった)
[ 2010/07/13 06:22 ] [ 編集 ]

異文化…

Bildenさん,真っ裸体験<<続編>>お待ちしてます.
やっぱり,ドイツの人は裸が平気なんでしょうか?
昨夜帰宅時に大家さんの部屋の前を通ったところ,急にドアが開きました.
そこには素っ裸!の大家さん(60代女性)の姿が!!
誰が帰ってきたか確認するために扉を開けたようですが,それにしてもなぜ口紅は塗ってみえたのでしょうか?????ご本人は平気でも,こちらは目のやり場に困りました.
温泉文化に通ずるものがあります??
[ 2010/07/14 02:40 ] [ 編集 ]

>かもさん
うへへへへへ。
Wiesbaden、流石は-badenの名が入る土地ですね。
私が今回行ったところは隠そうとなさっている方は全くおらず、皆さん堂々となさっておりました。
私の感想につきましては次回の記事で…。

素っ裸混浴独りは寂しそうですね。私も大概色々なところを独りで行きますが、流石にここは巻き添えできる人を連れて行かないと無理でした。

>コアラさん
ドイツ人でも世代によって裸の羞恥心は異なるようです。
私と同年代の同僚には、「無理無理!」という人も結構います。
大家さん、凄い方ですね…。
それ公衆わいせつ罪になりそうなもんですが。
余程ご自身のお体に自信があるのでしょうかね。羨ましいです。
[ 2010/07/15 19:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/158-6da1c1ed















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。