2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

激震!不法占拠(2)~「あっちゃー」編

写真は全てクリックで拡大されます。

その(1)はこちら



<現状理解~続4/19(月)夕方>



20100502-25.png

何てことでしょう。
己の自転車のカゴの中に鳥の巣があるなんて。
先程私の顔面を襲ってきた鳥が、九割九分この巣の持ち主でしょう。春ですものね。巣も作っちゃいますよね。
しかしだ、何故こんな緑豊かな街(なんてたって謳い文句は「緑の街ハノーファー」)でここに巣を!人の手も猫の手も届かない大きな木なんてそこら辺に生えとるのに!


自他共に認める「プラスチック人間」の私は、野生の鳥の巣をこんな間近に見たことがございません。鳥の生態なんて全く存じません。一体全体この状況をどう乗り切ったものかさっぱり分かりません。

困ったとき頼みの年長者に直ぐさま電話。


20100502-23.png



嗚呼、年の功も無いもんだ。
ありありとした不満感を伝えたところ「取りあえず卵の有無によって対応変わるんじゃない?」と言うので、恐る恐る再び駐輪所へ向かいました。



IMG_3804_2.jpg



さて。鳥はまだ巣を離れたままの様だ。
今のうちに見てみよう。卵が入っていなかったら、可愛そうだけど撤去しよう。野生の生き物はたくましいから、別の場所に新しいのをすぐ作り上げるさ。
そう意を決し巣の中を確認してみたのです。



20100502-24.png



背が足りず覗き込むことが出来なかったので、カメラを頭上に掲げて何とか中の様子を撮影。
だからピントもなにもございません。
有無さえ把握できればいいのです。


で、どうだ?いるか?





















IMG_3814.jpg



IMG_3812.jpg









20100502-31.png


あっちゃちゃちゃちゃー。




<ブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif      ランキング           ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
人気ブログランキングへ       FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜 びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリッ クしていただくと投票されます)


関連記事

Mensch!

それは展開としてどうなのよと思うほどのブログ的な展開ですね~.

わくわく.(他人事だからこそのワクワク感です.すいません)
[ 2010/05/07 07:24 ] [ 編集 ]

あちゃー

bildenさん、はじめまして。ベルリン在住7年のかりんと申します。
数ヶ月前に友人にこのブログを教えてもらってから楽しみに読ませ
てもらっています。bildenさんの優しくユーモラスな語り口調と
日常の観察眼が好きです。
さて今回は自転車のかごに鳥の巣!それはびっくりしますね。
紹介してくれた友人の所は、自転車ではなく中庭に巣が出来ていて、
この間遊びに行った時には「雛?」というくらい子供が大きく
育って中庭を散歩していました。親鳥は真っ黒な体にくちばしが
鮮やかなオレンジの鳥です。bildenさんと鳥はこの後どうなって
ゆくのでしょう・・・。わくわくです。
リンクされていたプラスチック人間の記事も読みました。過去記事
はまだ全部読んでいなかったので、こちらも読ませていただきまし
た。bildenさんに何事もなくて本当に良かった。ベルリンの周りに
も森がたくさんあって、毎年夏に行っているので私も今年は虫除け
スプレーだけじゃなくてZecken対策もして行こうと思います。
[ 2010/05/07 18:41 ] [ 編集 ]

>かもさん
私も「うわ。ネタにしてくれと言わんばかりの展開だ!」と思いました(笑)
でも、何も己の自転車が舞台でなくとも…。
これをお隣さんのカゴに発見したのであれば、ただ面白がって見られて嬉しかったのですが。ええ、他人事が一番です。

全員が健やかに巣立ってくれなかった時のことを考えると、気が重いっすv-406

>かりんさん
はじめまして。こんにちは!
好きと言っていただけて嬉しいです(>_<)照れます。
ご友人のところはもう雛が巣を出ているのですか!私のところのも、孵ったら散歩するのかしら。嗚呼、他の学生の自転車にひかれないか心配です。
うちの所の鳥はAmselの様です。オス鳥はご友人の所のと似た特徴を持っているので、もしかしたら同じのかもしれないですね。
Zecken、先日もラジオの特集番組を耳にしました。そろそろ彼の事故が増える時期ですものね。
森へ行かれる際には、膝下の素肌を出さぬようお気をつけ下さい…。
[ 2010/05/08 00:41 ] [ 編集 ]

落とし物がすごいでしょうから

もし,そのまますだちを眺める覚悟を決められたなら,サドルだけでもカバーすることをおすすめします.本当は,鳥のあれは尿酸がそのまま出るはずなので(人間は尿素に変えますよね)鉄の部分の何とかしてカバーしないと錆びちゃうと思いますが….
[ 2010/05/08 05:44 ] [ 編集 ]

>かもさん
私も糞害は気になるところであったのですが、また自伝車をいじって親鳥にストレスを与えたくないなと思い、多少は致し方ないと腹をくくっておりました。
でも、改めて言われるとやっぱり嫌だわ!と思い(笑)、かもさんにコメントいただいた翌朝、さっそくビニールをかけてきました。
運良く親鳥が餌を取りに行っているところだったので、攻撃されずに済みましたよ!アドバイス有り難うございました。
[ 2010/05/09 21:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/140-de7d4062















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。