2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

闇の悲劇(3)

その(1)
その(2)


20100414-34.png
現在夜の22時。空腹感ピーク。なのに外に出られない。


この窮状を打開できるのは、そもそもこの鍵をかけたであろう守衛さんただ一人のみ。

しかし守衛さんの詰め所に電話をかけるも…出ない。何度かけても出ない。
「だったら直接詰め所を訪ねればいいじゃない?」と思われになるでしょうが、


20100414-42.png


↑の様に私のいる棟から詰め所に行く通路までもが閉鎖されていたのです。
嗚呼、袋のネズミってこんな感じかなって思いました。


かくなる上は同僚に助けてコール。
ちなみに教授の携帯は「現在アウトバーンを走行中で電話に出られません」とアナウンスがあった。

20100414-43.png

私「30分近く電話し続けているのに守衛さん出ないの。」
同僚「もう諦めて研究所に泊まりなよ。ビルデン大学で寝るの得意だろ(笑)。」


おいっ。「(笑)」じゃないよっ。


この頃はまだまだ寒い時分でしたので、暖かい布団も無しに校舎になんか泊まれないってー。眠ったら永遠の眠りに近い何かを感じちゃうってー。と思いました。
夜中を過ぎると大学の暖房は停止するのです。
過去に痛い目にあっているので、こっちとらそこらへんのことを重々承知し取ります。

うっかり研究所の机で朝まで爆睡しちゃって、やって来た掃除婦さんの悲鳴で起きたり、真冬に薄い毛布にくるまって仮眠を取っていたら、室内気温がマイナスになった夜中に起きちゃったり…まぁ私は色々と前科持ちなのです。
しかしあんなコトやこんなコトをしていたのは研究所が他の校舎にあった頃の話で、今の所でそんなことをしたら大問題になってしまいます。



私「最終的には問題なく寝られちゃうけど、こんな寒い日はやっぱり嫌だよ。お腹すいたんだよ!」
同僚「分かった分かった。僕の方からも電話してみるから。」


----------------------------------------


さらに30分後。

研究室に戻ったら発見される可能性が下がる気がしたので、廊下で待ち続けること計半刻。
守衛さん、まだ電話に出ない。
もしかして何かあってもう帰った?
不安はふくらみます。


あ、何か渡り廊下の先の方から光が近づいてきた…
あれは…守衛さんだ!!


どうやら同僚の電話が繋がったそうで、ここまで来てくれたそうです。

守衛さん「暗いから誰もいないかと思って締めちゃったわよ!」
私「いつ見回りに来たの!?私ずっと部屋にいたよ!ノックした?」
守衛さん「外から見回りした。」
私「外って廊下?研究所の前の廊下の電気点いてたよ。」
守衛さん「ううん。中庭から見回りした。」
私「は?私いたの3階だよ。」
守衛さん「だから中庭から校舎の窓を一望して、全部暗かったから鍵しめた。」



おいおい、それって見回ってないでしょ!



そりゃ、あんな暗室状態で仕事してれば気付かれるはず無いですわ!



翌日以降、守衛さんが見回る時間(21時頃)には部屋を明るくして待ちかまえることにしました。
少しく賢くなった私。
にも関わらずこの後、今度はまた別の守衛さんに閉じこめられるという経験を積むのでした。



守衛さんとの戦いはまだ続く…



「研究と私」にカテゴライズしたものの、全く以て研究と関係ないですね。この記事。


>5/1に拍手下さったコアラさん
拍手いただいた記事のコメント蘭にお返事させていただきました。



<ブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif      ランキング           ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
人気ブログランキングへ      FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2010/05/03 00:00 ] 日々のできごと 研究と私 | TB(0) | CM(20)

室温がマイナス…

お返事ありがとうございます.(おそらく)近辺で一番高い建物に入っている研究所に生息しています.
暖房が切れると室温がマイナスになるのですね.驚きです.
ハノーファーに来てからはまだ大学に泊まったことはないですが,
日本で大学院生だったときにはよく泊まりました.
椅子3脚を並べたら,その上で熟睡できます(笑).

私がいる建物の守衛さんは,毎日同じ方で,いつも「まだいたの?早く帰れば?」と言われます.実は,ご自分が早く帰りたかったの???
[ 2010/05/04 00:23 ] [ 編集 ]

ドイツ各地で発生しているのでしょうか

いつもひそかな楽しみとして読ませていただいています。

私がいるミュンヘンでの知り合いの体験ですが、
bildenさんと同じく、見落としにより図書館に閉じ込めを喰らったという話を聞きました。
でも、たかだか4階建ての、各階ほぼワンフロアの学科の小さい図書館で、
しかも二人で話しながら残っていた彼らを、どうやったら見落とせるのかナゾですが。
ちなみにその二人は、中から開けられることは開けられるけど、
施錠後に開けると警報の鳴るドアを強行突破して脱出したそうです。
駆けつけてくるであろう誰か(警備会社?)に事情を説明すること覚悟で出たあとしばらく待ったにもかかわらず、
結局誰もやってこなかったという結末だったわけですが(意味あるのか、その警報)。

私自身はといいますと、100パーセント自分の過失で、
家でいわゆるインロックによる締め出しを喰らった前科ありです。
しかも、よりによってクリスマスに・・・。
来てくれただけ幸運だったHausmeisterは完全に苦笑いでしたが。
[ 2010/05/04 06:22 ] [ 編集 ]

暖房停止

うちの研究室は平日はだいたい22時に暖房が止まりまする.
止まると30分以内に非常にさぶくなるので(それでもルール地方は暖かい場所です),23時を超えて研究室にいたことがないんです.ああ!
[ 2010/05/04 19:03 ] [ 編集 ]

>コアラさん
そちらは上階に学食が入っているところでしょうか?私のいるところはここの大学でも一二を争うおんぼろ校舎です。半ば朽ちてます。
前居た校舎は、夜の20時頃から暖房が効かなくなった上、やたら窓が大きかったので真冬の夜は手がかじかんでPC入力もままならないほどでした。こっそり小型の電気ストーブを持ち込んでいた程です。
いつも同じ守衛さんだと対応が安定して羨ましいです!
こちらの方は「自分ルール」があるので、みんなが同じように働いてくれないのがどうにもこうにも・・・

その方、きっと早く鍵を閉めて帰る準備をしたかったんですよ(笑)。

>blaumeiseさん
ひそかに来ていただいておりまして、ありがとうございます。
ミュンヘン!素敵ですねー。私は一度しか行ったことがないのですが、北にはない豪華な文化施設、城に興奮しました。流石はバイエルン。

私も自分以外に「閉じ込め」を食らった人を知っています。
恐らく、こちらの守衛さんの「見回り」は我々が思い描くそれとかけ離れたチェック機能しか持っていないのでしょう。
しかし警報も作動しているのか分からないというのは、恐ろしいですね~。何のために付いているのやら。

インロックでうっかりってよくありますよね。幸い、私の住まいはインロック機能が付いていないので、その点は助かります。翌朝まで鍵閉め忘れていたときは、顔が青くなりましたが。

>かもさん
私どもの研究所は大学と「交渉(喧嘩ともいう)」の末、門が開いている時間までは暖房をつけておいてもらう権利を獲得しました。でも大変古いHeizungなので、細々としか部屋を暖めてくれず、夜になると同じく居るのが辛くなります。前居た校舎は確実に20時に止まっていました。
本当にドイツの冬の研究室は寒いですよね~。
[ 2010/05/05 01:52 ] [ 編集 ]

守衛さん

夜にいる方は毎日同じです.ご出身はイラクだそうです.
「自分ルール」,確かにありますよね(笑).
一応12時までは詰めて見えるそうですが,けっこう詰め所にいません.

私のところは1階にカフェテリアがあり,前が墓地で,近くにHauptmensaがあります.Hauptmensaには平日,ほぼ毎日通っており,確実にメタボ化推進中です.


[ 2010/05/05 04:22 ] [ 編集 ]

>コアラさん
おお、何となくコアラさんのいらっしゃる当たりが分かりました。
私が滅多に行かないエリアです。
メンザが近くにあるのは本当に羨ましい。私のところは何もないのでインスタントフードを持参するか、スパゲッティーを茹でて食べています。でも、毎日は辛そうですね(>_<)
メンザにはそろそろシュパーゲルの限定メニューが始まるのではないでしょうか。
メンザカードは数ヶ月使わないでいると必ずエラーを起こすので、私もそろそろ行って使わねば。
[ 2010/05/07 01:23 ] [ 編集 ]

メンザカードのエラー…

貴重な情報をありがとうございます.
シュパーゲルメニューはまだ見かけていません.見かけたらトライしてみます.
周りになにもないのは,ちょっとつらいですね.忙しいときには,はやり作るのは面倒ですから.
メンザのメニューですが,食べたときに,見た目から想定される味とかけ離れていたとき,けっこうショックです!
[ 2010/05/08 04:37 ] [ 編集 ]

>コアラさん
シュパーゲル、出るとしたらレジ近くのコーナーです。
しかし私がそのメンザに最後に行ったのはもう一年近くも前なので、色々と違いが出ているやも…
見かけと実際の味の違い、私はよくデザートで引っかかりました。
ヨーグルトにちょとジャムがのったくらいのものかな?と口にしたら、何か砂糖の流動物みたいな、兎に角うげっとなる味でした。
[ 2010/05/09 21:25 ] [ 編集 ]

シュパーゲル&デザート

レジの近くですね.期待して探してみます.
ところでデザートですが,果物系のものは大丈夫とわかってきました.問題は,赤や緑の原色系ゼリー(?)です.バニラソースの下の物体はいったい何なのでしょうか?砂糖の流動物,怖いもの見たさで食べてみたい気がします.
[ 2010/05/10 04:34 ] [ 編集 ]

Re: シュパーゲル&デザート

>コアラさん
Hauptmensa(一建物まるまるがメンザのところです)のレジ近くにはBioやちょっとお高めのものを扱っているコーナーがあったはず(曖昧ですみません)。
バニラソースの下、何か判りましたら是非教えてくださいね(^^)
[ 2010/05/11 19:11 ] [ 編集 ]

生鮭の誘惑

Bioといえば,今週HauptmensaでBio製品の特売(?)がありました.生(っぽい)お魚さんたちも氷の上に陳列されていました.
で,Bildenさんの塩鮭の作り方を参考に…と思ったのですが,鮭を丸ごと1尾買う勇気がありませんでした.ちょっと惜しい気がしています.
[ 2010/05/15 00:03 ] [ 編集 ]

Re: 生鮭の誘惑

>コアラさん
連休前で貯蔵していた食品をたたき売ったのでしょうか?
声をかけてくだされば半分引き取りましたのに!
[ 2010/05/16 00:27 ] [ 編集 ]

シュパーゲル食べました

ご無沙汰しています.ちょっと日本に帰国していました.
一昨日メンザでシュパーゲルを食べました.お味はまあまあだと思います.
ところで,塩鮭の件ですが,今度見かけたらぜひよろしくお願いいたします.

その後,締め出されずにご無事でお過ごしでしょうか?

[ 2010/06/04 08:28 ] [ 編集 ]

>コアラさん
ハノーファーにお帰りなさい。
日本はもう梅雨でしょうか?ドイツはようやく長い冬が終わりましたね。
私は、ここ最近は締め出されず無事に過ごしております。油断は出来ませんが…。

メンザ・シュパーゲル、今年もありましましたか。私もたまにはメンザに行こうかなぁ。
[ 2010/06/05 00:08 ] [ 編集 ]

メンザでごはん

Bildenさん,メンザがあなたをお待ちしております(笑).
同僚たちからの情報プラス自分の感想ですが,週の後半,特に金曜日のメニューは微妙だと思います.なんともいいようのない味付けのもの,例えば”アジア風”とかが多いような.

[ 2010/06/07 04:03 ] [ 編集 ]

>コアラさん
そうですか。では金藏を避けて行かねばなりませんね。
メンザ以外でも「アジア風」の味付けで当たりは無いですよね。
[ 2010/06/10 19:34 ] [ 編集 ]

脱出成功しました!

昨日は帰りそびれて12時過ぎに研究所の建物を出ました.
部屋の鍵で玄関の扉も開く模様です(やった~).
守衛さんはおそらく帰宅されたものと思われます.

今日はメンザでの中国週間の最終日でした.赤い提灯に誘われて,中国風のヤキソバを食べました.まあまあです.ただ,付いてきたサラダのもやしは炒めて,あるいは茹でて食べたいところです.

[ 2010/06/12 02:26 ] [ 編集 ]

>コアラさん
研究室の鍵で玄関まで開くとは、羨ましいです。
私の所は教授の鍵でも無理です。
中華風の焼きそば、あの麺が太いやつですね。駅で歩き食いしている若人をいつも感心して眺めています。
[ 2010/06/13 22:00 ] [ 編集 ]

中国風やきそば

Bildenさん,そのとおりです.たとえ麺が太くても野菜が取れるので許しちゃいます.
やきそばもそうですが,ケバブの立ち食いも結構大変だと思いませんか?
[ 2010/06/19 06:05 ] [ 編集 ]

>コアラさん
立ち食い、私のスキルで出来るのはバナナとWurstまででした。
ケバブも焼きそばも座らないと落ち着いて食べられません…。
[ 2010/06/23 18:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/130-462ae539















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。