2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1000年の薔薇 Hildesheim(1)

5/16(土)



ベット2











ベット


そうだHildesheim(ヒルデスハイム)へ行こう!
今ならきっとあの薔薇が見られるはず!!


という訳で、行って参りましたヒルデスハイムへ。

ヒルデスハイムとは、ハノーファーから北東へ約30キロの所に位置する中世の都市です。
普通電車でも30分程で行けるので、ちょっとした気分転換のお出かけには最適。




「あの薔薇」というのは聖マリア大聖堂にある「1000年の薔薇」のことです。


教会
聖マリア大聖堂
 

聖マリア大聖堂の歴史は、815年にルートヴィヒ敬虔王が聖マリアに捧げる礼拝堂をこの地に建てたことからはじまります。
その後872~1061年の間に大聖堂として整えられ、今ではドイツ最古の教会の一つに数えられています。(ルートヴィヒはカール大帝の子供ですから、古いのも当然です。)
残念なことに現在の建物は第二次世界大戦後再建されたものではありますが。

その聖マリア大聖堂の中庭には、樹齢1000年を誇る薔薇の木があります。
1945年3月の空襲で一度は燃えたものの、根は生き残り8週間後には再び芽吹いたと言われる何とも生命力あふれる薔薇です。

私は既に一度聖マリア大聖堂を訪れたことがあったのですが、如何せん冬であったので、枯れた薔薇の木しか見ることが出来ず、いつか実際に咲いているところを見たいものだと思っていたのです。


で、愛しいお布団にさよならした訳でございます。


つづく


人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2009/05/31 10:03 ] ドイツを旅する | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/11-f040c484















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。