2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライプニッツ!ライプニッツ!!

先にこちらをお読みいただけると、より内容を理解していただけるかと存じます。




昨日本校舎へ行ったところ、見慣れないものを発見。

DSC00076.jpg

校舎前の芝生(雪でよく分かりませんが)に巨大な石が。
そしてでかでかと「Gottfried Wilhelm Leibniz Universität」と大学名が…

いつの間にこの様なものが?
私が前ここに来たのは一月の初旬。そうするとこの1ヶ月足らずの間に設置されたということですか。
Hannoverの「ハ」の字も無く、ライプニッツが強調されているなぁ、と思う。



この日本校舎に来ていたのは、人と会うためでした。
待ち合わせていた相手が少し時間に遅れるということだったので、「サービスセンター」で暖をとって待つことに。

サービスセンターは総合事務室みたいな所です。受付前には大学のオリジナルグッツが展示され、販売されています。
日本の大学にも学校名が入った文房具やらTシャツやら売っていますよね。
それと同じ様なものです。


ハノーファー大学の場合、どんなのがあるのかなと覗いみると…

DSC00078.jpg

ライプニッツのサイン入りノート、ライプニッツが書いた数式の入った傘、ペン等々。

DSC00079.jpg
アップ

どれだけライプニッツなんだこの大学!


いやね、確かにここは今ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ大学ハノーファーだけど、名前にライプニツの名前を冠したのは最近のことであって、それまでずっとただのハノーファーで頑張ってきたじゃない!
駄目なのそれじゃ!?
何でそこまでライプニッツなのよ!?
ここまで取って付けたようにライプニッツ、ライプニッツって、どれだけライプニッツの名に縋っているんだ。
それ程TH時代を克服したいのか?でも正直言ってこの大学どっちかっていうとTHだよ。
中身を改革してくれ中身を!

それにライプチヒ大学とごっちゃになるじゃない!

とネイティブが構わないようなどうでも良いことを、一人ぶちぶち考えていました。

どうでも宜しいことですね。
別段ライプニッツを嫌厭する理由もないですし。

602px-Leibniz-Universität_Hannover.svg
ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ大学ハノーファーのシンボル。
左側の数字が、ライプニッツの発見した数式らしい。



久しぶりに学食でお昼を食べました。
このアングルからは分かり辛いですが、わらじサイズの肉が挟まっている何とも「アメリキャン」なスーパー・バーガーを食す。
不味いことを覚悟して選んだのですが、意外や意外!パンが美味しく、肉もまあまあ。
パンについては流石ドイツだと思った。

DSC00080.jpg



<ブログランキングに参加中>
↓をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます。
br_decobanner_20100119025542.gif      ランキング           ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
関連記事
[ 2010/01/30 00:00 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(4)

ふと思ったのですが、もう少し下を掘るとHannoverという文字が出てきたりして・・・。
[ 2010/01/30 07:30 ] [ 編集 ]

>Aさん
その可能性は思いつかなかった!
こっそりひっそり入れられていたら面白いですね。
[ 2010/01/31 09:49 ] [ 編集 ]

たぶん

その数式は2進数の記法ですよね.たぶん.

1は1
2は10
4は100

ライプニッツが発見したかどうかは分かりませんが,でも面白いですね.

正直,おそらく元THだからこそのライプニッツ押しなのではないかとちょっと邪推しておりますよ.
文系していると「もなどゆらゆら」とかしか思い浮かべませんが(ああ,知性の浅さを晒してしまった),なにせこのおっさん微分法をニュートンと独立に開発した男ですから.そういう意味じゃごりごりの「理系にとってのスター」です.
[ 2010/02/04 19:17 ] [ 編集 ]

>かもさん
そうです!二進法です!言われて思い出しました。ライプニッツが現代に通じる二進法を確立したんですよね。確か。

ハノーファー大と言ってしまうと、ハノーファー工科大学のイメージを引きずってしまうので、HochschuleではなくUni.である事を押すという意味で「ライプニッツ大学」と言う方が文系・理系関わりなくいます。伝統的なドイツ大学は人文科学を学問の核としているので、TechnikerのSchuleだと総合的なBildungを身につけるに足らないという認識がどこかにあるのではないかと、私は推測しています。フンボルト的なアレですね。

以前は私も「ライプニッツ→理系の花形」と思っていたのですが、ここにいると「哲学者ライプニッツ」を押す人が目に付きます。Uniになっても未だ理系の権勢が大きいため、その反動で「それだけじゃないんだから」と押さざるを得ない現状があるのでしょう。

ただ実際そこに居りますと、中身を頑張ってと…。名前も分かりやすい方で良いじゃない…と思うのです。まあ今は何処の大学でも人文系は厳しい状況に面していますので、あまり文句を言ってもいけないですよね。ポジティブに生きないと!

かもさんがライプニッツの業績を挙げてくださいましたが、ほんとうにたいした人ですよねー。
[ 2010/02/05 08:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bilden.blog35.fc2.com/tb.php/107-95e878c8















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。