2014 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寒いよ。

 20141023.png 
東京の最低気温がハノーファーの最高気温な感じ。

寒いです。
お日様が陰ると風がとっても冷たいのです。

ドイツ人、まだ秋用のジャケットの人が多いけど、もう私ロングのダウン着ちゃおうかな…。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/10/23 21:14 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

DBがまたスト。

本日土曜から月曜未明にかけてまたDBがストライキをするという事で、日曜の予定が一個流れました。
こう立て続けにやられると予定の代替えも上手くいかずに困るわ。

DBの遠距離線で問題が起きると、ハノーファーは全体の中でも大変なカオスの割を食う。
主要な南北線と東西線が交差する駅だからです。
乗り換えだけに利用する人も大変多い。
あとしょっちゅうメッセが開催されているのですが、それにぶつかると事情を飲み込めない外国人ビジネスマンが右往左往していて気の毒です。
タクシーの運転手さんにとっては「100キロ超えのお客さんが出てくるよ」というラッキーデイなのですがね。

今日明日のストは昨日中央駅の掲示で知ったのですが、既に多くの乗客がインフォメーションに詰め寄っていて長蛇の列ができていました。

今年のGDL(機関士の労組)のストは常に無く大きいので、また来週何か起きないか心配だ。
来週までDB使わないとならない予定がわんさとあるのよね。

人づてに聞いた話だとDBが通常運転再開(予定)をする月曜日に、別の交通関係が入れ違いでストを起こすかもしれないととのこと。全ドイツなのか、ローカルなのか、道路なのか鉄道なのかちょっと分からないのですが、まあ引き続き用心が必要ってことですね。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2014/10/18 19:20 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(2)

イギリスとハノーファーの同君連合300周年。

以前触れたこともある通り、今現在のイギリス王室の元を辿るとハノーファー王家に行き着く。
アン王女の後継として1714年に親戚に当たるハノーファー選帝侯ゲオルグがイギリス王位を相続したのがはじまりで、終わりはヴィクトリア女王の即位。
同君連合と言われる同じ王を冠する国でもその法は違うもので、イギリスでは女性の王位相続が可能でも、ハノーファーの採っていたサリカ法では男子相続しか認められていませんでした。
そのためヴィクトリア女王の父王が逝去した際、彼女がイギリス王位を、叔父のエルンスト・アウグストがハノーファー王位を継ぐことによって同君連合の解消となった訳です。

王朝名は変われど、現在のエリザベス女王までこのハノーファーから血統のは続いております。
だからイギリス王家に対して文句を言いたい方々は、「あのドイツ野郎め」何て悪口を言っちゃうわけです。
ハノーファーっ子からすると、第二次世界大戦で完膚なきまでに街を爆撃してきた国との連合時代であれど、イギリスの影響で他のドイツ諸国より自由があったのは誇りであり(だからこその「ゲッティンゲンの7教授」)、またあの腹立つプロイセンに支配される前の輝しき日々でありと何だかんだで愛されている時代です。

で、今年2014年はその同君連合300周年という事で、春先からあちこちで特別展が開かれておりました。
http://www.royals-aus-hannover.de


市内を走るトラムも特別仕様。
DSC016001.jpg 

DSC015991.jpg 
同君連合時代のユニオン・フラッグなのでアイルランド(赤のエックス)が入っておりません。


歴史博物館でも州立博物館でもヴィルヘルム・ブッシュ美術館でもツェレの城でも特別展。
歴博の展示は常設展示と大差ないかと思ったので、一番歴史的な流れの解りやすそうな州立博物館へと行ってきました。会期終了日前日に。
(実はツェレにも行ったのですが、休館日で…)

_DSC9585.jpg 

この特別展は写真撮影ができなかったのですが、ハノーファーの王冠がなんかいかにもハノーファー「らしく」、機会があれば皆さんにも是非見て頂きたい。私はまずハノーファーに未だあったことに驚きもした。


これが立派な王冠なのにほとんどの宝石が残っていないのです。

20141016.png 
引用:http://www.royals-aus-hannover.de/ausstellungen/

ゲオルグ1世(初代ハノーファー出身イギリス王。英語をあまり話せない。)のこの王冠、元々は豪華な見た目であれども本物の宝石では無く研磨されたガラスが埋められていたそうです。
それがその息子の代に本物の宝石が埋め直され真に豪華になれど、同君連合が解消された際にまたその宝石はひっぺがされ、ヴィクトリア女王の王冠に再利用されたのです。
嗚呼、切ない。
この「ガラス玉→宝石→引っぺがされる」という豪華さ栄枯盛衰が、なんか「ハノーファー選帝侯国→強大なイギリス相続しちゃったよ!ひゃっほう。→あー、またただのハノーファーかぁ。…え、プロイセンのプロビンツ?」と重なるので、とっても切ない。

イギリス側からしたら「自分の財産好きにしたっていいでしょうが」何だろうけど。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2014/10/17 06:43 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(4)

DBストライキで、私酔う。

本日(10月15日)はDBのストライキで殆ど全ての鉄道が止まっていました。

DSC016591.jpg

市内交通は別の会社なので問題ないのですが、よりによってヒルデスハイムに行く予定が入っていたので朝先方へ急ぎ電話して約束をずらして貰いました。
私鉄を乗り継いで行けないことも無かったのですが、いかんせんタイムロスがありすぎる。

で、予定が空いたので研究所に行くことに。

いつもうちの研究所にはトラムとSバーン(DB)を使って通っております。
しかし本日はこのSバーン区間が止まっているので迂回経路のバスで参りました。

で、
201401015-1.png 

更にストのある日は普段鉄道を使っている人も自家用車で移動をするので道路が渋滞する。

で、
201401015-2.png  

辛かった。
大変辛かった。

揺れに加え匂いがきつかったのです。
車の匂いだけじゃ無くって他の乗客の体臭とか香水とかの残り香が(日本じゃあまりないレベルだと思う)。
電車に乗っていても匂いで「うぷっ」ってなることはよくあるのですが、「酔う」レベルはホント久々。

「朝っぱらから予定の立て直しにあれやこれやしなきゃなかったり、酔っちゃたり…それもこれもDBのせいだぁ。」と腹を立てども「ストライキは労働者の権利ぃぃ。」と酸っぱい何かと共に飲み込んだ。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2014/10/16 04:34 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。