2011 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東北関東大震災のドイツ報道をちょっと見て。

メールを開ける度、ドイツから見舞いのメールが届いています。
やはり皆原子力発電所の問題を心配しているようです。


私の方も少し落ち着いてきたので、同僚が転送してくれたドイツの新聞記事や報道写真に少し目を通すことが出来ました。
原子力発電の問題に関しては日本が云々というだけではなく、ドイツ政府の原発政策と絡み今後ドイツはどういった方向性へ進むべきかというところまで議論が進んでいるようですね。


驚いたのは報道機関がネット上にアップしている写真です。
日本の報道機関の場合、受け手に被災者が含まれているのでその方々にショックを与える様な物はまだ遠慮している段階だと思うのですが、外国のメディアは受け手が第三者なのでかなり直接的な物がある。
(ドイツの場合、国内ニュースでも直接的な写真を流しているので、単なるお国柄なのかもしれませんが。)
特に津波が去った後の街の写真には息を引き取られている方の姿も見受けられ、TVで「1000名の遺体が」と説明されるよりも大きな衝撃を受けました。

また原子力発電所問題では、ドイツでは放射能防護服を身につけた作業員、医師の姿が多く報道されています。
しかもかなり早い段階からです。
日本のTVはほぼ24時間今回の地震情報を流していますが、まだこの光景は目にしていないので、何故これは流されていないのだろうかと思う。これも不安をあおる物と考えられているのでしょうかね。
そしてこれを見て、ドイツの友人達が私を案じてくれている意味がよく分かりました。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お、今また新たなメール。
友人の引越パーティーで一度しか会ったことのない(でも会話が盛り上がり連絡先を交換していた)人から「何か力になれることは?」というお便り。有り難いことです。
ドイツからは相当な額の義援金も既に振り込まれていると聞きました。
今回に限らず、何かあるとすぐに寄付行動をする知人が何人もいました。
クリスマス時期には必ずアレとコレには寄付をすると決めている人も多くいます。
このドイツの寄付精神には感服すると同時に、今回日本のために動いてくれて有り難うとお礼を言いたいです。

もちろん、直接言える友人には帰ったら言って回るよ。





<3/15 16:40追記>
ドイツの報道の方が原発問題については詳しいし、分かりやすい。

Spiegelには原発付近の風向きの動画があります。
http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html
本文はこちら。
http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/0,1518,750835,00.html

危惧すべき放射能量ではないとはいえ、情報は情報として私は知りたいです。

輪番停電なんてちょっとした不便です。都内が混乱し大変だ大変だと騒ぐ必要無い問題だと私は感じています。
被災地で苦労している方を助ける報道や、放射能被害を如何に防ぐか、どう分かりやすく問題を解説啓蒙するかの報道をもっとして欲しいです。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/15 16:08 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(2)

日本にいます。

実は地震発生の前日より日本に一時帰国をしています。
本ブログはドイツ生活に関することに的を絞り書いていきたいと思っていたので、こちらで一時帰国時の生活云々について触れるつもりはありませんでした。
しかし有り難いことに、大変多くの方が心配してくださっている様でしたので、この場を使い近況報告をさせていただきます。


3/11(金)の地震発生時、私は東京都内におりました。
揺れを感じてすぐに「これはいつものより大きい」と判断し、建物の外(居たのが築30年以上のビルだったのです)に出たところ、古い電信柱が折れんばかりの勢いでしなっておりました。
居たビルでは薄いガラスが割れ、積まれていたものは散乱していました。
自宅では重い電子ピアノが壁から30センチ程動き、本が崩れていました。
棚の上に置いていた固定電話が床に落ちた際、壁から出ている電話線が切れてしまい、替えの線を見つけるまで外との連絡がつかない状態が続きました。
役に立ったのはインターネットです。
姉が自分のいる場所の連絡先をSNSに書き込んでくれたので、ようやく連絡を取り合うことが出来ました。

すぐ近所に高齢の叔母が住んでいるのですが、初日は落ち着くまで万が一のためそちらの家に待機し、大きめの余震が来ては道路に連れだし、収まっては家に戻りというのを繰り返していました。

飼い猫は一番最初の大きな揺れ以後、その日の夜までどこかに雲隠れしていました。ようやく出てきた後も、ちょっとした揺れでも落ち着きを無くす様になっています。よっぽど怖かったのでしょう。



震度5強の東京でも未だ余震があり、落ち着かない日が続いています。
震源地に近い被災地、津波のあった被災地、原子力発電所の近くにお住まいの方の不安は計り知れず、心からお見舞い申し上げます。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地震後、ドイツの先生、同僚、友人より私の安否確認のメールがたくさん届きました。
皆日本は小さな島だと思っているので、震源地(特に福島の原発)と東京の距離感が分からず、津波や放射能の危険地域に居るのではないかと心配してくれているみたいです。
今すぐ家族を連れてドイツに戻るように説得しようとしてくれる人もいます。
日本にいる私が「落ち着いて」と言いたくなる様な動揺をしている人もいます。
心配してくれるのは有り難いことなのですが、こういった動揺の仕方はやはり震災を経験として知らない国の人だなぁと思うところでございます。

天災に遭っても冷静に対処しようとしているこのメンタリティー、ないしは災害への訓練レベルの高さは誇れることです。しかし残念な事にパーフェクトなものはありません。そして起こってしまったものはしかたありません。その中でそれ以上の被害を如何に食い止めるか。出来る救助を如何に迅速に行えるかということが、目下の出来ることだと思います。
この状態が後どれくらい続くか想像だに出来ません。
日が経つにつれ、心身共に疲弊するのは当然のことだと思います。
しかし最後まで「冷静に」と言い聞かせて、パニックにならず最小限の被害を目指して被災地の方々には何とか乗り越えていただきたいです。
私も自分の出来ることを考えたいです。



ドイツの報道の例↓。知り合いが送ってきてくれたもののリンクです。
http://www.welt.de/bildergalerien/panorama/article12797589/Satellitenbilder-zeigen-erschreckende-Zerstoerungen.html

http://www.welt.de/vermischtes/weltgeschehen/article12787970/In-Tokio-wird-der-elektrische-Strom-rationiert.html

http://www.tagesschau.de/multimedia/video/ondemand100_id-video875212.html

http://www.tagesschau.de/ausland/fukushima130.html

http://www.sueddeutsche.de/wissen/erdbeben-in-japan-drohender-atom-gau-im-akw-fukushima-die-kernschmelze-ist-nicht-mehr-zu-stoppen-wenn-das-kuehlsystem-versagt-1.1071239

殆どのTVニュース、新聞サイトのトップ報道になっています。
直後は津波に騒然とし、今は原子力発電所問題が専門家のコメントを交えて中心的に報道されている模様。
ドイツでも核エネルギーは毎度否定派と肯定派で揉めていますので(反対派は核廃棄物が運ばれる時期になると、車両が通れないように線路を破壊して止めるというのを毎回やっている)、この問題に関する関心が高いのではないかと推察しています。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/03/13 22:27 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

不在にします。

数日間、メールやコメントにお返事できない状態になります。
ご理解のほど宜しくお願い致します。

Momo2.jpg

それでは、また後日!


関連記事
[ 2011/03/09 14:09 ] お知らせ | TB(0) | CM(1)

桃子に夏子

写真はクリックで拡大されます。


Momo1.jpg
 

実家の初代猫。
私が小学校4年か5年の時の建国記念日に、我が家の外階段の途中に行き倒れていたのを発見される。
長い毛に枯葉と土が絡まりたいそうコ汚なく、保護してご飯を上げた後、取りあえずペットショップでシャンプーしてもらいました。でないと家に上げられないカオスな毛の固まり状態だったので。
で、帰ってきた姿を見て驚いた。
なんとまあ立派なたてがみと尻尾の持ち主でございましょう。


丁度今の時期お空に昇っていったもので、手元の写真を眺めては思い出しております。
日本にきちんと帰国できたら、彼女の写真をデジタル化して保管するのが一番最初にやりたい私事です。

Momo3.jpg

Momo4.jpg

↑私が机に向かっていると、ずっと足下でのどを鳴らして待って居る。
机椅子で寝ていたので、私が寝ないと自分も寝られず催促するのです。
例え必要なのが私自身ではなくて、私が使用している椅子だろうとお強請りする姿は可愛いんだ!

そして寒くなると人の頭の上に寝に来る。
顔に尻尾がかかるとこっちは窒息状態です。でも可愛いから耐える。

捨て猫だった所為か最初の数年は人と距離を取っていましたが、最後には大変なつっこい猫になりました。
トイレや風呂にまで付いて来た。
脱衣所で人の濡れた足に懐いてくるのですが、あの毛が「びとー」っとくっついて中々に大変。でもやっぱり可愛いから耐える。


おっとりとした猫で、「猫は大人しいし、手がかからないわ」とうちの家族に大いなる勘違いを与えてくれた。

そのせいで、2代目↓の家屋・家具破壊行動。飼い主の急所襲い行動。ペットなのに撫でられない・抱っこできない・めげずにやれば流血事態。ということに「アレは猫か?猛獣か?」と当初あんぐりとしたもんです。

IMG_2184.jpg
手のひらサイズの乳飲み子だった時分に兄妹と共に段ボールに捨てられ、カラスに襲われていたところを保護された猫生を持つ。
しかし段ボール好き。

悪智恵以外はお馬鹿さんで、チキンでおどおどした子ですが、やっぱりそれでも家の猫はいっとう可愛い。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/03/08 00:00 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(0)

修羅場中。

現在のっぴきならない修羅場中でございまして、3月一杯「絵日記」(と呼んで良い代物かはさておき)の更新はお休みさせていただきます。

でもなんとかこの間も一言oder写真日記は更新したいと思っています。
じゃないと木が枯れちゃうので(>_<)ゞ

1297163990_09364.jpg
バレンタイン時の。

1299415533_07594.jpg
おひな様仕様。

このおひな様仕様、本日3/6まで未だ続いております。
早くお片付けしてくれないと色々と困るわ!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

忙しいと自炊が滞り、エンゲル係数が異様に上がります。

DSC00559-1.jpg   
 

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2011/03/06 22:16 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。