2010 081234567891011121314151617181920212223242526272829302010 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復活

過去の記事にコメントを頂いているのに長らくお返事できずに大変申し訳ありませんでした。

色々な不都合が重なりに重なりまして、自宅/研究所共にインターネットが繋がらなくなっておりました。

仕事の関連のやり取りも滞っているので、まずこちらが片付きましたら落ち着いてお返事させていただきます。もうしばらくお待ち下さい!

仕事関連…一番大切な用件は先方にFAXを送信したのですが(人のPCでメール送信しようとしたのですが上手くいかなかったので)、これに対するリアクションが何も来てない…。
届いていないのかしら…。確認するのが怖いな…。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/29 23:39 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

大陸の人

20100826-012.png

人に道を聞かれた。
もう何度も聞かれたことがあるので特別な経験ではありません。電車の中では降りる駅を聞かれることもあります。

そして毎度思うのです。「私が日本にいた時、黒髪以外の人に道を聞こうとしたことがあっただろうか」と。

色々な肌文化の人が混ざった社会がここでは当たり前なんだな。

差別する意図はなくとも「どうせ外人さんに聞いても分からないだろうからいいや」と思っていた自分は、本当に島国の人間だなと感じるのです。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2010/09/20 19:00 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(2)

「聖飢魔II ICBM TOUR」初日の大黒ミサを生中継

おお!
現在研究室の一番大きいPCで視聴中!!
ドイツにいても聖飢魔Ⅱのミサが見られるなんて!!
うぉぉぉぉ!









↑が駄目な人は↓をクリック。


http://www.ustream.tv/channel/seikimatsu-live-0918

本日の日本時間18時~20時までLIVE配信されるそうです。
うひょー!
聖飢魔IIを知らない、食わず嫌いの方には是非見ていただきたい!!
ホント凄いから!


<追記>
日本時間19時5分。もう終わっちゃった(T_T)
20時までじゃないじゃないっすか。
聖飢魔IIのことだから3時間以上はミサやるだろうから、前半といってももっと長く見られると思ったんだけどな。
配信のことを考えてあんなに濃い曲を立て続けにやったのだろうか。

やっぱり生で見たいよー。
ドイツ来ないかなー。


<3つのブログランキングに参加中>

br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2010/09/18 17:43 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(0)

一目瞭然

一瞥しただけで意味が伝わる。
看板とはこうあるべき。

IMG_3794.jpg
(クリックで拡大)

行政の手によるものに、ドクロマーク使っちゃえるんだね。


(春先に撮った写真なので草木が今とは異なります。)



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村    

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事
[ 2010/09/15 00:00 ] 日々のできごと | TB(0) | CM(4)

英仏独と掛けて中韓日と解く。

同じアジア出身の同僚と、トラム車中で世間話をしとりました。


20100826-041.png

20100826-042.png

20100826-043.png

20100826-044.png


「中国、韓国、日本文化の違いが分からない」は何度か遭遇しましたが、
韓国語、日本語の存在まで知らない人がいたとは!!
信じられんがいちゃったんだから仕方がない。


20100826-051.png


「確かに日本は中国から伝わってきた文字を使ってはいるけど、言葉は全く違うんだよ」
と説明しはじめた私を遮る同僚。
「この手の人が二度とこんな質問をしてこない回答の仕方を教えるから。」
「J, Ja!」



「それはね––––––」



20100826-052.png



「ドイツ人がフランス語を話すと言われたら嫌でしょ?」
「フランス人も絶対ドイツ語を話すワケないわ。」
「文化もごっちゃだったらイギリス料理とドイツ料理が一緒になるのよ。」
「先ず以てこの3国性格が全く違うじゃない。」
「戦争もしょっちゅうしてたし。」



20100826-053.png




激震走る。



20100826-054.png




同僚、圧勝。




しかもこのドイツ人Es tut mir leidじゃなくってEntschuldigungで詫びたよ。
そんな間柄に当人(私)を前にして当人(同僚)が例えちゃうって…。
強い。強すぎるぞ、同僚。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同僚曰く、ああ説明して納得しない人はいないらしい。
確かにもやもやっとした近隣関係を説明するには、とてもわかりやすい例えだ。

英仏独の場合、互いにけなしあうのがジョークの基本みたいなところもありますよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あ、誤解の無いように書いておきますが、この同僚、大変面倒見のいい人でいつも私の世話を焼いてくれます。
彼女がいなければドイツでの生活基盤を作れなかったという位、色々と助けてくれた人です。
Zeckenの時も彼女が教えてくれたのでした。)
だからこんな話になったって、彼女と私の信頼関係とは別物なのです。



<3つのブログランキングに参加中>

br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
関連記事













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。