2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ここ最近の話題①

8月から9月半ば、人と会う度に移民問題の話。
9月後半から現在、人と会う度に移民問題とVWの話。
次は明るい話だと良いモンだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

移民問題は今回のシリアからの「難民」だけで無く、ここ数年で急に増えたアフリカからの難民、移民問題、既に多く居るイスラム文化圏からの移民による「社会のイスラム化」問題(と反対運動をしている人達は訴えている)、難民のふりしてやって来ている経済移民(と言うべきか、不法入国と言い切ってしまうべきか)、ドイツに住む移民間の対立(例えばトルコ人とクルド人)問題等々、背景の異なる「移民」「難民」がいるので大変複雑。

この夏はこのごちゃごちゃした状況に捌ききれない人数が来て、現在に至るまで天手古舞いになっているのは日本の皆さんもご存知の通り。
ハノーファーでは街の広場や公園に急ごしらえのテントが設置されたり、学校の体育館、さらにはハノーファーが世界に誇るメッセ会場にも簡易ベットが並べられたり…となっておりました。
ドイツとしては、一先ず受け入れるだけ受け入れて、議論や審査は後からと言う後手に回った対応。
急に数が増えたタイミングが公務員の夏休みと重なり、よりいっそう捌けなかったという噂もある。

私の周りにいる移民に対して批判的な人の意見の背景としてあるのはシリア人難民に紛れて入国してきた経済目的の人々への怒りや、既に住んでいる移民が「少数」では無くなっていることに対する恐れである様に見えます。
目下の問題であるシリアからずれているのに、いつの間には全ては「移民は…」と一括りになってしまっている。
彼らの気持ちはよく分かる。しかしナショナリズムが絡むと常以上に感情的になるということを踏まえ、殊更冷静になって「これはこれ、あれはあれ、それはそれ」と整理整頓して考えるべきだと思う。
もちろん「一部の不当な人の為に、本当に家を無くした人を放置できない。」という考えの人や、「少子化で税金や保険の払い手が居ないんだから、彼らがちゃんと職を見つけて子どもを育てるなら歓迎さ!」という人もいます。
(こうも様々な意見がある中、移民を乗せた電車がミュンヘン中央駅で歓迎を受けている様子が大々的に報道された背景には、批判や不安に対する抑制もあるのではなかろうか。)
またここ最近の移民問題を通して、旧東西で「外国人」に対する心情的キャパシティーの差や歴史認識の差があることが浮き彫りになりました。終わらないですね。2−3世代経たないと「統一」はされないでしょうね。

目下私が興味あるのは、今後移民社会のヒエラルキーがどう変わるのか、ドイツに定住するシリア人難民はどういった職業層の人が多いのかという点です。
過去、戦争や紛争の難民としてドイツに入ってきた人達は母国での学歴や所得の高い人が多く(といっても他の移民と比較してというレベルでですよ)、さらに定住後もその職業を続けられている人が結構いるのです。
うちの先生は(←「この位の人口流動は歴史的に言って過去にだってあったレベルさ」派。)「シリア人難民もそのパターンだな」と言っておりますが、どうなるか。
また「優秀な人材」が入ってくると、既存勢力との揉め事が起こる可能性もあるので、そこのところもどうなるか。

そういえばある友人は「婦人科は絶対イスラエル人のところ!」と決めていました。そうなんですよね。特に婦人科は中東出身のお医者さんが多く、評判が良いんですよ。
外国語を分かる=外国の情報を収集できる、土地に根ざした職業じゃ無い人が多い=場所にこだわらない、貯蓄がある=命からがら逃げるにしても遠くに行ける交通費を持っているというのがそういった専門知識を持った難民が国を出やすい理由だと言われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC016881.jpg 

また日本語Tシャツを見つけました。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
スポンサーサイト
[ 2015/10/01 00:46 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(1)

2014.10.03. ドイツ統一記念日 in Hannover

一年近く前に書いてアップするのをすっかり忘れていた記事発見。全て2014年10月時の話しです。



数少ない全ドイツ的な祝日である「統一記念日」。
東西統一を祝して作られたこの日ですが、持ち回りで毎年何れかの都市で大きなお祭りが開催されております。
25周年という節目に当たる今年の祭り会場はハノーファー。
折角なので友人と「どんなものか」と観て参りました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場は新市庁舎からMaschsee(人口の湖)にかけてのエリアで、周辺道路は封鎖され、多くの出店やら展示やらが並んでおりました。

_DSC9577.jpg 

大手企業のブースはあまり東西統一とは関係ない内容で、平たく言えばスポンサーのコマーシャルでしたが、市民団体は旧東の問題や壁崩壊に関わった団体が多く、小さくとも見応えある展示が多くありました。

_DSC9596.jpg 

_DSC9598.jpg 

_DSC9602.jpg 
ここの展示(↑)のおじさんは旧東出身の方で、色々と当時の思い出話も語ってくれました。

「車はプラスチックだし、ズボンでさえいつ新しいのが手に入るか分からなかったけど、それでも西の人が思っている以上に普通に暮らしていたんだよ。だって、何も無いのが普通だったから。それでもパーティーだってできるし笑うことだってできたんだよ。まあ自由に何でも話せる今の方がやっぱり良いけどね。」


_DSC9603.jpg 

連邦政府のブースはプレハブの特設展示場となっており、まるで見本市会場の様。
ただでくれるプレゼントを狙って群がる人も見本市の如く。
省ごとに区画を持って展示があるのですが、結構知らない省庁もあり勉強になりました。


_DSC9608.jpg 

Maschseeの湖沿いには各州政府の小屋が。

観光ガイド的な内容が多かったです。
殆どが展示と共に地元の特産品も出していたので、色々な地方のビールやらワインやら食事やらに舌鼓できました。
我々はブランデンブルク州の屋台で兎のハンバーグと骨付き肉(小骨が多い)で腹を満たし、フィナーレの光と花火のショーを待ちました。

フィナーレの模様はTV中継↓もされており、ネットでも観られるので興味がある方はこちらをどうぞ。
http://www.ndr.de/nachrichten/niedersachsen/tag_der_deutschen_einheit/Die-Einheit-in-emotionalen-Klaengen-und-Farben-,lichtshow102.html

ベストポジションは無論凄い人混み。
Maschseeは縦長の形をしているのですが、短い辺がいつもこういった催しのメイン会場となるので殆どの人があぶれる。
長い方の辺に行くとアングルの関係で殆どのものが観られず。藪の樹で以て視界も悪い。
「ま、今回は花火だからきっとどこに居たって何かしらは見られるんじゃ無い?」
と思っていたが甘かった。

_DSC9624.jpg 
かすかな光と頭部が見えるのみ。

後から上のTVを観てショーの全体が漸く分かった。
現場で観たのは空に浮かんでいるライト(↓しかし角度のせいでそのライトが描いている絵は全く分からず)と花火だけ。

_DSC9632.jpg

ま、サッカーでも何でも家のTVで観る方が詳細が分かるというのは世の常だと再認識。

_DSC9637.jpg 

花火は岸近くの湖の中に打ち上げ台があったので、迫力満点。

 _DSC9641.jpg 

_DSC9646.jpg 

歴史についてのナレーションも殆ど聞こえず分からなかったのですが、締めのアナウンスだけはよく耳に入った。

「ありがとうニーダーザクセン!」
ハノーファーっ子:ピューピュー!


「そして2015年ヘッセンで会いましょう。フランクフルト・アム・マインへようこそ!(←次の開催地)」
ハノーファーっ子:
……ブーブー!ブーブーブーーー!

統一記念祭り。
されど自分の地元第一なドイツ人。
イッツ・ドイツ人。

_DSC9653.jpg 

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2015/09/23 17:00 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(0)

イギリスとハノーファーの同君連合300周年。

以前触れたこともある通り、今現在のイギリス王室の元を辿るとハノーファー王家に行き着く。
アン王女の後継として1714年に親戚に当たるハノーファー選帝侯ゲオルグがイギリス王位を相続したのがはじまりで、終わりはヴィクトリア女王の即位。
同君連合と言われる同じ王を冠する国でもその法は違うもので、イギリスでは女性の王位相続が可能でも、ハノーファーの採っていたサリカ法では男子相続しか認められていませんでした。
そのためヴィクトリア女王の父王が逝去した際、彼女がイギリス王位を、叔父のエルンスト・アウグストがハノーファー王位を継ぐことによって同君連合の解消となった訳です。

王朝名は変われど、現在のエリザベス女王までこのハノーファーから血統のは続いております。
だからイギリス王家に対して文句を言いたい方々は、「あのドイツ野郎め」何て悪口を言っちゃうわけです。
ハノーファーっ子からすると、第二次世界大戦で完膚なきまでに街を爆撃してきた国との連合時代であれど、イギリスの影響で他のドイツ諸国より自由があったのは誇りであり(だからこその「ゲッティンゲンの7教授」)、またあの腹立つプロイセンに支配される前の輝しき日々でありと何だかんだで愛されている時代です。

で、今年2014年はその同君連合300周年という事で、春先からあちこちで特別展が開かれておりました。
http://www.royals-aus-hannover.de


市内を走るトラムも特別仕様。
DSC016001.jpg 

DSC015991.jpg 
同君連合時代のユニオン・フラッグなのでアイルランド(赤のエックス)が入っておりません。


歴史博物館でも州立博物館でもヴィルヘルム・ブッシュ美術館でもツェレの城でも特別展。
歴博の展示は常設展示と大差ないかと思ったので、一番歴史的な流れの解りやすそうな州立博物館へと行ってきました。会期終了日前日に。
(実はツェレにも行ったのですが、休館日で…)

_DSC9585.jpg 

この特別展は写真撮影ができなかったのですが、ハノーファーの王冠がなんかいかにもハノーファー「らしく」、機会があれば皆さんにも是非見て頂きたい。私はまずハノーファーに未だあったことに驚きもした。


これが立派な王冠なのにほとんどの宝石が残っていないのです。

20141016.png 
引用:http://www.royals-aus-hannover.de/ausstellungen/

ゲオルグ1世(初代ハノーファー出身イギリス王。英語をあまり話せない。)のこの王冠、元々は豪華な見た目であれども本物の宝石では無く研磨されたガラスが埋められていたそうです。
それがその息子の代に本物の宝石が埋め直され真に豪華になれど、同君連合が解消された際にまたその宝石はひっぺがされ、ヴィクトリア女王の王冠に再利用されたのです。
嗚呼、切ない。
この「ガラス玉→宝石→引っぺがされる」という豪華さ栄枯盛衰が、なんか「ハノーファー選帝侯国→強大なイギリス相続しちゃったよ!ひゃっほう。→あー、またただのハノーファーかぁ。…え、プロイセンのプロビンツ?」と重なるので、とっても切ない。

イギリス側からしたら「自分の財産好きにしたっていいでしょうが」何だろうけど。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2014/10/17 06:43 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(4)

桜を愛でずに桜祭り。

ご無沙汰でございます。
引っ越しまして早々トイレタンクの管から洪水が起きるは(もの凄い大変なコトでしたよ)、インターネットが繋がらないどころか電話線そのものが修理不可レベルで壊れているは等々色々ありましたよ。

コメントやメールの返信が滞っており大変申し訳ないです。
これから少しずつ返させて頂きますので、もうしばしお時間頂けますと幸いです。


<写真はクリックで拡大されます>

4/27(日)にハノーファーにある日本人会主催の桜祭りが開催され、私も日本ドラマ好きなドイツ人と参加してきました。

桜祭り。
花見。

だがしかし、桜全部散っていた。

_DSC2126.jpg

なので桜の下にレジャーシートを敷いたものの、桜を愛でずに友人とコスプレイヤーを愛でていました。

友人(独)「ビルデン、あの人の格好なに?」
私「分からない。最近のアニメなんじゃない?」
友人「あれは?」
私「うーん。分からない。…あ、あれは分かるよ!ドラゴンボールのブルマだ!」
友人「それは私だって分かるよ。セーラームーンもいるね。」
私「これだけコスプレの人がいるのに知っているの少ないな…。」
友人「うちらもう年寄りなんだよ。」
私「そうだね。年寄りなんだね。」

ひとしきり自分らの老いを嘆いた後、風が強く雨も降った寒い日だったので、皆さんよくあんな寒そうな格好ができるねと語り合いました。

そんなこんなで、買ったあんパンと持参したものでお昼です。

_DSC2123.jpg

20140428-1.png

しかし食事中、樹から何やらぼとぼと落ちてきて落ち着かない。
顔にも何か当たってくるし、これなんぞ?

20140428-2.png

緑の細長いのが…うねってる?
「こ・い・つ・は!?」

20140428-3.png
※毛虫じゃなくって、落ち着いて考えたら「青虫(たぶん)」でした。
黄緑色の細長い虫で、前の方と後ろの方にだけ足が何本も付いている虫。太くないので毛虫じゃ無いと思うのですが。友だちは、その動き方が指で何かを計る仕草に似ていると言うことで「定規虫」って言っていました。

もう青虫(たぶん)がぼったぼったと桜吹雪が如く降ってくる。
場所を移る時、何度も自分の服と鞄にひっついていないか確認しました。
こんな一時に大量の青虫(たぶん)見たの人生初めてよ!
もう「ぎゃー」ってなりました。
虫たちに害意の無いのは知っている。しかし私、虫が駄目なのです。苦手なのです。近寄って欲しくないのです!

そんなこんなの桜祭りでした。

<5/5追記>
「青虫(たぶん)」じゃなくて「尺取り虫(ほぼ確実)」でした。springsfeldさんのコメントにより判明。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少し前に日本から仕事で来た友人が寄ってくれたので、今年最初のシュパーゲルを共に食べました。

_DSC2111.jpg

冬が暖かかったせいか、今年は出回るのが例年より早かったですね。
嗚呼、美味かった。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2014/04/29 20:03 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(3)

大型ハリケーン襲来とクリスマス市2013

 本日12月5日、ドイツ史的にみて最大級のハリケーン”Xaver”(巨大低気圧)が北ドイツにやって来ております。
研究所の入っている建物の守衛さんは「70才の僕が経験したことの無い規模なんだよ!!」とやや興奮気味に話していました。
嵐が来ている間はお爺ちゃん、大人しく建物の中にいるんだよ!興味本位で外に出るんじゃないよ!とそっと心の中で思ってしまった次第でございます。

http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/wetter-vorhersage-orkan-xaver-bringt-sturm-in-deutschland-a-937139.html

北ドイツの中でも特に沿岸地域は要注意だそうなのですが、予報だと最大風速150キロとか130キロが出ると言われているそうです。お爺ちゃんがキャッキャと教えてくれました。

もしも研究所の窓が壊れたら…ふっとんだら…。
もう二度と買えない本(だいたい200年くらい前の)もPCもあるので、あそこだけはどうにか耐え凌いで貰いたい。しかし私が利用してる建物の中で一番ぼろいのもあそこだ。
頑張れーぼろ校舎ー。

本日、ハノーファーではクリスマス市が閉鎖されました。
これも本当に珍しいことだと思います。



以下、嵐の前の静けさであった昨晩に撮影したクリスマス市の様子。

IMG_5738_convert_20131205233546.jpg 

IMG_5741_convert_20131205234159.jpg 
星形の照明はクリスマス市で売られている物の定番。

IMG_5740_convert_20131205234724.jpg 

IMG_5745_convert_20131205234514.jpg 

IMG_5742_convert_20131205234931.jpg 
寒さに負けず、エンジン(アルコール)を入れながら屋台の前で立ち話。

IMG_5747_convert_20131206000216.jpg 
ハノーファーのクリスマス市のシンボル。こういった塔は他の都市にもありますが、ハノーファーのは結構でかい。

IMG_5749_convert_20131206000007.jpg 
一階と二階部分は屋台になっています。

IMG_5751_convert_20131206000544.jpg 
くるみ割り人形がくるくる回っている。
南ドイツだと聖人や生まれたばかりのキリストといった飾りが多いですが、北は冬の風物詩的なものが多い。
クリスマス市を眺めていると、カトリックとプロテスタントの違いを勉強できますよね。

IMG_5755_convert_20131206001836.jpg 

IMG_5757_convert_20131206001017.jpg 

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2013/12/06 00:38 ] ハノーファー関連 | TB(0) | CM(4)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。