2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「Sein letztes Rennen」と老人ホーム

arteで放送されていた映画「Sein letztes Rennen(最後の走り)」をラスト15分だけ観る(気付くのが遅かった)。
このたった15分だけで、至る話を妄想し「パウルじいさん死なないでぇ」と泣いた自分って凄いな…と次の番組が始まってから思った。あ、ネタバレですがじいさん頑張りましたよ。

「陽だまりハウスでマラソンを」という邦題で日本にも紹介されておりますので、興味がある方はこちら↓をご覧下さい。

日本公式HP:http://hidamarihausu.com





老人福祉に興味がある方には是非観て頂きたい。
ドイツの老人ホームと日本の老人ホームの違いに驚かれることと思います。

日本だと一般的な老人ホームは入院病棟と変わらぬ雰囲気を纏う物が多く、また部屋も大部屋で、マンションのような物だと「芸能人がウン億円の高齢者専用マンションの権利購入」なんて新聞記事になる程に特別視されていますが、ドイツじゃそこの所が全く違う。
基本は一人か夫婦で暮らす「アパート」で、カフェテリアやプレイルームといった共用空間以外はプライベートがある。
街中に有り(東京の老人ホームは車でしか行けないような所ばかり)、入居者は一日パジャマを着ておらず、外出も出来る。

日本の環境はドイツ人からすると大変驚きのものです。
一時的な入院では無く「暮らす」のに、何故壁の無い部屋なの?他人と一緒!?自分の家なのにを好きにデコレーション出来ないの?等々聞かれたことがあります。
ご尤も。
「家」なのにね。

日本の老人ホームは重い要介護の人中心で元気な人もそちらに併せさせ、介護者の負担を軽くしようとしているように思えます。
増え続ける高齢者数を鑑みると介護をスムーズに負担無くすることはとても大事。
でも元気な方が認知症の方と同じ部屋に住んで、毎日パジャマ姿でロビーのTV観るしか時間をつぶせないっていうのはおかしくないかい。

と、日本に帰る度老人ホームを訪れている私は思うわけです。


私が観ていなかった映画前半部分で「70歳を越えても心身共に健康なパウルは子供だましのレクリエーションや規則にとらわれる施設側の態度に耐えられず、ウン十年ぶりに走り始めることに。(公式HPより)」という事があったそうですが、パウルじいさんよ、日本の老人ホームをご覧なさいよ。そこらへんは似たり寄ったりな上に部屋の問題やらなにやらあるのよ。

そういえば以前引っ越し先を探している時、これこそ私が求めている家賃と間取り!という物件に限って「60(65だったかも)才以上に限り入居可」となっていたな…。老人専用アパートだったわけで。あ、それは部屋代だけで介護代は含まれてない広告でしたが。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
スポンサーサイト
[ 2015/09/26 06:26 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(0)

ドイツ語空耳アワー<ビートルズ編>

だいぶ前に書いた記事を発掘。


ビートルズは「抱きしめたい」と「She loves you」の2曲をドイツ語で発表している(それぞれのドイツ語タイトルは「Komm, gib mir deine Hand 」と「Sie liebt dich」)のですが、彼らの歌う「dich」が「ディッヒ」じゃなくって「ディック」に聞こえ「Sie liebt dick(dick=太っているという形容詞)?なんだこの歌??おデブ専??」とびびりました。
全体的に聞き取りやすいドイツ語(と私は思うがドイツ人に言わせると「発音が酷い!」らしい)なのですがこのさびの部分だけ浮いて聞こえる。
「dich」(と他いくつかのch)だけスイス人状態で。

曲へのリンク
http://www.wdump.com/video/123-video/muziek-&-entertainment/the-beatles,-sie-liebt-dich,-%28she-loves-you%29-%28cover-only%29/1218035

何で「ディック」って歌っているんだろうなぁ。
ビートルズって北ドイツのハンブルクで修行したのに。
北ドイツの人なら、っていうか標準ドイツ語なら「ディッヒ」ですよね。

ドイツ人がスイス人の発音をちゃかす時によく引き合いに出されるのが「イック(=ich、ドイツじゃ「イッヒ」)とこの「ディック」なので、益々「何でこんな発音で歌ったのだろう?」と思っちゃうのです。


このドイツ語バージョンが入っているCDはこちら↓。気になる方はご試聴あれ。




<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2012/04/24 02:17 ] 音楽に舞台に映画 | TB(1) | CM(0)

「彼女の父さんはナチ。」

土曜日にラジオをBGM代わりに流していたのですが、いきなり「彼女の父さんはナチ。でもボクを好きなんだ~」って歌が耳に飛び込んできて吃驚した。


Ihr Vater ist ein Nazi


日本のアマゾンで売っていて更に驚いた。

聞いていたラジオ(歌っている方のインタビュー):http://www.dradio.de/dlf/sendungen/corso/1692959/

歌詞をネットで探したのですが見つからなかった。
明日友人に会ったら書き下して貰おう。


<3/5ドイツ時間21時頃 本文改稿>
聞きなおしたところ、大間違いを発見。
アイタタター。お恥ずかしい。何でこんな間違えするのやら。前の記事を読んだ方、ごめんなさい。でも面白さが分かってすっきりした。
友達に答え合わせしてもらおう。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2012/03/05 20:31 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(0)

坂本龍一さんのヨーロッパツアー

坂本龍一トリオツアーがUstreamで毎度生中継されるらしい。
ハンブルク公演に行きたかったけど、気付くのが遅すぎたので諦めた身には何とも嬉しいニュースです。

本日11/4はカールスルーエ公演がドイツ時間20時からあるので、家でまったりと拝見させていただこう!
心配なのは、寮のネット回線が保つかということだけだ…。ISDN並だからなぁ。









Broadcasting live with Ustream

コンサートスケジュールはこちら(公式サイト)。
ここでお知らせされている現地時間に併せてUstreamにアクセスすれば観られるようなので、興味のある方は是非どうぞ。

アーカイブも公開されていました。(↓11/1のロンドン公演)








Video streaming by Ustream
冒頭に「fukushima」という曲を持ってこられたことに感ずるものがありました。


 --------------------

今回のツアーのメインテーマとなっているアルバム「1996」は、発表された当時かなりのへヴィローテーションで聞いていました。
もうあれから15年も経ったのか。時の流れとは本当に早いものですね。しみじみとしちゃうわ。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2011/11/04 09:43 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(0)

「告白」/「ノルウェイの森」

今日は腰痛が酷いのです。
正しい姿勢を取ることが出来れば少し楽になるのですが、それを持続できる筋力と気力が無いのです。

痛みがひいたら腹筋と背筋をつける簡単な(←重要)運動を探したいです。

しかし今日は前々から人と映画に行く約束をしているので、腰が痛くともお出かけだ。
見るのはこちら、

DSC00771_2.jpg

松たか子さん出演の『告白』です。
近所の映画館で上映されているのです。
日本語&ドイツ語字幕。この前上映されていた村上春樹さん原作の『ノルウェイの森』はドイツ語吹き替えしかなかったので、オリジナル版上映は嬉しいですね。


映画館の前にあらすじと映画評が書かれていたのですが、日本だったら「これはもうネタバレなのでは!?」と思われるショッキングな内容が書いてあり、今からビクビクしています。
復讐手段や血が凄い「うわっ」ってシーンの写真(これまた映画館に貼られていた)を目にするだけで、チキンハートな私はこの映画を最後まで観きれるのか腰が引けてしまうのです。
でも人と行くこの機会を逃したら二度と観られないと思うので、頑張って行ってきます。

(映画を観るのに「頑張る」って変な表現ですが。)
 
引け腰8割。
観たい思い2割。

ドイツの小難しい系新聞や雑誌で大きく取り上げられていたので、「ここまで注目を浴びている映画は観ておきたいな」とも思うのよ。

FAZ: 「Mütter unter Kirschblüten
SZ: 「Ein Fest des Menschenhasses
Welt: 「Die grausame Rache einer Lehrerin an ihren Schülern
Speigel: 「Racheschocker "Geständnisse"

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうそう。
同じ映画館で『ノルウェイの森』を観たのですが、こちらドイツ語では『naokos lächeln(ナオコの微笑)』といタイトルに変わっていました。
北欧の森を知る人の多いドイツでオリジナルのタイトルを掲げても「?」だったのでしょうかね。
登場人物の視点なのか、見つめる相手のアップばかりの映画でナオコの笑い方というのも印象に残る物でしたので、私はこのタイトルは結構的を得た物で良いと思う。

大変シリアスな生を考える映画でしたのに、なんだか途中からもう笑えちゃって、笑えちゃって…。
特にこれと言ったインパクトの無い主人公のワタナベ君が、曖昧な物腰にもかかわらず主要登場女性をほぼ全てゲットしていて「何なんだいったいこれは」と思え、もう何とも言えぬ笑いのツボに入り、途中から集中して観られなくなっちゃった。
そこに追い打ちをかけるように、斜め前に座っていたドイツ人が

(最後の方の、音楽の先生がワタナベ君を床にお誘いしたシーンで)
「断れ。今度こそお前断れ。ブツブツブツ…」

と呟いていて!

で、ワタナベ君が受け身的にお誘いに乗ると、

「はぁー。(ため息)チッ。(舌打ち)」

もう爆笑を押さえるのに必死でした。
酸欠になるかと思った。


そして上映後一緒に観ていた日本人(女性)が、

「ワコールが提供していましたけど、あの今時はないシミーズですかね?気になってしょうがなかったんですけど!」

と言うのがまたツボに入り、映画館の席でのたうち回っていました。
68年頃の話だからね。
ワコールさんだって古い下着を提供するさ。

私はレトロなシミーズより、ワタナベ君の白いブリーフ姿が画面に映る度に吹き出した。

YMOの二人も良い味出していましたね。
レコード店であの二人のすっとぼけた顔が映る度、また「プッフー」と吹き出していました。

ここ最近で一番笑った映画だった。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

村上春樹作品はドイツの本屋でも棚が作られて売られていますが、凄いのは東欧での人気です。
知り合いのロシア人、ポーランド人、ウクライナ人にはかなり熱心なファンがいます。



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2011/10/25 20:46 ] 音楽に舞台に映画 | TB(0) | CM(4)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。