2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

歯無しでは無くなりました。

20111017-01.png  

でもまだ終わったわけではないのです。
プローベ期間を設けた後、本設置なのです。

助手さん「12月の初旬にまた来てね。そこで不具合が無ければセメントで接着するから。」

セメントか。
益々工作みたいだな。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
スポンサーサイト
[ 2011/10/19 05:31 ] ドイツで歯医者 | TB(0) | CM(0)

続々 歯医者さんからの贈り物。

20111015.png   

ボルトの舌触りにも慣れました。
普通にボルトを歯代わりにして咀嚼しちゃったりもしております。

 --------------------

先の月曜日に再手術部分の経過観察のため、歯医者さんに行って参りました。

診察椅子に座り、先生を待つ私。
そこに助手さんが…

「そうそう、ビルデンさん。忘れないうちに渡しておくわ。はい。プレゼント!」←とっても良い笑顔。

で、またこれ↓をくれた。
IMG_7456.jpg

うほ。ドリル再びだ。

 --------------------
「ドリル再びってどういうコト?」という方はこちらの記事をお読み下さい。
事の発端:2011/6/14「顎骨に穴が開いた。」
ドリル一発目:2001/6/21「歯医者さんからの贈り物。」
他、歯医者さん関連の話をカテゴリー「ドイツで歯医者」にまとめました。
 --------------------

私「前のよりごつくなっていませんか?」
助手さん「この色のついたプラスチックは使用時取るから、ドリルは前のと同じよ。今回は洗った後にもう一回プラスチックを付けてみたの!良いでしょ!あと、赤いのはビルデンさんの手術には使っていないけど、3本セットのドリルだからこれもあげるわ!」
私「有り難うございます。」

一度目のドリルとは違った手間を加えていただいたようでございます。
お陰様で「己の顎骨に穴を開けたドリルコレクション」が増えました。

ドイツの歯医者さんは患者の負担で購入したものは全て使用後にくれるのだろうか。
私の行っている歯医者さんだけの話なのだろうか。

IMG_7455.jpg
ご立派だったのでアップも撮ってみた。

ちなみに手術後歯医者さんに「手術はどうだったかい?」と問われた私の感想は「家具になった気分です。」でした。
だってドリルで穴掘られるは、そこにボルト埋められるは、ミスった穴を埋める時は力業でもって骨を「バキバキバキ」っと崩されるはで、工作されているベニヤ版になった気持ちだよ。

 --------------------

月曜の診察で、再手術時に埋めたボトルを外して穴が根付いたかをチェックしたところ、今回は上手く行った様です。
インプラントの土台となるボルトの調節が難しかったようで、何度も顎骨にボルトを入れたり外したりされたのですが、先生の手が毛深いことが何より辛かったというか気になったというか。
歯医者さんには極力手袋をはめてから、患者の口に手を突っ込んでいただきたいものです。

ホントに何度もボルトを入れられると、「ベニヤ版もこんな感じでネジを入れられているのね」と思いますよ。
己の顎骨に作られたねじ切りに、ボルトが回転して入ってくるあの感覚がねー。
歯医者さんが使う器具もペンチと特殊ドライバーみたいなのが中心だしな。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2011/10/16 07:39 ] ドイツで歯医者 | TB(0) | CM(0)

元気です!

長らくご無沙汰をしておりました。

頂いたコメントにお返事もせずに申し訳ありません。
色々とご心配いただきましてありがとうございます!
後ほど該当記事にて返させていただきますね。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、その後の顎の経過ですが、手術そのものの痛みは3日後にはひいたというのに、何かを飲み込む度に舌と耳の裏に痛みを覚え(シンクロした痛み)、「まさか、神経じゃないよね?」と懸念し金曜日に再び歯医者へ参りました。
予め電話にて内容を伝えていたのですが、お医者さん&助手さんたちも「まさか神経!?」と思った様で、緊張した面持ちで迎えられましたよ。
そうよね、月曜の手術時は術中に助手さんが鼻歌歌っちゃうくらい「簡単な手術サー」って雰囲気だったのに、神経痛めている可能性が…なんて寝耳に水よね。
助手さん本当に鼻歌歌ってたから!お医者さんもドリルで顎に穴空けた後、入れるネジの構造(二重構造になっている)を私に丁寧に説明してくれるほどの余裕の持ちようでした。

で診ていただいたところ、手術後歯と舌のポジションがずれた所為で奥歯が舌を圧迫し続けており、そこから舌が炎症し程度が酷かったので耳の裏にまでその痛みが届いたという見立てでした。
お医者さんが奥歯の角を削ってくれたところ、とたんに耳の痛みが軽減されて驚きました。
原因が分かり皆一安心いたしましたよ。

抗生物質も処方してくれたので、月曜には炎症も治まり、今は「肉食うぜ!肉!」というモードです。
もりもり何でも食べるよ。
未だ右側の歯無いけど、何でも食いちぎるよ。
がぶりといくよ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC00769.jpg
街歩き中に見つけた服屋の看板。
直ぐに元ネタが分かった自分は凄いと自画自賛したが、分かったところで誰に褒めて貰える?ただのマニアじゃん!と数瞬後に落ち込んだ。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2011/09/07 22:10 ] ドイツで歯医者 | TB(0) | CM(2)

アレの前の指さし確認。

・柔らかい食料の確保:OK。
・でも、乳製品は買い込まず:OK。
・水の買いだめ:OK。
・イブプロフェイン400:OK。
・冷えピタシート:OK。

・そして何よりも、プチ断食に耐えられる位の食いだめ:OK!

午後一番にアレして家帰って寝たら、明日までは何も食べられないだろうからなぁ。

え?
アレって何かって?

顎骨にドリル再びのコトさ!

ago_convert_20110614233353.png
(↑2011/6/14の記事より)

今回は一カ所だけだから、前よりは早く色々な物が食べられるようになると期待。

再手術なんて嫌だけど、仕方がない。
また顎骨にメス入れて、ドリルで掘られてきます。

再手術の経緯や最初の手術についてはこちらこちら、そしてこっちこっちの記事も参照。

 --------------------

書いてなかったのですが、今回再手術する部分、一度空けた穴がうまく根付いていないと分かった時に骨が早く埋まるようにと小さいハンマーみたいなので周囲の顎骨をガツンガツン砕かれたんですよね。
いや、理屈は分かる。
ただの穴を放置しておくより、砕いた骨で穴を塞いだ方が埋まるのが早いだろうと。

しかし「埋めるね」の一言だけで、砕かれるとは思っていなかったので、頭蓋骨からダイレクトに響く「バリボリボリ」という音には吃驚した。
「あれ?これ骨砕いてるんじゃね?」と。
お医者さんも思いっきりハンマー振っていたしな。

麻酔のおかげで痛くはなかったのですが、「あー、これが世に聞く『骨の砕ける音』か」としみじみ思いました。

 --------------------

ドリルもハンマーも当分は良いので、今回こそ手術がうまく来ますように!
復活した頃、またお会いできますことを!

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2011/08/29 18:39 ] ドイツで歯医者 | TB(0) | CM(4)

続・歯医者さんからの贈り物。

IMG_6809.jpg

インプラントの基礎として顎骨に投入されていたボトル。
4カ所のうち3カ所はうまく根付いたのですが、一つだけ根付かなかったので摘出し、骨が埋まった頃再手術することになりました。それがコレ↑。本来、入れっぱなしでお目にすることがないはずだったのに…。

再び顎骨にドリルで穴を空けねばならなくなりました。
あー、なんてこった。またドリルもくれるのかな?
熱さまシートを追加で実家から送ってもらっていてよかったよ。

お医者さん曰く「よくあること!ほらご覧、他の三本は芸術的にうまく行っているよ!ぼくは自分の腕を誇りに思うね!!」なんですがね。


一つ目の贈り物についてはこちら。→「歯医者さんからの贈り物

 --------------------

医者「ほらコレが入っていたんだよ。」
私「へー」
医者「骨も付いていないし、綺麗に収まっていたんだけどね。残念だ。」
私「へー」
医者「そうだ!これも持って行きなさい!折角だ持って行きなさい!」←と言って、血が付いたそれを手に握らせてきた。
私「…有り難うございます。」←生々しい感じの血の付き加減だと思っている。
医者「コレを見れば、自分の中に何が入っているかも分かるしね。」

先生、日本に持って帰ったら「私の骨を焼いた時にコレが出てくるから驚くんじゃないぞ。」と周囲に言い含めておきますよ!

あ、持って帰る前にちゃんと助手さんが洗浄してくれました。
だから上の写真のには血なんてうつっていないはず。ご安心ください。

 --------------------

他3本についてはもう2週間後に歯が付けられるそうです。

医者「何としても僕の夏休み前に終わらせようね。」

医者の夏休みによって治療日程が組まれるここドイツ。
なんてったって、先生個人医なのに代理を立てずに2-3週間閉めちゃうから。
夏休みはまだしも、クリスマス休暇はどの医者も似たり寄ったりの日付で休みを取るので、根性で病院の世話にならないように生きています

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2011/07/02 21:40 ] ドイツで歯医者 | TB(0) | CM(2)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。