2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニシン色々とドイツ人コスプレイヤーさん達。

 前回の記事に書いた件、私の住んでいるエリアでは「ゴロゴロ」と音は聞こえど雷も雨も降りませんでした…。
焦り損!

教授が夏休みに行っていたデンマーク土産をくれた。
IMG_3914.jpg
ニシンの瓶詰め色々。
真ん中はカレー味だそうで、どんなだか食べるのが楽しみです。

「日本人には魚を与えておかないと!」と思っている教授は、去年は缶詰をくれていました。(教授一家はほぼ毎年デンマークで避暑をしているのです。)
それもニシン。
ドイツも魚と言えばニシン。
日本での生涯ニシン消費量を軽く超える量を、ドイツに来てから食べている気がします。


7月にハノーファーで日本の夏祭りがありました。
コスプレしている人が居たので遠目に眺めていたら、一緒に行ったドイツ人が「写真撮らせてくださいってお願いするのよ」って言うので、初声がけチャレンジ。知らない人に声かけて尚かつ写真だなんて怪しい人じゃ無いかな?…と躊躇ったのですが、何だか皆さん撮られ慣れているみたいで快く応じてくれました。
ポージングのために、綺麗に作られた服着ていきなり地べたに座り込んでくれたりして吃驚。「折角のおべべが汚れますよ!」と此方が焦りました。

IMG_3902.jpg 

IMG_3867.jpg 

IMG_3864.jpg 

途中アメリカ人のおじさんが「それコスプレでしょう?僕も写真撮っていい?」と寄ってきたのですが、アメリカ人が「コスプレ」と綺麗なカタカナ発音をしていて驚嘆しました。コスチュームプレイではなく「コスプレ」という言葉が確立しているのですね。

IMG_3854.jpg 
アニメグッズを売っている屋台もあり↑。ワンピースとナルトが二大人気みたいです。

今回はコスプレーヤーさんの写真中心にご紹介しましたが、お祭りでは他に居合いや合気道、弓道、和太鼓、盆栽、折り紙、書道、盆栽などの実演がありました。というかそっちがメイン。コスプレーヤーさんは遊びに来ているただの参加者なので。



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
スポンサーサイト

ドイツの本屋に並ぶ村上春樹。

DSC01389.jpg

この棚を見ながら「そう言えば、今日村上春樹の新作発売で大騒ぎって記事をネットで読んだな」と思い出す。
書店勤務の友人が「ゼーハーゼーハー」言いながら仕事をしている様が目に浮かびました。
頑張れ友よ。

以前にも触れましたが、ドイツでも彼の作品は人気が高いです。
しかしなかんずく独在住東欧圏出身の人々に「日本人!?なら村上春樹のどの作品が好き!?私はね・・・」と語られることが多い。
彼らの琴線に触れる何かがあるのでしょうね。

残念なのは私が村上作品を語れるほど知らないこと。
村上作品が人気が出始めた頃には思いませんでしたが、もう彼の著作は教養として読んでおいた方が良いのかしらと最近考えるようになりました。
少なくともこれだけ外国人に「日本人=共に村上春樹語りが出来るに違いない!」と期待されると、知っておきたいと思うのです。

十代半ばに読んだ時は彼の描く男性とどうにもソリが合わなかったのですが、今なら此方も歳を得ましたので違った感想を得られるはずと期待しております。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)

ドイツ人の髪。日本人の髪。〜美容院へ再び〜

20130111-1.png 

ってな訳で、美容院へ行って参りました。
昨年の冬に手痛い目にあって以来のドイツ人美容院でございます。

ここ一年、丁度「髪を切りたいな」というタイミングでベルリンやハンブルクといった日本人美容院のある街に行く機会があったり、日本へ一時帰国したりだったので久々の髪切りinハノーファーなのでございます。

その「手ひどい目」にあった時の記事はこちら。→「続・切った髪カムバック。」
今回はそのコメント欄にて「4か月ハノーファー住民」さんがお勧めして下さったところに行ってみました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<電話にて>
私「あの−、はじめてなんですけど人にそちらを教えて頂いて。○○さんで明日予約取れますか?」
美容師さん「私です。どんな風にしたいのですか?」
私「短くするだけです。」
美容師さん「ハイ、分かりました。で、あなたの髪は暗くて硬いですか?
私「え?」
美容師さん「暗くて硬い?
私「あー。ハイ。自分日本人なのですが、真っ黒で硬めな典型的なアジア人髪だと思います。」
美容師さん「素晴らしい!!素晴らしいわ!!明日を楽しみにしてますから!!
私「はいぃ〜??」

20130111-2.png 

お目にかかってもいないのに!
ぼさぼさなのに!
平安美人のような髪では無いのに!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、当日。

20130111-3.png 

朝からずっとですってぇ!?

私「でも、私こちらに来るのはじめてですよ。見てないのに期待しちゃ…。」
美容師さん「暗い色で太い髪って言っていたじゃないですか。楽しみにするのに充分の情報よ!」

そんなにこのアジアン髪ってドイツの美容師さん心をくすぐる物なの?

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご紹介頂いた美容師さんはこちらのオーナーさんでもあるそうで、幾人かのお弟子さんがいらっしゃいました。

「折角だからゆっくりとあなたの髪を味わいながら切って良い?皆にも教えつつ切って良い?」と仰るので「どーぞどーぞ」とやって頂きました。
こちらとしても雑にされずに有り難い限り。
そして私の要望に応えてシャギーを沢山入れて下さいました。
4か月ハノーファー住民さんが教えて下さったとおりです!
ダイアナ妃的段カットじゃなくって、シャギーっすよ!異国の地でそんな風に切って貰えることがどれ程貴重なことか…。

実は前回酷い目にあった時と全く同じ見本写真(ネットで紹介されている髪型の写真)を持っていたのですが、おそらく10人中10人の方が「参考にしたって分かるよ」と言う髪にして下さいました。
いきなりバリカンを投入した上、一部前髪を根元まで切った前回の美容師さんに是非お目せしたい!
今回は前髪長いよ!しかもアンシメントリーじゃ無いよ!!当たり前のことがどれだけ有り難いことかっ!

で、そんなお師匠さんの「黒髪はこう切らないと動きがでるのよ」、「太い髪はこうするのがコツよ」的なアドヴァイスを聞き、手の動きを見ていたお弟子さんが一言。

「どの位太いのか測ってもいいですか?」
私「どーぞ、どーぞ。」







20130111-4.png 
(先生、得意げ)

私「それって太いの?」
美容師さん「ヨーロッパ人はだいたい0.05mmから太くて0.07mmとかね。」
私「3倍!?私の髪、西洋人の約3倍!?」
美容師さん「この力強さ…羨ましいわ。」

いや、私猫っ毛に憧れを持っているのでむしろショック。

帰宅後、ネットで調べたら0.15mmって日本人でも太い方らしい。
参考:http://www.reve21.co.jp/tips/column/31.html


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし例え望まぬ剛毛だとしても、ここまで褒められると嬉しい。
そして上手いのに良心的なお値段(今回はカット&ブロー、シャンプー無しで25ユーロ弱でした。)
あとね、しつこく繰り返しますが、遠目から見て数えられる段カットじゃ無くてシャギーなの。
全体的にちゃんと軽くなったの。

やっぱりドイツの美容師さんだなと言う点は、襟足の処理にバリカンを使われたこと。これは産毛を剃られた程度ですので、気にはならないのですが、触るとザリザリしているのが新鮮(笑)。
それと毛先が、日本の美容師さんと比べるとやっぱりやや直線的(ちょっぴりザンバラ感がある部分がある)。今までのドイツ人美容師さんの中ではトップレベルで細かく切って下さいましたので、日本の美容師さんの仕事がこちらからしたら細かすぎるのかもしれない。



総じると大変満足の行くところでした。
モッズヘアは上手いけどお値段が学生にはお高いのだもの。
ここなら気軽に、そして何が起こるかに怯えず(←重要)安心して行けます。

中心部から遠いのがちょっと難ですが、次もこちらに伺おうと思います。

素敵な美容室を紹介して下さった4か月ハノーファー住民さん、本当に有り難うございました!
この美容師さん、4か月ハノーファー住民さんの髪を結った時のことを覚えてらっしゃいましたよ。結うのも、アジア人の髪は難しいと仰っていました。


<追記>日本時間1/13、1時半頃。

私、本を読む時に首に手を当てる癖があるのですが、本日一日それを繰り返し思った。
「あれ?思いの外刈り上げられているかも。」
ドイツに住んでいる間はもうこれはお約束と思い、この芝生感を楽しむしか無いですね。
触るうちに、ジャリジャリ感が楽しくなってきましたよ。
首から手が離せなくなってきた。


<3つのブログランキングに参加中>

眼鏡にとって超急勾配な滑り台。

megane.png ちなみに、眼鏡屋さんが「これうちのお店で一番良いレンズ!」と勧めてきたのはHOYAでした。
凄いぞHOYA。

メイド・イン・ドイツのフレームは高品質なものが展示されていましたが、とってもお高い。
手が出せない。
あとデザインが無骨(下参照)。
お手頃価格のは他ヨーロッパで作られたものか、製造国表記が明示されていないものでした。

(よく日本から遊びに来る友人が、「○○ってドイツメーカの何々が欲しい」というのでそのお店に連れて行くのですが、大概ががっかりしています。何故かとい うと、同じメーカー、ブランドの品でもドイツ国内で流通しているデザインと日本に輸出されているデザインが違うことが多いからです。ドイツではごつごつしたのや定番の型が主流で、我々の思う「洒落た」ものとはちと違うのです。)
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一昔前だと、カメラや眼鏡はドイツ!というイメージがありましたが、それも今は昔な気がします。
超高級品は未だ凄いのですがね。
しかし平均的レベルが高いわけではないと感じるのです。

メイド・イン・日本のレンズとメイド・イン日本の眼鏡フレームがやっぱり一番しっくりとくる私です。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC01287.jpg

クリスマス市の準備もいよいよ整ってきました。
今年は11/26(月)から開催だそうです。
http://www.weihnachtsmarkt-deutschland.de/weihnachtsmarkt-hannover.html



<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑

ハイジさん。

 デパートのぬいぐるみ売り場にて。

DSC01232.jpg

この面子に紛れて売られているハイジさん。
凄いわ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

陽射しがすっかり秋のそれになってきました。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。