2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本日の昼ご飯

DSC01450.jpg

近所のスーパーで安売りしていた日清のインスタント焼きそば。
日本のソース味が恋しくなった時はこれに限る。

ヨーロッパ仕様なので青のりはついていない。
そこは残念。

<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
スポンサーサイト
[ 2013/06/11 19:28 ] ドイツで食べる | TB(0) | CM(4)

芋けんぴ!芋けんぴ!

事の発端:2012.02.12の記事「薩摩芋が恋しくて。」


大変有り難いことに昨年に続き今年までgolferさんに芋かりんとう(芋けんぴ)を頂きました!
IMG_2668.jpg
ジャーン!!
1キロ!!

開封して1週間とちょっとの現在、もう殆ど残っていません。
一度に食べ過ぎない努力はしたんだけどな。
止められないし止まらないなんだな。
美味いのがいけないんだな。

20130203-1.png 

20130203-2.png 


小分けしたタッパーを研究所に持って行き、頂いていたらうちの教授がやって来たのでまたお裾分け。
昨年もお裾分けしていたので、覚えていらっしゃいました。

<2012年 うちの教授がはじめて芋けんぴを食した時の会話>
先生「お前また変わったの食べているな。」
私「これ芋ですよ。」
先生「芋?芋を今食べているのか??」
私「日本にはおやつになる芋もあるんです!」

前出の記事にも書きましたが、ドイツには数多のじゃが芋があれど、それはみんな「ごはん」や「おかず」として食べるものであってお八つにはならないんですね。薩摩芋に似た(しかし確実に違う)Suesskartoffelもカボチャの様にスープにして食べるのが一般的。
芋を「菓子」としてとらえる発想があまりない。

先生「(バリバリバリ)うん。美味いな。本当にこれ芋か。」
私「芋っすよ。ドイツ人はじゃが芋以外の芋にも目を向けるべきなんすよ!あと、じゃが芋だって種類はあるのに料理のパターンがそんなに豊かとは思えんのですよ。(←最終的にはドイツ料理への不満話になる人)」
先生「じゃが芋料理も有名なのは南で、北じゃそんなにだからな。」

ええ、茹でた芋か焼いた芋ぐらいしか日常じゃ目にしません。

先生も私と同様、「止められない止まらない」状態になり、タッパーがからになるまで二人でバリボリしとりました。

重ね重ね、どうも有難うございました!


<追記> 2013.02.08 日本時間21時頃

02/07 19:03に頂いた本記事拍手コメントへのお返事を、本コメント欄に書きました。
お心当たりの方、ご覧下さい。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
(携帯の方は、下の文字リンクをクリックしていただくと投票されます)
[ 2013/02/04 04:55 ] ドイツで食べる | TB(0) | CM(6)

寿司をチン。

 大分前に撮っていた写真が出てきた。

寿司はドイツでも有名な食べ物。
大きいスーパーマーケット、アジア系インビスやノルトゼー(魚系ファストフード店)でも小さいパックに入れられて売られています。
そう、小さい。
しかし高い。
そしてネタはカッパ巻き、にんじん巻き、サーモン、エビ、カニかま等が一般的。
日本だったら一等安いネタ。
しかし高い。
で、何処で食べても職人さんが握っているわけで無いので特別美味くは無い。
そして舎利は酢飯じゃない。
もはや「酸(す)し」じゃない。
しかし高い。

「だったらこれで十分だ」

と、私は寿司が食べたくなったら↓これを食べとります。
IMG_9481.jpg
冷凍寿司。

「JOSUSHI」って、このイラストから「城」寿司なのだろうか?それとも「上」寿司なのだろうか?

IMG_9483.jpg
開けるとこんな。割り箸、ワサビ、醤油、ガリが付いています。
勿論割り箸以外は全部凍ってる。

IMG_9489.jpg
アップ。

色んなメーカーのがありますが、どれも5ユーロ前後で買うことが出来ます。


<調理方法その一>
食べたい数時間前に室温に放置し、自然解凍。

この方法は失敗無く食べられるが出来上がるまでに数時間かかるので、急に食べたくなった時はどうにもならない。
で、私がよくやるのはもう一つの方法。

<調理方法その二>
IMG_9490.jpg
こうして、

IMG_9491.jpg
こう。

つまりは電子レンジでチンでございます。

解凍プログラムでは無く、箱の指示通りのワット数でチンでしなければなりません。
これが何気に難しい。

私の電子レンジは高級品では無いのでワット数がそんなに細かくない。
「だいたいここくらいかな?」でメモリを調整するのですが、大きすぎると生サーモンを食べる予定が、あぶりサーモン、酷い時には薄っぺらい焼き鮭を食べることになる。

あぶりは未だ良い。
しかし薄っぺらい焼き鮭はとっても悲しい。

カッパ巻きも解凍具合が難しい。芯が凍ったままだったり、暖かいキュウリになってしまったり。
口に入れるまでドッキドキでございます。

なのでレンジにかぶりついて推移を見守るのです。


チーン。

IMG_9499.jpg
サーモンがややあぶられ気味だが、8割方は生なので成功です!

IMG_9502.jpg
完成。
この電子レンジ方法は直ぐ食べられるのが利点だが、醤油、ワサビ、ガリはチンできないので予め出しておかないといけない。忘れると手で必死に揉む羽目になる。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冷凍状態のを家から持ってきて放っておき、お昼にお弁当代わりに食べている学生を見たことがあります。
その後真似してみたのですが、鞄に入れたままだったので解凍が遅く、お昼に間に合わなかった。なんとかおやつの時間には食べられました。
試したのが寒い時期だったのが、尚いけなかったのかも。
しかし解凍さえ上手くいけば良いお弁当代わりです。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あ、勿論一番美味しいのは日系日本料理屋さんで食べるお寿司ですよ!
でも何処もお高いので、懐の妥協点がこれなのですよ。


<3つのブログランキングに参加中>
[ 2013/01/16 07:01 ] ドイツで食べる | TB(0) | CM(6)

脂っこい物。

この年末年始は自炊をする余裕があったので、ずっと和食を食べておりました。
しかしそれも一週間を超えると、ちょっと飽きる。
てなわけで久しぶりに脂っこいものが食べたくなりハンバーガー屋さんへ行って参りました。

DSC01339.jpg

大きいバーガーなので単品でお腹はふくれるのですが、割安感に惹かれついついセットでオーダー。
ポテトは持ち帰り出来る様に包んでもらいました。

DSC01340.jpg


写真じゃ伝わりにくいですが、小さなどんぶり並の量がある。
これを一気に平らげられる、お隣の席のおばあちゃん。凄いわ。胃がお強くて羨ましい。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓gremz正月バージョン
1357560339_03582.jpg



<3つのブログランキングに参加中>
[ 2013/01/07 21:24 ] ドイツで食べる | TB(0) | CM(0)

苺のおじさん(もう)再び。

前回、「今年最後の苺の屋台」云々書いたというのに、今週も屋台が出ていました。

あっれ−??

私「次来るの来年じゃなかったの?」
おじさん「それがまだ売れるのがあったんだよ。もうちょっといるよ。」
私「へー。」
そこにやって来た別のお客さん「あら?もう店じまいって言っていなかった?」
おじさん「いや、だからまだ売れるのがあって…。」

大々的に閉店宣言をしていたのか、通りかかる人皆から同じ質問されていました。

おじさん「でも、美味しいのがまだ食べられるんだから、良いことだろ!?」

そうね。美味しいのが食べられるのは良いことだ。
ちょいと高いけど、ここのは本当に甘くって旨いんだ。

てな訳で、また一パック購入。

おじさんに「どのパックがいい?」と訊かれたので「一等赤くて綺麗なの」と言ったら、本当に吟味して選んでくれた品↓です。

DSC01248.jpg


苺小屋のお隣に酪農家の方が手作りした乳製品を売っている屋台があったので、クヴァルク(チーズとヨーグルトの中間の様な食べ物。パンに塗ったり、そのまま食べたり出来る。)も購入。

DSC01249.jpg

つぶした苺とクヴァルク、それに一寸の蜂蜜を混ぜて食べるのです。
美味いんだ。


<3つのブログランキングに参加中>
br_decobanner_20100119025542.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ランキング 
  FC2 Blog Rankingへ
↑をワンクリックづつしていただけると励みになり、ひっそりと喜びます↑
[ 2012/09/23 00:25 ] ドイツで食べる | TB(0) | CM(2)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。